2020年3月14日(土)-3月27日(金) 2週間限定レイトショーとして、池袋シネマ・ロサで、野本梢監督初の長編監督作品である『透明花火』の上映が決定した。野本監督は、LGBT や発達障害などを主な題材とした作品を撮影している今注目の女性監督のひとり。
主な代表作品に、『私は渦の底から』(主演:橋本紗也加)、『次は何に生まれましょうか』(主演: 根矢涼香)がある。

また、『透明花火』公開の前(2020年2月29日(土)-3.13(金))には「野本梢監督特集」として、大学生の葛藤を描いた新作『アルム(仮)』(主演:笠松七海)を含む15作品を上映する。

野本梢監督コメント
私は周囲の人に恵まれ幸せに生きてきました。でもその中で小さな救われない思いに出会っては、ぐっと自分の中に押し込んでは周囲を羨んでばかりでした。そんな連鎖を生まぬよう、埋もれがちな感情を描いていきたいです。

映画『透明花火』

みんな、心に穴が空いているんだよ

<Introduction>
『私は渦の底から』で第 10 回 田辺・弁慶映画祭、eiga.com 賞を受賞した野本梢監督の初長編作『透明花火』。主演に近年の活躍が目覚ましい髙橋雄祐(『あいが、そいで、こい』、『イソップの思うツボ』)を迎え、『死んだ目をした少年』の脚本、三浦賢太郎がプロデューサーと脚本を兼ね、ミドリカワ書房が音楽を担当。
人間関係に、どこか不器用な人々が、そっと傷つきながらも、それでも、懸命に人と向き合おうとする姿を描く群像劇。

<あらすじ>
ナンパ塾を経営しながら祖母と暮らす淳(髙橋雄祐)。24 歳で女性経験がないことに引け目を感じている圭太(清水尚弥)。キャリアウーマンとなった同級生と再会した、バイト生活に明け暮れる楓(安藤輪子)。親友の彼氏作りを手伝う女子高生、理恵(根矢涼香)。血のつながっていない息子との関係に悩む真希(みひろ)。心に空いた穴にもがき苦しむなか、彼らは大切な人と約束した花火大会の日をむかえる。

<キャスト・スタッフ>

キャスト
髙橋雄祐 清水尚弥 安藤輪子 根矢涼香 みひろ
百元夏繪 土山茜 櫻井保幸 東野瑞希 手島実優 古山憲正
道田里羽 仲原由里子 富岡英里子 河合亜由子 橘芽依 笠松七海 木全俊太 鈴木拓真
森累珠 水井章人 山崎まりあ

スタッフ
撮影:野口高遠/照明・スチール:大柳玲於/録音:横田彰文/衣装・ヘアメイク:平林純子 松村南奈/衣装・ヘアメイクアシスタント:西戸愛海 野口真由香/制作:斉藤良一 長尾雄一郎 石郷岡政人/助監督応援:川崎僚/音楽:ミドリカワ書房/編曲:中野悠平(世田谷ボーイズ)/小道具デザイン:淺川友希/合成:徳永修久/MA:北摂サウンドプロダクション/企画・脚本・プロデューサー:三浦賢太郎/監督・編集:野本梢

2018年 | 日本 | 97分 | カラー | DCP

●上映劇場
池袋シネマ・ロサ

●上映期間
2020年3.14(土)-3.27(金) 2週間限定レイトショー

●チケット情報
前売り券:1,300円(税込)
当日券:一般 1,800円(税込)

透明花火

透明花火

 

野本梢監督特集「私」

現実を生きる私たちの 脆さと強かさと

野本梢監督特集

●作品紹介(全15作品)


作品1
新作『アルム(仮)』2020年 | 日本 | 30 分予定 | カラー | DCP 共同製作:中央大学学員会
出演:笠松七海 他


作品2
『次は何に生まれましょうか』2019年 | 日本 | 25 分 | カラー | DCP 製作:(有)エイジア
出演:根矢涼香、天白奏音、笠松七海、森恵美、山下ケイジ、橋本美和、高木悠衣、村田啓治、稲村美桜子
〇シングルマザーの聡美は娘の望結(みゆ)が他の子たちと少し違うことに苦悩しつつも誰にも相談できずにいた。親に叱責され、担任の先生に泣きつかれ、聡美は苛立ちがつのり、ついに望結に当たってしまう。


作品3
『私は渦の底から』2015年 | 日本 | 27 分 | カラー | DCP 共同製作:ニューシネマワークショップ
出演:橋本紗也加、岡村いずみ、長尾卓磨、藤原麻希、はぐみ
〇自分がレズビアンであることに悲観的になり、親友への想いを断ち切ろうと決意した希子。しかしとある真実を突き付けられ…。


作品4
『わたしが発芽する日』2016 年 | 日本 | 28 分 | カラー | DCP
出演:藤原麻希、堀春菜、本間淳志、松木大輔、松本卓也
〇結婚を控えた紗耶と、その妹で空気を読むのがニガテな優子は 2 人暮らし。年を重ねるにつれ、その生活は変化を強いられていく。


作品5
『あたしがパンツを上げたなら』2012年 | 日本 | 9 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、長尾卓磨、樋口大悟、長澤恵瑠、小川和也、松田愛子
〇彼氏とケンカ別れした瞬間お腹がぎゅるぎゅると。精魂尽き果てながらトイレを求め彷徨う。


作品6
『デボチカ』2013年 | 日本 | 9 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、長尾卓磨
〇木内健さんの「デボーチカ」を元に作った、夢を追う彼と、彼を支えようとする彼女が壊れゆく話。


作品7
『青三十二才』2014年 | 日本 | 19 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、関根愛、山下ケイジ、吉田貴幸、古川照之
〇妊娠したから結婚する!と溺愛してきた妹が突然彼氏を連れてやってくる。


作品8
『愛しのマミー』2015 年 | 日本 | 16 分| カラー | DCP 製作:ニューシネマワークショップ
出演:桂田あゆみ、小林千里、掛川陽子、橋本美和、飯塚智紀、桑名悠
〇結婚式の控室。あれこれとレールを敷く母親としたたかな娘のバトル。


作品9
『スプリング・イン・ソイソース』2017 年 | 日本 | 13 分| カラー | DCP 製作:ニューシネマワークショップ
出演:仲原由里子、鈴木拓真、橘芽依、髙橋雄祐、松木大輔、柏木風太朗、マルコス笠島
〇失恋のショックから抜け出せない主人公のバイト先に元カレが彼女を連れてやってくる。恋愛とお金事情のお話。


作品10
『朝をこえて星をこえて』2017年 | 日本 | 22 分| カラー | DCP 製作:はすだ FUTURE プロジェクト
出演:山下ケイジ、芋生悠
〇一枚の栞が繋ぐ、亡き妻との物語。


作品11
『はじめてのうみ』2017 年 | 日本 | 16 分| カラー | DCP
出演:笠松七海、髙橋雄祐、森累珠、吉田匡志、橘芽依、工藤ちゃん、高木悠衣、増本竜馬、小川和也
〇「あいつは自分が上位だと思い込んでいる」無意識なランク付けに翻弄される生徒たち。


作品12
『あたしがパンツを上げたなら 2』2017 年 | 日本 | 13 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、小林千里、木場明義、吉田貴幸、桑名悠
〇「あたしがパンツを上げたなら」の3 年後。母親とケンカして家を出た千里はまたもや腹痛に襲われる。


作品13
『あの頃と甘いシュシュ』2018 年 | 日本 | 16 分| カラー | DCP 稲村久美子プロデュース
出演:橘芽依、笠松七海
〇引越しの荷物から出て来たシュシュはあの頃の苦い思い出を蘇らせた。


作品14
『君のいる町』2018 年 | 日本 | 4 分| カラー | DCP
出演:姫川風子、HAL、工藤ちゃん
〇工藤ちゃん「君のいる町」のミュージックビデオ。高円寺を舞台に、もがいて生きる同性カップルを描く。


作品15
『明日からさようなら』2018 年 | 日本 | 5 分 | カラー | DCP
出演:櫻井保幸、笠松七海
〇引越しの前日。外は雨。ふと目の前に元カノが現れる。


●イベントタイトル
野本梢監督特集上映「私」

●上映劇場
池袋シネマ・ロサ

●上映期間
2020 年 2.29(土)-3.13(金)2 週間限定レイトショー

●チケット情報
前売り券:1,300 円(税込)
当日券:一般 1,500 円(税込)
※『透明花火』の前売り券提示で 1,300 円(税込)