11月16日、池袋シネマ・ロサにて、映画『ミドリムシの夢』初日舞台挨拶が行われ、真田幹也監督、富士たくや、ほりかわひろき、今村美乃、佐野和真、歌川椎子、長谷川朝晴、戸田昌宏が登壇した。
本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 国内コンペティション部門正式上映作品。“ミドリムシ”とも呼ばれる緑色の服を着た駐車監視員という職業をテーマに、富士たくや&ほりかわひろきの二人を主演にした、おじさんが主人公の青春映画。

ミドリムシの夢

舞台挨拶レポート

■監督が語る作品作りのきっかけ

真田幹也監督
この作品を作ったきっかけは、今から4年前、2015年の11月に、この二人(富士たくや、ほりかわひろき)から映画作りの話を持ち掛けられたことです。
私はもともと、(日本の社会に対する問題意識を持ち、それをエンターテインメント作品にする)伊丹十三監督の作品が好きで、日本の制度が不思議だなと思った時に、それが笑いになるのではないかとも考えていました。
なので、この二人をキャストにした、なにか面白い話をと考えた時に、(俗称“ミドリムシ”と言われる)駐禁のおじさんにしか見えないこの二人の姿が街の中に馴染めばいいという考えが見事にハマったと思います。
そして、二人を引き立ててくれる瞬発力と演技力を持ったキャストを集めなければいけないと思って、登壇している皆さんに声をかけました。

ミドリムシの夢
真田幹也監督

■キャストが語るエピソード

富士たくや&ほりかわひろき
このメンツでの撮影が本当に楽しかったです。
二人で駐車監視員の姿で街を歩いているときに、道をよく聞かれたのが思い出としてあります。
素晴らしいキャストを集めてくれた真田監督に感謝します。

ミドリムシの夢
(左)富士たくや、(右)ほりかわひろき

今村美乃
劇中で歌うのですが、何度か歌詞が変わりました。本編と劇場で売られている台本での違いを見て楽しんでください。

ミドリムシの夢
今村美乃
ミドリムシの夢
6と4で、“ムシポーズ”

佐野和真
台本をみて、どうしてもこの作品に参加したいと思いました。
オーディションの時に、真田監督から「その芝居はまだまだだね。」とか「その演技はちょっと違うよ」と言われたのを覚えています。

ミドリムシの夢
佐野和真

歌川椎子
半世紀生きてきた中で、一番走ったと思います。皆さんの先頭を走るので、追いつかれる恐怖感がありました。あまりに走りすぎて、翌日寝込みました。

ミドリムシの夢
歌川椎子

長谷川朝晴
撮影時の待ち時間に、真田監督の車の中で聴いた監督自身のプレイリストが「back number」の曲ばかりでした。真田監督のプライベートな曲を知ることができて面白かったです。

ミドリムシの夢
長谷川朝晴

戸田昌宏
声を張らなければいけない役だったので、深夜の撮影時に周りから苦情が出て大変でした。

ミドリムシの夢
戸田昌宏

■お客様へのメッセージ

佐野和真
先日、「努力は夢中に勝てない」という良い言葉(*)を聞きました。
努力をするよりも夢中になった方がパワーが出る。この作品は夢中になれる作品です。いっぱい宣伝していただいて、沢山の方に観ていただけるように手伝っていただけると嬉しいです。

*「努力は夢中に勝てない」・・・株式会社ビームス代表取締役社長 設楽 洋のメッセージ

真田幹也監督
出演していただいた役者さんは、みなさん“スペシャルアクターズ”だなと思います。
4年前に考えてからの公開初日をむかえられて、皆さんと宣伝に携わってくれたキャストの方々のおかげです。
観ていただいた皆さんで感想を広めていってください。また来たいなと思ったら2週間公開していますので、再度映画を観に来てください。

映画『ミドリムシの夢』

出演:
富士たくや/ほりかわひろき
今村美乃/吉本菜穂子/佐野和真/仁科貴/歌川椎子/長谷川朝晴/戸田昌宏/白石直也/原舞歌/高木公佑/新井郁/星野ゆうき/後藤龍馬/柳瀬早紀/石川雷藏/構山陽紀/井口瑚子/田所ちさ/野村たかし/真田幹也/ピースケ/松田ぴろし

監督:真田幹也  脚本:太田善也
撮影:島根義明  照明:島根義明  録音:田中秀樹  編集:深野光洋
スタイリスト:立山功  ヘアメイク:池尾直子
音楽:タカタタイスケ
助監督:佐藤光 阪根克哉
キャスティング:鷲野令奈  制作担当:太田勝一郎
タイトルロゴ:田中完二  チラシデザイン:平松真智子
製作:「ミドリムシの夢」製作委員会
2019年製作/86分/日本/ビスタサイズ
(C)「ミドリムシの夢」製作委員会
公式サイト:https://www.midorimushinoyume.com/
※連日、舞台挨拶・トークイベントあり。詳細は、池袋シネマ・ロサHPにてご確認ください。

11月16日、池袋シネマロサにてレイトショー