“隠れビッチ”やってました。

11月4日、映画『“隠れビッチ”やってました。』完成披露上映が、公開に先駆けて第32回東京国際映画祭にて執り行われ、主演の佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、三木康一郎監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は、イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化。
映画初主演となる佐久間由衣が、異性にモテることを趣味&特技として、狙った男に「好き」と告白させたら即フェイドアウトする“隠れビッチ“を熱演。本作は、そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添うヒューマンコメディとなっている。

舞台挨拶レポート

割れんばかりの拍手が沸き起こる中、佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、三木康一郎監督が登壇。

佐久間由衣(以下、佐久間)は「東京国際映画祭でたくさんの映画がある中、本作を選んでいただきありがとうございます。短い間ですが、楽しんでいってください」と感謝を述べた。
続いて、村上虹郎(以下、村上)は「監督に久しぶりにお会いして、“闘牛士かお前は!”と言われた村上虹郎です」と今日の衣装をいじられたことを明かし、会場の笑いを誘った。
大後寿々花(以下、大後)は「今日皆さまにお届けできる日を迎えられたことを大変嬉しく思います」と今の喜びを語った。
そして、小関裕太(以下、小関)は「この映画には2つの顔があって、最初はコメディタッチでテンポよく進んで楽しい作品なのですが、見終わった後にはズシりと心に響くものがある。そういった何かを持ち帰ってもらえれば嬉しいです」とこれから映画を鑑賞する観客に見どころを語った。
最後に、三木康一郎監督(以下、三木監督)は「僕らの大爆笑トークを楽しんだ後、映画を楽しんでいってください」とハードルを上げ、会場は笑いに包まれた。

本作が映画初主演となる佐久間。オファーが来た時の心境を聞かれ、「台本読むまでは、お嫁に行けなくなるのかなと思いました。でも、自己承認欲求という誰もが持っている悩みと向き合う物語でもあったので、挑戦したいと思いました。」と当時の心境を吐露。また、撮影で大変だったことを聞かれ、「終始大変だった。監督から厳しい指導もあったけどテンションで乗り切った部分もあります」と監督に視線を向けると、三木監督は「全然厳しくしてないです。やさしめです。キャラクターについては、好きにやってくださいと言いました」と答えると、佐久間は苦笑いしながら「現場に入ってからは違った」と反論し、会場からは大きな笑いが巻き起こった。

コジ役を演じるにあたって心がけたことを聞かれた村上は、「ひろみ(佐久間)と彩(大後)の二人の違ったタイプの女性を見守るということ。ほぼ二人のママでしたね」と語り、佐久間と大後も納得するように頷いていた。

彩役を演じていて共感したことについて、大後は「結構激しい女性なので、恋愛に関していえばない。」ときっぱり。「ただ、ひろみに対して、包み隠さず思ったことを言い合える関係性は羨ましいなとは感じました」と語った。

肉食系、草食系など様々なタイプの男性が出てくる本作にちなみ、演じた安藤君は何系?と聞かれた小関は「カテゴリーにハマらない系男子。女性からみてつかみどころのない男性で、何を考えているかわからない。だから気になる、好きになっていく男性という解釈だったので、そのように意識して演じました」と自分なりの役作りを語った。

4コママンガ(原作)を2時間の映画にするのに苦労した点について三木監督は、「原作自体が、一人の女の子のちょっとした思いを描いた物語なので、それをどのように形にしようかと考えながら作った。なので、細かい点にも気をつかって丁寧に作り上げた」と語った。

そして、気になる異性への必殺モテテクニックを出演者がフリップに書いて披露。
佐久間は【お酒の力を借りてみたい】と回答。「劇中でひろみがお酒ですごい変貌する。あんなかたちで男性に甘えられたらいいなと思います」と今後やってみたい事として語った。
村上は【口数を減らす】と回答。「デビュー作のオーディションで、たくさん喋っていたら、『あんまり喋ってない方がかっこいいよ』と言われた」と過去の経験からモテテクニックを語った。
大後は【あ、(転ぶ 裾をつかむ)】と回答。「転びそうになった時に、“あっ”と異性の服を少し掴む。守りたくなるような女性を演じること」と語った。
小関は【好きって言う】と回答。「ラブの好きではなくて、“その服好き”とか、“その色好き、とか《好き》っていう言葉を使うことによって《好き》の魔法がかかると信じている」と独自のモテテクを語った。

最後に、三木監督は「タイトルにはびっくりすると思いますが、すごく身近な話になっていると思います。この作品を観て少しだけ前向きになってくれたら嬉しい。そして、たくさんの人にそれが伝わっていけばいいなと思っています」と本作に込めた思いを語った。

佐久間は「初主演という事もあって、皆さんに支えられながら完成し、このような形で皆さんにお届けできて嬉しいです。タイトルからは想像もできないような、愛が詰まった温かい作品になっていると思います。何かに苦しんでいる人たちの背中を押せるような映画になっていると嬉しいです」と目に涙を浮かべながら感慨深げに語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『“隠れビッチ”やってました。』

【STORY】
26歳の独身女・ひろみ(佐久間由衣)の趣味&特技は異性にモテること。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)は呆れ顔で「最低の“隠れビッチ”ね!」とたしなめるも、彼女の耳には届かない。ある日、気になるお相手・安藤(小関裕太)が現れるが、数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山未來)に目撃される。ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の過去と向き合い始める―。

佐久間由衣/村上虹郎 大後寿々花 小関裕太/森山未來
前野朋哉 片桐仁 前川㤗之 栁俊太郎 戸塚純貴 /渡辺真起子 光石研
監督・脚本:三木康一郎 原作:あらいぴろよ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社刊)
主題歌: Kitri 「さよなら、涙目」(BETTER DAYS /日本コロムビア) 音楽:小山絵里奈
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2019『”隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社
公式サイト:http://kakurebitch.jp/

12月6日 全国ロードショー