ブルーアワーにぶっ飛ばす

主演夏帆×箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の予告編が解禁となった。また、今回初映画主題歌を担当する松崎ナオ/鹿の一族のコメントも到着した。

軽快な音楽に合わせ夏帆がブルーアワーを駆け抜ける!

初映画主題歌、松崎ナオ/鹿の一族「清く、ただしく」初披露!

仕事は出来るが口が悪いCMデレクター砂田(30歳)は、自由奔放な“秘密の友達”清浦と、ひょんなことから大嫌いな地元に帰ることになる。道中もテンション高めな清浦と、(ここは)何もないよとつぶやくテンション低めの砂田。帰ってみれば、愚痴っぽい母と骨董マニアの父、引きこもりの兄に、不満が大爆発。
愚痴りながらも翌朝、目覚めた砂田は、ブルーアワー(一日の始まりと終わりに一瞬だけ訪れる静寂な時間)の吸い込まれるような故郷の風景に、過去と現在の自分を映しだしていた。
松崎ナオ/鹿の一族「清く、ただしく」の軽快な主題歌に合わせ、切なさと葛藤、疾走感が全面に描かれる予告編となっている。
また、今回初映画主題歌を担当する松崎ナオ/鹿の一族は、「「清く、ただしく」という曲は、映画『ブルーアワーにぶっとばす』の主題歌として作りました。自分にとって、映画の力を借りて作ったこの曲は、新しい音楽の扉を開いてくれたんだと思ってます。ありがとう」とコメントを寄せている。

松崎ナオ/鹿の一族
松崎ナオ/鹿の一族

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

主人公・砂田を演じるのは、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。
親友・清浦には、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では現在大ヒット公開中の初主演作『新聞記者』(6/28公開)や舞台にも出演するなど今大注目のシム・ウンギョンが扮する。

【Story】
30歳の自称売れっ子CMディレクター・砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも満ち足りた日々を送っている…ように見えるが、口をひらけば悪態をつき心は荒みきっている。ある日、病気の祖母を見舞うため、砂田の嫌いな故郷に帰ることに。ついて来たのは、砂田が困った時には必ず現れる、自由で天真爛漫な秘密の友だち・清浦(シム・ウンギョン)。しかし、再会した家族の前では、都内で身に着けた砂田の理論武装は通用しない…やがて全てを剥がされた時、見ようとしなかった本当の自分が顔を出す―。そして、一日と始まりと終わりの間に一瞬だけおとずれる“ブルーアワー”が終わる時、清浦との別れが迫っていた…。

出演:夏帆 シム・ウンギョン 渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ /
ユースケ・サンタマリア でんでん 南 果歩
監督・脚本:箱田優子 製作:中西一雄 企画プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ
製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ビターズ・エンド 2019 年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92 分
(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
公式サイト:www.blue-hour.jp

10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

ブルーアワーにぶっ飛ばす