映画『僕に、会いたかった』
小市慢太郎/板垣瑞生/山口まゆ/TAKAHIRO/柴田杏花/秋山真太郎/錦織良成監督

感情豊かな“俳優”TAKAHIRO

4月3日、TOHOシネマズ日比谷にて、映画『僕に、会いたかった』の完成披露上映会舞台挨拶が行われ、単独主演初のTAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督が登壇し、劇中さながらの隠岐の島でのロケ生活などが語られた。(動画&フォトギャラリー)

TAKAHIROが演じる池田徹は寡黙な男だが、舞台挨拶では軽快トークを繰り広げるTAKAHIRO。「記憶を無くした男を演じさせていただいているんですけど、是非皆さんとは“記憶に残る”ひとときを過ごせればと思います。」と語ったかと思えばすかさず板垣瑞生に、「うまい!って言わないと!」とのノリツッコミで場内を大きな笑いに誘う。

ロケ地となった隠岐島での話になると、幼少の頃から釣りをたしなみ、得意だというTAKAHIROは、漁師役ということで改めて役作りのために空き時間はずっと釣りをしていたというエピソードを語った。
そのTAKAHIROとの釣りシーンがある板垣瑞生も釣りをしたそうだが、TAKAHIROいわく「瑞生はずっと女釣りたいな」って言いながら釣りをしていたと暴露?され、板垣瑞生は「いやいや、エグイわ、そのボケは!」と否定した。

TAKAHIROのサービス精神旺盛のトークで観客を湧かせる舞台挨拶が続く中、俳優としてのTAKAHIROについて聞かれた錦織監督は、「TAKAHIROくんは素晴らしいお芝居をしてくれました。打ち合わせの段階から感極まって泣いてしまうほど感情豊かな人で、これからがほんと楽しみ。パフォーマーとしてもトップアーティストですけど、俳優としてこれからどんどん大きくなってほしいなと思うし、また一緒に現場をやりたいなって思う俳優さんの1人です。」と大絶賛した。
それを受けたTAKAHIROは「褒め過ぎですよ」と謙遜しつつ、楽屋では褒めてくださいと監督にお願いしたという裏話も。

舞台挨拶最後では、TAKAHIROは、「SNS全盛で人と会わずしていろんなことが進む世の中ですが、今一度この映画を通して“人と人の絆”を感じてほしい」と締めくくった。

映画『僕に、会いたかった』

舞台挨拶詳細レポート

映画『僕に、会いたかった』
小市慢太郎/板垣瑞生/山口まゆ/TAKAHIRO/柴田杏花/秋山真太郎/錦織良成監督

「いい映画でした」

– これまでのTAKAHIROさんのイメージとはガラリと変わって、無精髭を生やした寡黙な漁師の役でした。

TAKAHIRO(池田 徹 役)
僕が寡黙な役を演じるというのは、皆さんはイメージしづらいかもしれません。今回、単独初主演ということで、初挑戦のこともたくさんあったんですけど、監督といろいろ相談をしながらかなり大船に乗ったつもりで演じさせていただきました。しっかりと寡黙な役をやっています(笑)

– 観終わった後、真っ先に監督に「いい映画でした」と伝えられたそうですが。

TAKAHIRO
はい。自分が主演させていただいたんですけど、自分の映画を観てないような感覚というか、錦織監督の好きな作風をお客さんとして観れたような気がして、それが今回の映画の一番の収穫かなと思っています。

映画『僕に、会いたかった』
TAKAHIRO

松坂慶子との初共演

– 女優として大先輩にあたる松坂慶子さんとの初共演で印象に残っていることは?

山口まゆ(木村めぐみ 役)
まだ皆さんには言ってないんですけど、帰りの空港でご飯をご一緒させていただんです。(撮影は)すごく楽しかったねというお話をしました。
松坂慶子さんはほんとうに素敵な方で、今回共演できたことに感謝しています。

映画『僕に、会いたかった』
山口まゆ

人と人の支え合いの強さ

– ロケ地の隠岐の島はコンビニが無いんですよね。どんな印象でしたか?

柴田杏花(横山愛美 役)
こちらの生活は便利で、なにかほしいものがあればすぐに手に入ってしまいます。でも隠岐の島では、人と人の支え合いの強さ、人間の真の愛情みたいなものをすごく感じて、人間らしい体験をさせてもらったという印象があります。

映画『僕に、会いたかった』
柴田杏花

– 島に住んでいる同世代の若い子たちを見てどう思われましたか?

柴田杏花
実際に島留学されている方々とお話したんですが、みなさんすごく堂々としていて、自分を持っている印象です。

錦織良成監督
自分の目的を持っていて、すごいしっかりしていました。ね、板垣くん?

板垣瑞生(福間雄一 役)
はい、そうですね。ほんとに素晴らしい青年たちでした。

TAKAHIRO
(板垣)瑞生とは真逆の純粋な子たちでしたね。瑞生はそんな島で女の子の話ばっかりするんですよ(笑)

板垣瑞生
してないよ!やめてくださいよ!

(会場笑)

映画『僕に、会いたかった』
板垣瑞生

空き時間は釣りざんまい

– TAKAHIROさんとは一緒に魚を釣るシーンがありますが思い出に残っていることは?

TAKAHIRO
ずっと、「女釣りたいな」って言いながら釣ってましたね。

板垣瑞生
いやいやいや(笑)
エグイわ、そのボケ(笑)
マジメな話、TAKAHIROさんはほんとに釣りがお上手で、大きな魚を釣り上げたと聞きました。
TAKAHIROさん、まるで子供のようにそれを喜んでられてて、こういうご年齢になられても・・・

TAKAHIRO
そろそろ、グーでいくぞ!(笑)

板垣瑞生
こういうことで楽しめる大人になりたいっていうリスペクトですよ!

TAKAHIRO
海が近かったのもあり、釣りは幼少期からよくやってました。今回は漁師役なので、身体に染み込ませたいというのもあって、役作りという体で(撮影の)空き時間はずっと釣りばっかりやってました。島在住のおじさんと2時間くらい一緒に釣りをしたこともありました。

メイクさんがプロデューサーを叱る

– 秋山さんは役者としてだけでなく、プロデューサーとしても本作に関わられていますが、完成までの道のりはいかがでしたか?

秋山真太郎(坂本雄太 役)
いろいろ大変だったので、今日はほんとに一安心というか、だけどまだ本公開は迎えてないので、半分半分くらいの気持ちですね。

映画『僕に、会いたかった』
秋山真太郎

TAKAHIRO
秋山はね、演じつつもプロデューサーとして誰よりも長く現場に来てくれていたので、日中ずっと太陽の下にいて日焼けしてしまって、最初のシーンと繋がらなくなってしまって。
プロデューサーがメイクさんに怒られるところを初めて見ました(笑)「焼けすぎ!」って(笑)

感情豊かな“俳優”TAKAHIRO

– 監督、改めて役者としてのTAKAHIROさんはいかがでしたか?

錦織良成監督
TAKAHIROくんらしくない、でもTAKAHIROくんっていう素晴らしいお芝居をしてくれました。演技指導は全然してないですが、(池田徹というキャラクターが)どういう気持なのかというのをかなり綿密に現場で話し合わせてもらいました。
そしたら、まだ芝居をしていないのに、TAKAHIROくんは感極まって泣いてしまうんですよ。なので「まだ早い!本番で泣いてくれ」って言って(笑)
でもそれくらい感情豊かな人なので、これからがほんと楽しみで、パフォーマーとしてもトップアーティストですけど、俳優としてこれからどんどん大きくなってほしいなと思うし、また一緒に現場をやりたいなって思う俳優さんの1人です。

TAKAHIRO
褒め過ぎですよ(笑)

「令和」と共にチャレンジしたいこと

– 新しい元号「令和」が発表となりました。本作は、新しい元号のスタートと共に、5月10日に公開となります。これを機に、新たにチャレンジしてみたいことがあれば教えてください。

TAKAHIRO
富士山に登ってみたいなと思っています。日本に生まれ育ったのに、日本一高い山を知らないままはイヤなので。

山口まゆ
私はこの春から大学入学なんですけど、大学でなにかやりたいっていうよりは、1人で海外旅行をしてみたいです。
こないだ、何も計画せず、旅行会社に行ってどこがいいですか?って聞いてきました。
ほんとはヨーロッパに行ってみたいんですけど、初めはアジアの方がいいってことで、ベトナムに行ってみたいです。

TAKAHIRO
初めての海外旅行で1人はやめた方がいいんじゃないかな。親心というか、危ない。
行く前に言ってくれたら、男モノのパンツをいっぱい貸すから、ホテルの窓にビッシリと吊るせばと。あと護身術も教えます。

映画をご覧になる方に

TAKAHIRO
とても心温まる素敵な映画となっています。
SNS全盛のこのご時世、人と会わずして、いろんなことが進んで行く中で、今一度この映画を通して、“人と人の絆”だったり、“温もり”、“心”みたいなものを感じていただきたいです。
そしてご両親だったり、ご家族、周りの方々に感謝の気持ちを伝えたくなるような気持ちになっていただければありがたいなと思います。
とはいえ、SNSのパワーはすごいので、映画を観た後はハッシュタグ(#僕会い)をつけてバンバン宣伝してくれたらありがたいです!

映画『僕に、会いたかった』

舞台挨拶は、記事未掲載トークも含む動画でもどうぞ!

フォトギャラリー

Z6G_2685.jpg
板垣瑞生
Z6G_2681.jpg
秋山真太郎
Z6G_2679.jpg
柴田杏花
Z6G_2676.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2674.jpg
山口まゆ
Z6G_2667.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2687.jpg
小市慢太郎
Z6G_2689.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2701.jpg
板垣瑞生
Z6G_2711.jpg
山口まゆ
Z6G_2718.jpg
山口まゆ
Z6G_2734.jpg
山口まゆ
Z6G_2738.jpg
柴田杏花
Z6G_2743.jpg
柴田杏花
Z6G_2754.jpg
柴田杏花
Z6G_2761.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2763.jpg
板垣瑞生
Z6G_2769.jpg
板垣瑞生/山口まゆ/TAKAHIRO
Z6G_2772.jpg
板垣瑞生/山口まゆ
Z6G_2775.jpg
山口まゆ
Z6G_2777.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2780.jpg
秋山真太郎
Z6G_2787.jpg
柴田杏花/秋山真太郎
Z6G_2802.jpg
錦織良成監督
Z6G_2806.jpg
柴田杏花
Z6G_2812.jpg
山口まゆ
Z6G_2820.jpg
Z6G_2823.jpg
山口まゆ
Z6G_2826.jpg
山口まゆ/TAKAHIRO
Z6G_2827.jpg
板垣瑞生/山口まゆ
Z6G_2830.jpg
板垣瑞生/山口まゆ/TAKAHIRO
Z6G_2833.jpg
TAKAHIRO/柴田杏花/秋山真太郎
Z6G_2836.jpg
柴田杏花
Z6G_2839.jpg
柴田杏花
Z6G_2850.jpg
板垣瑞生/山口まゆ
Z6G_2852.jpg
TAKAHIRO/柴田杏花
Z6G_2856.jpg
板垣瑞生/山口まゆ/TAKAHIRO
Z6G_2861.jpg
Z6G_2869.jpg
山口まゆ/TAKAHIRO/柴田杏花
Z6G_2874.jpg
板垣瑞生
Z6G_2886.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2895.jpg
TAKAHIRO
Z6G_2901.jpg
板垣瑞生
Z6G_2926.jpg
小市慢太郎
Z6G_2937.jpg
柴田杏花
Z6G_2947.jpg
秋山真太郎
Z6G_2960.jpg
柴田杏花
Z6G_2965.jpg
山口まゆ
Z6G_2978.jpg
Z6G_2987.jpg
Z6G_3002.jpg
Z6G_3010.jpg
山口まゆ/TAKAHIRO/柴田杏花
Z6G_3017.jpg
山口まゆ/TAKAHIRO/柴田杏花
Z6G_3025.jpg
Z6G_3031.jpg

映画『僕に、会いたかった』

作品概要

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。
その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。
本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?
島の愛は、人の心を救えるのだろうか?
その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。
漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。
雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか?
事故の真相を知った時、男は……。

「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。
これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。
ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。
家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる

TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳
編集/栗谷川 純 配給/LDH PICTURES (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
2019 年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96 分
公式サイト:bokuai.jp

5月10日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

[写真:Ichigen Kaneda/動画・記事:Jun Sakurakoji]

関連記事

俳優・TAKAHIROの新境地!単独初主演映画『僕に、会いたかった』特報&場面写真初解禁