アルコールに溺れる父とその家族を描いた話題騒然のコミックエッセイ

先日、映画化決定&松本穂香×渋川清彦のダブル主演解禁、母親役にともさかりえの出演発表があった『酔うと化け物になる父がつらい』。
この度、松本穂香演じる主人公田所サキの妹・田所フミ役に今泉佑唯が出演することが決定した。
なお、今泉にとっては、欅坂46卒業後映画初出演となる。

初めて映画撮影を乗り越え「ほっとしている」という今泉。現場では、姉役の松本穂香にアドバイスをもらっていたと明かし、「本当のお姉ちゃんのような存在」だったという。松本との息ぴったりの姉妹役に期待したい。

原作コミックエッセイについて

秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ家族崩壊ノンフィクション「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)。
原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。
そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。
毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラストに「涙が止まらない」と話題になった。

今泉佑唯演じる“田所フミ”

今泉演じる田所フミは、酔うと化け物になる父、新興宗教の母という両親のもとで育ち、壊れゆく“家”の中でも笑顔を絶やさず、家族を明るく照らし続ける役柄だ。
母・田所サエコが起こす“ある事件”に直面し、そして酔っ払った父の奇行を前にしても、動揺する姉を明るく支え続ける姉思いの人物。
そんな彼女は、自身の快活さと利発さで周囲からも人気を集める。
今泉も映画初出演での大役ながら、持ち前の明るさと利発さでもって体当たりで挑み、見事に「ハマり役」となった。
中学生から大人の女性へと成長していく田所フミ演じる今泉の熱演が注目される。

今泉佑唯

今泉佑唯 Q&Aコメント

– 今回が映画初出演ということですが、現場を終えられての心境をお聞かせください。

分からないことだらけで初日から躓いてしまい、不安でいっぱいでしたが、無事に終えることができて少しほっとしています。

– つらい局面でも明るくふるまう田所フミ役を演じられてみて、いかがでしたか?

自分自身とほんの少しだけ重なる部分があり、共感できたり、でもいつも明るく振る舞うフミちゃんにどこか胸が苦しくなってしまう場面もありました。

– 松本穂香さんとの姉妹役での共演はいかがでしたか?

緊張している私を見て優しく声を掛けてくださったり、アドバイスをしてくださって嬉しかったです。本当のお姉ちゃんのような存在でした。

– 最後に、映画を楽しみにお待ち頂いている皆様にメッセージをお願いします

お酒が好きな人、そうでない人。
人それぞれですがこの映画を観てきっと共感できる部分がたくさんあると思います。
ぜひ、観ていただけると嬉しいです。

映画『酔うと化け物になる父がつらい』

出演:松本穂香 渋川清彦 今泉佑唯 ともさかりえ
監督:片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
脚本:久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
制作プロダクション:CREDEUS
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
製作:「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
配給:ファントム・フィルム
映画公式Twitter:@youbake_movie
映画公式Instagram:@youbake_movie
映画公式HP:http://youbake.official-movie.com
©「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

2019年度全国公開予定

今泉佑唯 プロフィール

生年月日:1998年9月30日
出身地:神奈川県
身長:153cm
血液型:O型
2015年欅坂46の第1期生オーディションに合格後、同グループのメンバーとして活動。
2018年11月に欅坂46としての活動を終了し、現在は、女性ファッション誌「ar」のレギュラーモデルを務め、2019年「グッド・ワイフ」第6話にゲスト出演。3月より自身初の舞台出演中。