5月10日、明治ブルガリアヨーグルトCMキャラクターを務める岡田准一さんが、CMでお馴染みのサウンドロゴを生歌を歌いながらのグラス・グロッケン演奏に初挑戦した。都内で開催された「明治ブルガリアヨーグルト 2018年『ヨーグルトの日』記念イベント」にて。
岡田准一さんは、2014年に「ブルガリアヨーグルト大使」に任命され、以降、毎年5月15日の「ヨーグルトの日」の普及活動に取り組んでいる。

45歳の岡田准一は?

明治ブルガリアヨーグルトは今年で45周年を迎えるが、岡田准一さんが45歳になるのは8年後。
司会者からどんな45歳になっていたいですかと聞かれると、

岡田准一
ヨーグルトを食べながら、仕上がってる(=何かを極めたかっこいい)おじさんになってたいですね。

司会者
身体も仕上がってますよね。

岡田准一
ヨーグルトのおかげです(笑)

5月15日は「ヨーグルトの日」。一般来場向けイベンントも。

5月15日の「ヨーグルトの日」を記念した一般来場者向けイベント『明治ブルガリアヨーグルト presents ヨーグルトパーク』が2018年5月11日(金)~13日(日)の期間、JPタワー・KITTE1階アトリウム/南側テラスにて開催される。
このイベントではさまざまな体験ができるが、その中から岡田准一さんは「サウンドロゴ演奏」に挑戦したほか、「明治ブルガリアヨーグルト オカダ版」が披露された。

明治ブルガリアヨーグルト オカダ版

プレゼントBOXの形でステージに用意されたプレゼントBOXのリボンを紐解くとそこには、通常サイズの1000倍の大きさという特大の「明治ブルガリアヨーグルト オカダ版」が登場。
更にパッケージ裏には、岡田准一さんのドアップの顔写真が印刷されていた。
それを見た岡田准一さんは、「わーすごい!昔から知ってるパッケージに自分の名前が書かれているのはすごい嬉しいですね。」と驚きと共に喜びの声をあげた。

岡田准一 - 明治ブルガリアヨーグルト
岡田准一(V6)。写真右は、オカダ版ビッグパッケージの明治ブルガリアヨーグルト
岡田准一 - 明治ブルガリアヨーグルト
オカダ版ビッグパッケージの裏側には、岡田准一さんの顔写真がプリント。

サウンドロゴ演奏に挑戦

明治ブルガリアヨーグルトのCM内で、サウンドロゴを口ずさんでいるシーンがあるが、今日のイベントで岡田准一さんは、「グラス・グロッケン」(水が入ったグラスをスティックで叩いて音色を出す)で演奏しながらの生歌に挑戦。
演奏指導として登壇した、グラスハープ奏者の大橋エリさんは「今日は爽やかな岡田さんに爽やかなサウンドで演奏してほしくて。」と、「グラス・グロッケン」奏法を選んだ理由を語った。

オカダ版ビッグパッケージの明治ブルガリアヨーグルト
グラスハープ奏者・大橋エリさん

「グラス・グロッケン」の演奏はやったことありますか?という司会者の問いかけに岡田准一さんは「グラス・グロッケンはやったことないです。V6では木琴担当でした(笑)」とジョークで答えつつ、演奏に挑戦。
サウンドロゴを口ずさみながら見事一発で完璧な「グラス・グロッケン」演奏に成功。
記者団からは「オーッ」という驚きの声と共に大きな拍手が。
感想を聞かれた岡田准一さんは、
「いやー、汗かいた~。小学生の頃の発表会以来の緊張でした。でも、無事に成功できてよかったです。ギリギリでしたけど(笑)でも、音を奏でるっていうのは楽しいですね。音を鳴らす楽しさっていうのを思い出しました。」と、緊張していたことを明かすと共に、一発で成功したことに満足していた。

岡田准一 - 明治ブルガリアヨーグルト
「グラス・グロッケン」演奏に挑戦する岡田准一さん

最後に、岡田准一さんは「母の日も近いですし、ぜひみなさん、ご家族そろって一緒に遊びにきてくれたら嬉しいです。」と、5月11日からのヨーグルトパークをPRした。

明治ブルガリアヨーグルト presents ヨーグルトパーク
日時:2018年5月11日(金) 11:00~19:00
2018年5月12日(土)・13日(日) 各日 10:00~18:00
場所:JPタワー・KITTE1階アトリウム/南側テラス
内容:
明治ブルガリアヨーグルト サウンドロゴを楽しもう!
明治ブルガリアヨーグルト マイパッケージメーカー
明治ブルガリアヨーグルト なるほど広場
利きヨーグルト
パッケージフォトスポット
など

5月15日は「ヨーグルトの日」

ヨーグルト不老長寿説を発表し、ヨーグルトの普及に大きく貢献したメチニコフ博士の誕生日に由来します。ロシア出身のノーベル賞受賞学者、イリヤ・メチニコフ(1845-1916)は、1907 年にヨーグルトを「不老長寿の妙薬」として世界に発表。そのことがきっかけとなり、当時の欧米文化圏ではほとんど知られていなかったヨーグルトが、その後世界中に広まりました。

[写真:Ichigen Kaneda、記事:Jun.S]