心に深く突き刺さる人間ドラマで話題騒然!

単館レイトショー公開ながら日に日に劇場に足を運ぶ観客が増え、連日の盛況がさらなる熱を生み出し異例のヒットにつながった映画『かぞくへ』。
渋谷・ユーロスペースでは当初の予定より1週間延長、さらには3月17日(土)にもグランドフィナーレとして異例の追加上映を行ったが、再上映希望の声は鳴りやまず、このたび4月14日から2週間のアンコール上映が決定した。

また、4月7日(土)より愛知・名古屋シネマテークでの公開も決定している(春本雄二郎監督と梅田誠弘による初日舞台挨拶予定)。
(詳細は劇場公式サイトまで)

そのほか、大阪・シネ・ヌーヴォ、京都・出町座、神戸・元町映画館、栃木・宇都宮ヒカリ座、群馬・シネマテークたかさきで順次公開予定。

『かぞくへ』という作品

2016年東京国際映画祭スプラッシュ部門で上映され、その後フランスの映画祭での3冠受賞、ドイツ、オランダほか海外映画祭でも高い評価を得てきた春本雄二郎監督 『かぞくへ』。
家族を知らない男が、結婚を目前に控え、よかれと思った仕事の話から無二の親友を詐欺被害に合わせてしまう。
婚約者と親友の間で揺れながら、優しさゆえに言葉にすることができず、それぞれがすれ違っていってしまう物語。
東京の片隅に生きる若者たちの息遣いをすくいあげ、リアリティある演出で紡ぎ出した作品に、5回以上鑑賞の熱狂的リピーターが続出。
年齢層は登場人物たちと同世代の若者たちを中心に、保護者とともに鑑賞する小学生から60代を超える映画ファンまで幅広く来場し、観客動員は累計2500人を突破。
「まるで自分のことのように胸が苦しくなった」「ラストシーンは圧巻」「見るたびに新しい発見がある」とSNSを中心に口コミが広がり続けている。

映画『かぞくへ』

映画『かぞくへ』

映画『かぞくへ』

映画『かぞくへ』

『かぞくへ』
【CAST】
松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、三溝浩二、おのさなえ、下垣まみ、瀧マキ、森本のぶ
【STAFF】
監督・脚本・編集:春本雄二郎、撮影:野口健司、照明:中西克之
録音・整音:小黒健太郎
制作:福田智穂
助監督:浅見佳史
音楽:高木聡
プロデューサー:深谷好隆・春本雄二郎・南陽
海外セールス:植山英美(ARTicleFilms)
配給:『かぞくへ』製作委員会
配給協力:コトプロダクション
劇場営業:髭野純
【DCP/シネスコ/ステレオ/カラー/2016/日本/117分】
【公式サイト】http://kazokue-movie.com/
(C)『かぞくへ』製作委員会

【海外映画祭】
第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門 公式出品
第23回フランスヴズール国際アジア映画祭 審査員賞&NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)&ギメ東洋美術館審査員スペシャルメンション
第14回ソウル国際アガペー映画祭 Re-Awakening of The Asia Agape Films部門 公式招待
第17回ドイツニッポンコネクション2017 ニッポン・ヴィジョンズ部門 審査員スペシャル・メンション授与
オランダ カメラジャパンフェスティバル2017 公式招待

映画『かぞくへ』