役所広司
役所広司

2月15日に行われた第72回毎日映画コンクール表彰式にて、男優助演賞を受賞した役所広司。
毎日映画コンクールとしては、1995年にも「KAMIKAZE TAXI」で男優主演賞を受賞している。
表彰式では、「何が真実かわからないように考えて演じた」と役作りで考えたことを語るとともに、共演した同郷の長崎出身の福山雅治について「やっぱりイイ男」と絶賛した。(動画&フォトギャラリー)

「三度目の殺人」
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
キャスト:福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子
製作年:2017年
配給:東宝、ギャガ

受賞スピーチ&コメント

役作りで苦労した点

生島ヒロシ
今回の作品で、役作りとしていちばん苦労されたところはどういう点ですかね?

役所広司
苦労っていうか、証言が二転三転していくんですけども、なにが真実かわからないという、すべてが真実に見えるようにするにはどうしたらいいのかなってことは、常に考えていました。

生島ヒロシ
私も観ながらダマされました。

福山雅治はやっぱりイイ男

生島ヒロシ
今回、福山さんとガラスを挟んで対峙していましたけど、主演の福山さんに対してどういう印象をお持ちになりましたか?

役所広司
福山くんはですね、僕と同郷なんですよ。九州・長崎。
だから勝手になんとなくこう、親近感を覚えていまして、やっぱり長崎出身の男ですからね、やっぱりイイ男でしたね。
性格も素晴らしい人でした。

生島ヒロシ
撮影の合間とかは長崎弁でしゃべったんですか?

役所広司
いや、撮影中はなかなか無駄口をたたいている余裕がなかったので。

役所広司
生島ヒロシ / 役所広司

演技中、酸欠に?

生島ヒロシ
こういう心理ドラマというのは役者さんにとってはやりがいがあるんでしょうけど、大変でしょうね。

役所広司
そうですね。ほとんどが狭い空間の接見室でしたので、ほとんど福山くんと二人でお芝居したんですけど、あのー、酸欠になるんですよ。
で、僕も福山くんもなんかボーッとしてきたなと思ったら、やっぱり酸素が薄くなっていたんで、スタッフもいますので。それで、福山くんがいつもコンサートで使っている酸素ボンベを買ってきてくれて、二人で、スーッって酸素を補給して本番に臨みました。

生島ヒロシ
あれだけの長台詞は大変でしたか?

役所広司
大丈夫だったですね。是枝監督は1シーン1シーン、時間をかけてじっくりやられますので、そういう意味では本番に向かって、セリフはだんだん体に入っていく感じはしました。

悪役は役者として醍醐味?

生島ヒロシ
役所広司さんが演じられる役は、善人から悪人まで幅広いですが、それはやっぱり役者としての醍醐味ですかね?

役所広司
そうですね。やっぱり演じるたびに別人が出てくるみたいな感じは、目指すところですね。

生島ヒロシ
悪党の方がおもしろいですか?

役所広司
そうですね。どっちかっていうと悪党の方がわかりやすくて(笑)

私はツイている男

役所広司
素晴らしい賞をありがとうございます。
二十数年前に初めて映画の仕事で賞をいただいたのがこの毎日映画コンクールでした。
「KAMIKAZE TAXI」という1館だけで、1週間だけ上映された映画でしたけれども、それでも評価していただいて、僕が初めてもらった映画賞でした。
それ以来、この賞に恥じないように、映画の仕事を中心に二十数年間頑張ってきました。
そして今日、今回、是枝監督に出会えて、これだけのスタッフ・キャストの皆さんと一緒に作ってきたこの「三度目の殺人」で、また、毎日映画コンクールの賞をいただきました。
ほんとにツイてる男だと思っています。
これからもこの賞に恥じないように頑張っていきたいと思います。

動画ニュース

役所広司の受賞スピーチのすべてはこちらの動画でどうぞ!

[4K]役所広司 男優助演賞 第72回毎日映画コンクール 表彰式

フォトギャラリー

[写真:Ichiagen Kaneda / 動画・記事:Jun.S]