田中麗奈
田中麗奈

2月15日に行われた第72回毎日映画コンクール表彰式にて、女優助演賞を受賞した田中麗奈。
毎日映画コンクールとしては、1998年、「がんばっていきまっしょい」で新人賞を受賞して以来の受賞。
表彰式では、「これからもスクリーンの向こう側にいらっしゃるお客様にたくさんのことを伝えていきたい」と女優としての意気込みを語った。(動画&フォトギャラリー)

「幼な子われらに生まれ」
監督:三島有紀子
原作:重松清
脚本:荒井晴彦
キャスト:浅野忠信、田中麗奈、南沙良、鎌田らい樹、新井美羽
製作年:2017年
配給:ファントム・フィルム

受賞スピーチ&コメント

運が良かった

田中麗奈
新人賞をいただいた「がんばっていきまっしょい」(1998年)から20年ほど経ってしまいましたが、こうやって女優助演賞という形でいただけるのは、ほんとうに幸せです。

生島ヒロシ
「がんばっていきまっしょい」での新人賞は、女優さんとして、心強いきっかけにもなったんじゃないですか?

田中麗奈
あの作品があって、映画の道が切り開けたと思っているので、私はほんとに運が良かったなと思っています。

田中麗奈

ひとつの目的に向かってのチーム作業が好き

生島ヒロシ
映画製作っていうのはチームワークの部分があるじゃないですか。
その中で演者としてのポジショニングがあるんですけど、映画の魅力と大変なところはどういうところですか?

田中麗奈
みんなで一丸となってお客様に伝えようっていう目的がハッキリしているので、それぞれの個性だったり、技術を駆使しながら、ひとつにエネルギーを集中していくっていう、そういうチームの作業が私はすごく好きです。

これからもお客様にたくさんのことを伝えていきたい

田中麗奈
こんなに素晴らしい賞をいただけてほんとうに嬉しいです。
妻であり、母であり、女であるという役を演じた上でいただけた女優助演賞というのは、ほんとうに女性としても幸せなことだと思っています。
主演の旦那様である浅野忠信さんに感謝と愛を贈らせていただきます。
それから、娘役の新井美羽ちゃん、南沙良ちゃん、みんなで頑張って頂けた賞だと思っています。
三島有紀子監督が、悲しみの果てを歌うシーンを作ってくださいました。
原作にもなく、脚本にもなかったオリジナルのシーンです。ああいった力強い素敵なシーンを作ってくださった三島監督にも心から感謝致します。
三島監督が、私を“奈苗(役)”にっていうのは、前回出演した「葛城事件」(2016年)を見てというふうに伺っております。
「葛城事件」がつなげてくださった「幼な子われらに生まれ」です。
「葛城事件」のチームのみなさん、赤堀雅秋監督にも喜びと感謝を伝えたいと思います。
たくさんの才能ある映画人のみなさんに引っ張っていただきながら、共に歩んで来た今まででした。
素敵な出会いに感謝しながら、これからも皆様と共にスクリーンの向こう側にいらっしゃるお客様にたくさんのことを伝えていきたいと思います。

動画ニュース

田中麗奈の受賞スピーチのすべてはこちらの動画でどうぞ!

[4K]田中麗奈 女優助演賞 第72回毎日映画コンクール 表彰式

フォトギャラリー

[写真:Ichiagen Kaneda / 動画・記事:Jun.S]