昨年公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」は大ヒットを記録、日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞受賞や、監督片渕須直氏の芸術選奨・文部科学大臣賞受賞、主演声優のんさん(女優、本名・能年玲奈)の声優アワード特別賞受賞など、数多くの受賞を果たしており、高く評価されている。
  その作品の原作者、こうの史代さんの原画展が5月13日より、タワーレコード渋谷店催事場“SpaceHACHIKAI”で開催されることになり、その前日、メディア向け内覧会が行われた。
「この世界の片隅に」原画展 「この世界の片隅に」原画展

◆原画の生きた迫力!映画「この世界の片隅に」を別の形で鑑賞している気分に

  場内は、映画の主題歌と音楽を担当したコトリンゴさんの歌と曲が流れており、そこに、130点以上の原画がコミックの上・中・下巻の区分で展示されている。音楽と、原画の生々しい迫力ある躍動感に触れていると、映画や原作コミックに親しんだ人は、別の感覚で本作の世界に再び引き込まれ、新たな感動を呼び起こされることになるだろう。
  こうの史代さんの作画の特徴は、スクリーントーンは一切使わず、絵の濃淡はすべて手書きで緻密な描き込みがされていること。
  それらを原画で観ると、印刷されたコミックでは伝わりきれない“血の通った”迫力に圧倒されてしまう。まるで、すずさん、リンさん、晴美ちゃんが生きているかのような錯覚にも陥るようだ。
  本作ファンの人は是非足を運んでほしいし、未見の人も、コミック原画の迫力を感じるだけでも価値があるだろう。
また、記念グッズや原画を忠実に再現したこうの史代さん直筆サイン入りアートグラフ(高画質デジタル複製画)の販売も会場で行われる。

「この世界の片隅に」原画展
赤い部分は、口紅を使って描かれている。

  なお、本展覧会は、原画の他、こうの史代さんが作品制作へ取り組んだ時の取材ノートや手作り年表、使用した画材道具、写真などの貴重な資料も多数展示されている。
  映画を制作した片渕監督も作品設定の考証が非常に緻密なことで有名だが、こうの史代さんの細かな調査内容にも改めて驚かされる。
「この世界の片隅に」原画展 「この世界の片隅に」原画展

◆スタッフの熱い想いが本展覧会実現に!

  本展覧会を企画した株式会社マットの担当者によると、本展覧会は、熱烈なこうの史代さんファンのスタッフの発案があり、マット社内でもこうの史代さんのアートワークを絶賛する声があり、企画実現の運びとなったという。そこに原作コミックを出版している双葉社が賛同し、共同開催という運びになった。

◇こうの史代「この世界の片隅に」原画展 概要
開催日時:2017年5月13日(土)〜5月30日(火)
会場 :タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14
営業時間:11:00〜21:00(最終入場20:30)
※最終日のみ18:00まで(最終入場17:30)
入場料 :(税込) 800円(未就学児は無料)
※当日入場/会場入り口にてお支払い
※ローソンチケット/専用webページ、もしくは、
ロッピーより予約後、ローソン店頭にて購入
Lコード:32604 http://l-tike.com/konosekai/
4月19日(水)15:00より公開、
4月22日(土)12:00より販売開始
入場特典:描き下ろしポストカードをお渡し
内容 :原画展示/作品資料展示
記念グッズ販売
直筆サイン入りアートグラフの販売※数量限定
ホームページ:http://www.futabasha.co.jp/introduction/konosekai/

◇こうの史代「この世界の片隅に」原画展 記念グッズ一覧
販売グッズ一覧※いずれも税込価格
5月13日(土)より販売
○直筆サイン入りアートグラフ① 35,000円※送料別途、数量限定
○直筆サイン入りアートグラフ② 35,000円※送料別途、数量限定
○直筆サイン入りアートグラフ③ 35,000円※送料別途、数量限定
○直筆サイン入りアートグラフ④ 26,000円※送料別途、数量限定
○版上サイン入りアートグラフ4種 12,000円※送料別途
○大きな缶バッチ500円
○ポストカードセット(4枚入り)750円

5月19日(金)以降発売予定
○図録 1,200円
○缶バッチセット850円
○クリアファイルセット(2枚入り)2種 各800円
○トートバック2,600円
○Tシャツ2種 各4,000円

「この世界の片隅に」原画展原画展 記念グッズ売り場