鉄道ダンシ

三陸鉄道で愛されてきたキャラクター『鉄道ダンシ』が、ライトノベルとして2017年8月1日発売されることが決まった。
三陸鉄道を舞台に送る、若き鉄道職員たちの恋と仕事と地元愛を描いた内容となっていて、鉄道ダンシ・原作ストーリー募集での一般公募から、最優秀賞受賞作品となっている。

『鉄道ダンシ』作品内容
3・11の大地震で大きな打撃を受けることになってしまった三陸鉄道。
鉄道だけでなく三陸全体が大変な状況にある中、将来の三陸鉄道と三陸の復興の力になりたいと、2012年4月1日に2人の社員が入社した。
実家が漁師で釣りが趣味の「恋し浜レン」と実家が酪農家で乳製品やワインが好きな「田野畑ユウ」だ。
それぞれ恋し浜駅と田野畑駅で駅務や営業、三陸復興にかかわる業務を担当することから三陸鉄道の職員としての業務を開始する。
忙しい日々を過ごす2人だが、ある日「恋ヶ窪ジュン」が三陸鉄道に研修に来ることになり……。

鉄道ダンシ

著者:鉄道ダンシ制作委員会/衣南かのん
キャラクターイラスト:カズキヨネ
カバーイラスト:嘉志高久(かし・たかひさ)
創藝社刊:240ページ/本体1,200円+税
発売日:2017年8月1日(火)
書籍サイト: http://sougeisha.com/2017/07/04/鉄道ダンシ/

鉄道ダンシ
宮古駅を描いたカバー画。普段見られないアングルの風景を、風景画家の嘉志高久さんが魅力的に再現した。