花と雨

日本の Hip Hop 界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開される。メガホンを取ったのは、自身長編映画初監督となる、映像ディレクター土屋貴史。Perfume、ゆずなどのMVを手掛けている。

主演にはオーディションを勝ち抜いた笠松将。向こう意気の強さと脆い雰囲気を兼ね備え、役への熱量と圧倒的なパフォーマンスで主人公吉田を見事に演じ切る。
他にも大西礼芳、岡本智礼を始めとするフレッシュなキャスト達が魅せる渾身の演技は観る者たちの心を揺さぶる。
監督はミュージック・クリップやCMで数々の受賞歴を持ち、「Perfume」や「水曜日のカンパネラ」「ゆず」「Björk」など多くのアーティストのMVを手掛ける映像ディレクター土屋貴史。長編映画初監督作とは思えない、その計算し尽くされた抒情的な映像美、独特のリズム、大胆なカメラワークなど新しい映画作家の誕生を感じさせる。
原案は、2000年代から今日に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティスト・SEEDAが2006年に発表し、多くのアーティストに影響を与えた日本のHipHopにおける伝説的アルバム「花と雨」。彼の自伝的なエピソードも交え、「現実と理想」「生と死」「アイデンティティの探求」など様々なテーマを通じて、“何者かになりたい”一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。
尚、本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースを、東京最高峰のMC・仙人掌が演技指導を担当し、観客が映画と一緒にドライブする本物志向の音楽青春映画が誕生した。

コメント

主演:笠松将
僕はこの作品と共に、一番に這い上がりたい。部室でSEEDAさんを先輩たちと聴いていた日々が懐かしいです。
親切な映画ではないかもしれません。物語を追うことより、目の前の出来事一つ一つを楽しんでもらえたら嬉しいです。
観た人によって見解が大きく異なる映画かなと思います。観終わった後の皆さんと早く話しがしたいです。

笠松将
笠松将 ©Timgallo

監督:土屋貴史
初めての長編映画に関わらず、可能性を見出してくれたSEEDA氏と完成公開まで推し進めてくれた関係スタッフに感謝したいと思います。
自分が監督するからには、偉大なアルバムであることはわかった上で、それを殊更に強調したり、それに寄りかかった映画に仕上げるのとは違うアプローチを考えました。なぜなら、そこには極私的な内容、描写の中に、若者の抱えている苛立ちや葛藤、普遍的なテーマが描かれていることに気づいたからです。解釈を強制するのではなく、観客自身がこの映画や主人公に対して能動的に自分を重ね合わせていけるような感覚を大切にしました。
また、当時それぞれが「花と雨」のアルバムを聴いた時のことを思い出して、時代の空気感と共に能動的に体験できるような作品になっているかと思っています。
この映画では、本当の自分の気持ちがわからなかったり、自分を変えようと願ったことがある人間が、世界の抑圧から自由になる瞬間を描いています。一人の若者が自分が何者かを探し、不器用ながら本当の自分を見つける手掛かりを得て、初めて自分や自分の周りの世界を把握します。同時に、成長することは常に何かを犠牲にすることでしかなし得ないということにも気づくのです。

土屋貴史
土屋貴史

映画『花と雨』

【STORY】
幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hop への情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか?
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか・・・。

出演:笠松将
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐
つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督:土屋貴史 原案:SEEDA・吉田理美 脚本:堀江貴大・土屋貴史 音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS
製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S. 配給:ファントム・フィルム
(C)2019「花と雨」製作委員会
公式サイト:Phantom-film.com/hanatoame/

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

プロフィール

笠松将
1992年11月4日生まれ。主な出演映画に 2017 年は『デメキン』(山口義高監督)、『カランコエの花』(中川駿監督)、『リベンジ girl』(三木康一郎監督)。18年は『このまちで暮らせば』(高橋秀綱監督)、『響-HIBIKI-』(月川翔監督)、『さかな』(神徳幸治監督)。19 年は『デイアンドナイト』(藤井道人監督)、『ラ』(高橋朋広監督)、『CAST:』(林響太朗監督)。テレビ『ウチの夫は仕事ができない』(17/NTV)、『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(18/CX)、『平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』(19/CX)、『向かいのバズる家族』(19/YTV)など多数。待機作に『おいしい家族』(ふくだももこ監督)、『転がるビー玉』(宇賀那健一監督)。

SEEDA
東京都出身。幼少期をロンドンで過ごす。バイリンガルスタイルのキレのあるラップでストリートの詩情を切り取り、早逝した姉への思いを歌ったアルバムのタイトル曲などを収録した記念碑的作品『花と雨』(2006)をはじめとして、これまで数多くのクラシックを生み出した。2009 年 12 月にリリースしたシングル「WISDOM」はオリコンデイリーチャートにて最高5位を記録、ウィークリーチャートでも8位と初のオリコン一桁台のランクイン。2010 年 8 月アルバム『BREATHE』をリリース。i-Tunes 総合チャート最高2位、オリコンインディーズチャート2位を記録した。SEEDAが生み出したフローとリリックは、それまでの日本のラップゲームを一変するものだといわれる。他に日
本のヒップホップのイノベーターとして、主に時の若手の楽曲を集めた MIX CD『CONCRETEGREEN』シリーズ(2006~)を DJ ISSO と制作、また現在では毎日更新の YouTube 番組ニートtokyo(2017~)を主宰するなど、楽曲以外のクリエイションの評価も高い。

SEEDA
SEEDA

監督:土屋貴史
1979 年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。フリーのディレクターとして TVCM や MV など数多くの仕事を手がける傍、様々なアーティストとのコラボレーションにより自主制作での映像作品を作り続ける。ジャンルを問わない表現手法により、これまで海外の短編映画祭やメディアアートフェスティバル、広告祭を中心に受賞、選出。美術展での大型映像作品や、VR、インスタレーションなども演出し、フィールドを超えた表現を得意とする。「花と雨」で長編商業映画デビュー。