YOSHI、菅田将暉、太賀の3人が覆面を被っている第1弾ティザービジュアルが話題となった映画『タロウのバカ』の公開日が、9月6日(金)に決定。同時に、特報映像と第2弾ティザービジュアルが解禁となった。

タロウのバカ

『タロウのバカ』は、『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの大森立嗣監督のオリジナル脚本による最新作。
この度、解禁された特報映像は、菅田将暉演じるエージがYOSHI扮するタロウに拳銃を向けて、まさにタイトルでもある「タロウのバカ」と言い放つシーンから始まる。
つづく大森監督のクレジットと共に回転する橋の映像から、ただならぬ緊張感が伝わってくる。
そして、「ぼく、学校に行ったことがないよ、生まれてから 1回も」「エージとスギオは、ぼくのことをタロウって呼ぶよ。名前の無いやつは“タロウ”だって。」というナレーションから、一度も学校に通ったことがないタロウのキャラクターが伝わる。
特報の後半、<目撃せよ 3人の少年を 常識を覆す 世界を壊し>というキャッチコピーが画面を横切りながら映し出される3人の姿。一瞬にも、永遠にも感じる10代の時間を、悩みもがきながら懸命に生きる彼らの感情が溢れる3人の台詞・・・暴力的なエージの「てめえ、あやまれよ!」、主人公タロウの「死んでもいいーよ!」、太賀演じるスギオの「セックスしようよ」。刹那的に生きる 3 人の過激な物語が期待できる映像だ。

また、第2弾ティザービジュアルは、特報のラストカットにもなっている3人が夜のプールに飛び込むシーンが写し出されている。
プールの中ではしゃぐ3人の楽し気な表情と、対照的に暗い夜空の深い闇、夜のプールの鮮やかな青色が印象的なビジュアルとなっている。そして、「すきってなに?」「しぬってなに?」というビジュアルのキャッチコピーおよび特報映像のタロウの台詞「好きってなに?だいたい分かるけど、ちゃんと教えてよ」からは、誰にも愛されたことがなく、“好き”という言葉の意味さえ知らないタロウのキャラクターが伝わってくる。

特報映像

映画『タロウのバカ』

あらすじ
主人公の少年タロウには名前がない。戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない。そんな“何者でもな
い”タロウには、エージ、スギオという高校生の仲間がいる。エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱
えているが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、
空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然
にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこと
となる・・・。

監督・脚本・編集:大森立嗣 音楽:大友良英
出演:YOSHI 菅田将暉 太賀 奥野瑛太 植田紗々 豊田エリー 國村隼
www.taro-baka.jp
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会
製作幹事:ハピネット、ハーベストフィルム 配給:東京テアトル

9月6日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー

タロウのバカ