秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン

ラグビーワールドカップ2019 TM 200日前イベント

ラッピングトレインはW杯終了まで運行予定

3月2日、埼玉県熊谷駅ホームにて、秩父鉄道車両のラグビーワールドカップ2019仕様のラッピングトレインの運行式が行われ、開催都市特別サポーターの矢島舞美(元ハロー!プロジェクト)らが出発式を行った。
このラッピングトレインは、埼玉県と熊谷市による今秋日本で開催するラグビーワールドカップ2019のPRの一環。秩父鉄道の車両を埼玉・熊谷会場など3種類のデザインでラッピングして運行する。(フォトギャラリー)

ラッピングトレインは、ラグビーワールドカップ終了まで、1日あたり3~4本の往復運行をする(運行ダイヤは日によって不定)。
外装だけでなく、内装もラグビーW杯仕様になっており、3両編成の各車両でデザインが違う。

ラッピングトレイン外装

秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン

秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン
さいたまっち/ニャオざね/コバトン

ラッピングトレイン内装

秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン

秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン

出発式では、富岡清・熊谷市長、大谷隆男・秩父鉄道代表取締役社長ら9名によるテープカットも行われた。
冒頭の挨拶で、富岡市長は、観光客がラッピングトレインで県北地域を観光したり、ラグビーワールドカップ2019の機運が高まることへの期待を述べた。
また、200人のファンも駆けつけていた矢島舞美も、「ラッピングトレインに乗った皆さんに、ラグビーワールドカップを知ってもらって、ちょっと観に行きたいなぁって思ってもらったら嬉しいなと思います。」と、ラグビーW杯の盛り上がりをPRした。

秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン

矢島舞美
開催都市特別サポーターの矢島舞美(元ハロー!プロジェクト)
秩父鉄道 ラグビーW杯2019ラッピングトレイン
ラッピングトレイン出発進行!(熊谷駅)

フォトギャラリー

DSC_7683.jpg
DSC_7677.jpg
DSC_7685.jpg
DSC_7689.jpg
DSC_7692.jpg
DSC_7706.jpg
DSC_7709.jpg
DSC_7722.jpg
DSC_7728.jpg
DSC_7732.jpg
DSC_7738.jpg
DSC_7754.jpg
DSC_7789.jpg
DSC_7809.jpg
DSC_7937.jpg
DSC_7945.jpg
DSC_7953.jpg
DSC_7962.jpg
DSC_7993.jpg
富岡清・熊谷市長
DSC_7999.jpg
DSC_8029.jpg
矢島舞美
DSC_8083.jpg
矢島舞美
DSC_8124-2.jpg
矢島舞美
DSC_8130.jpg
矢島舞美
DSC_8139.jpg
矢島舞美
DSC_8188.jpg
矢島舞美
DSC_8207-2.jpg
矢島舞美
DSC_8264.jpg
矢島舞美
DSC_8287.jpg
矢島舞美
DSC_8383.jpg
DSC_8396.jpg

[写真・記事:Jun Sakurakoji]

関連記事

オードリー春日ズッコケ除幕式。シクラメンによるライブも。ラグビーワールドカップ 2019™イベント