照屋年之監督長編2作目にして、世界各国で高く評価されている注目作!

沖縄の離島・粟国島を舞台に死者の骨を洗う風習・儀式を丹念に描いたヒューマンドラマ

「ガレッジセール」のゴリこと照屋年之が監督を務め、昨年のモスクワ、ニューヨーク、上海、ハワイ、済州など世界各国の映画祭でも笑いと感動で大きな話題と高い評価を受けている映画『洗骨』が1月18日(金)より沖縄県4館で先行公開が始まり、大ヒットを記録し、2月23日時点で沖縄県内の累計動員は3万6千人を突破し勢いは止まらない。
1月18日以降、5週連続で沖縄県内の観客動員№1を記念し、2月23日(土)に、ミハマ7プレックス、シネマライカム、シネマQ、サザンプレックスの4館にて大ヒット御礼の舞台挨拶が開催された。シネマQでは上映後に照屋監督をはじめ奥田瑛二、水崎綾女、大島蓉子、主題歌も担当した古謝美佐子、さらには子役の内間敢太、外間心絢も駆けつけた。

『洗骨』沖縄大ヒット御礼記念舞台挨拶

照屋年之監督、奥田瑛二、水崎綾女、大島蓉子、古謝美佐子らが登壇!

日程:2月23日(土)
場所: ミハマ7プレックス、シネマライカム、シネマQ、サザンプレックスの4館にて実施
登壇者:照屋年之監督、奥田瑛二、水崎綾女、大島蓉子、古謝美佐子、内間敢太、外間心絢

映画『洗骨』

“洗骨”とは、沖縄の離島などごく一部にいまなお残っている、死者を風葬し、骨になった数年後にもう一度、お墓から遺骨を取り出し、親族・縁者たちが洗うという風習。
上映後、満員の会場から拍手喝采で迎えられた照屋監督は「本当に、沖縄で5週連続1位になるなんて思ってもみませんでした。そして6週目の今日もこんなにも多くのお客様に来ていただけて感激です。沖縄のお客様がこの映画を温かく受け入れてくれて、この映画を観たお客様が他の方に勧めて頂いて、こうした結果につながりとても嬉しいです。沖縄初日、満員御礼、本日と3回舞台挨拶を行いましたが、また沖縄に戻って来れるよう引き続き応援お願いします!」と挨拶、拍手が巻き起こった。

映画『洗骨』
照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)

続けて奥田瑛二さんは「5週連続1位というのは大変なことだ。この映画が本物であった、ということの証です。沖縄人に見えるか本当に不安だったが、こうして受け入れて頂き、大変嬉しいです」と語り、「映画本編と違ってカッコいいでしょ?」と観客を沸かせた。

映画『洗骨』
奥田瑛二

水崎綾女さんは「こんなにたくさんの方にお越し頂き本当に励みになっています。撮影中は、いい映画になる予感はあったけど、沖縄県外の役者たちが沖縄の役を演じたので、こうして受け入れて頂き、感無量です」と挨拶。
続いて、子役の外間心絢ちゃんは「小鳥役の外間です」と健気に挨拶。外間敢太くんは「初めての演技で緊張したが監督のおかげで頑張れた」とスピーチ。会場を和ませた。
大島蓉子さんは「大島蓉子です!こんにちは!」と元気に挨拶。「みなさんがこの作品を愛して下さったおかげでまた沖縄に来れました。私は5回鑑賞していますので、みなさんも何度も観て下さい」とアピール。続いて古謝美佐子さんは「私も3回、娘、孫と観に来ました。もっと観ますのでみなさんもぜひ」と語った。

照屋監督は、この映画の主題歌に「童神」が使用されたエピソードを披露。「“童神”の歌詞も母親が子を思う唄ですが、この映画の中で亡くなった母親の恵美子が息子の剛や娘の優子へのメッセージにも聴こえる。さらに新しく産まれた命、子どもに対して大人たちが愛を歌っているようにも聴こえるし、いろんな解釈ができる。エンドロールが流れると席を立つお客様が多いが、この映画は誰も席を立たず「童神」を聴いてそれぞれ色んな思いを馳せているんではないかと思います。本当にありがとうございます。」と改めて古謝美佐子さんに感謝の気持ちを明かした。
奥田瑛二さんは「沖縄と太陽と風と、木の葉のゆれる音…。ふらっと散歩に出て沖縄の自然を感じることで、ナチュラルに信綱でいさせてくれた」と語り、「とても楽しい撮影現場だった」と振り返った。

舞台挨拶の最後に古謝美佐子さんによる主題歌「童神」のパフォーマンスが、観客へのプレゼントとして披露され、映画の余韻も重なり、号泣する方も多く見られ、大盛況のうちに舞台挨拶は終了した。

映画『洗骨』
古謝美佐子

映画『洗骨』

Story

洗骨――。今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島では西側に位置する「あの世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と別れを告げることになる。
沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4 年ぶりに故郷・粟国島に戻ってきた。
実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、妻の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来 るが、優子の様子に家族一同 驚きを隠せない。様々な人生の苦労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つになるはずの“洗骨”の日まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?

出演:奥田瑛二 筒井道隆 水崎綾女 / 大島蓉子 坂本あきら 山城智二 前原エリ 内間敢大 外間心絢 城間祐司 普久原明 福田加奈子 古謝美佐子
鈴木Q太郎 筒井真理子
監督・脚本:照屋年之 音楽:佐原一哉 主題歌:「童神」(歌:古謝美佐子)製作総指揮:白岩久弥 製作:藤原 寛 小西啓介 宮崎伸夫 武富和彦
エグゼクティブ・プロデューサー:片岡秀介 プロデューサー:高畑正和 小西啓介 協力プロデューサー:飯田雅裕 具志堅 毅
アシスタントプロデューサー:南 陽 ラインプロデューサー:金森 保
撮影:今井孝博(J.S.C)
照明:鳥越博文
録音:横澤匡広
美術:木下沙和美
装飾:石上淳一
ヘアメイク:荒井ゆう子
スタイリスト:むらたゆみ
キャスティングディレクター:杉野 剛
沖縄コーディネート:鳥越一枝
編集:堀 善介
音響効果:佐藤祐美
助監督:丸谷ちひろ
制作担当:刈屋 真 柴野 淳
宣伝協力:新垣尊大 須藤淳子 平野誠也
スペシャルサンクス:粟国村 粟国村の皆さん
制作協力:キリシマ1945
制作プロダクション:ファントム・フィルム
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:『洗骨』製作委員会(吉本興業 ファントム・フィルム 朝日新聞社 沖縄タイムス社)
配給・宣伝:ファントム・フィルム(C)『洗骨』製作委員会
2018/日本/カラー/スコープサイズ/上映時間111分
公式HP:senkotsu-movie.com

丸の内TOEIほか全国にて大ヒット上映中!

洗骨