謎の覆面!顔が見えない3人の少年

大森立嗣監督『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』
渾身のオリジナル脚本による超過激な問題作

ティザービジュアル解禁

タロウのバカ

大森立嗣監督が、15 年余り温めてきた自身の脚本によるオリジナル最新作『タロウのバカ』が今秋、テアトル新宿ほかにて公開となる。
大ヒットロングラン上映中の『日日是好日』や、2月22日に公開を控える次作『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』とは真逆のイメージに振り切った、集大成的な作品。大森は自身で監督・脚本・編集を務めた。
この度、本作『タロウのバカ』に日本映画界を牽引する実力派俳優の菅田将暉と太賀が出演していることが明らかになった。
合わせて解禁されたティザービジュアルは奇妙な覆面を被った3人の少年の姿が写し出されている。
既に発表済みの主演 YOSHI(ヨシ)を含め、菅田将暉、太賀の顔は見えない。
不穏な空気が漂う3人の少年の佇まい。少年の手には鉄パイプや拳銃らしき物が見える。そもそも彼らは何者なのか?
ただならぬ事態が巻き起こりそうな予感が伝わってくるビジュアルだ。
本作は少年タロウの物語。彼は生まれてから一度も学校に行ったことがない。自分の年齢すら知らない。
母親、家族、社会。タロウは誰からも振り向かれない。それでも自由に生きている。
そんなタロウは年上の少年エージ、スギオと出会い、初めて「世界」を知ることになるが・・・。

主人公タロウ役は大森立嗣監督が 300人以上の候補者の中から大抜擢した異端児YOSHI。
撮影当時若干15歳のYOSHIは初めての演技ながら、菅田&太賀と堂々と渡り合い、鮮烈な映画デビューを果たした。
YOSHI自身の自由奔放なキャラクターとも重なる“タロウ”は、唯一無二の存在としてスクリーンで輝きを放っている。
タロウに慕われ、共に行動するエージ役に菅田将暉、スギオ役に太賀が扮している。
彼らの役柄はまだ詳しくは明らかにされていない。
今回解禁となったインパクトある覆面ビジュアルおよび「世界を壊し常識を覆す3人の少年を目撃せよ」というキャッチコピーの強烈なイメージ。
世界を挑発する問題作『タロウのバカ』は今秋、テアトル新宿ほかにて公開となる。

映画『タロウノバカ』
監督・脚本・編集:大森立嗣
出演:YOSHI、菅田将暉、太賀
公式サイト:www.taro-baka.jp (開設前)
製作幹事:ハピネット、ハーベストフィルム
配給:東京テアトル
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

今秋、テアトル新宿ほかにて公開予定