「イエローハット 全国交通にゃん全運動」キャンペーン

2月22日(金)「猫の日」に向けて全国の猫の交通安全を願う!

〜猫の交通安全を願って生まれたキャラクター「ハットにゃん」が一斉啓蒙!〜

京都大学の藤田和生教授が率いる動物心理学研究チーム「CAMP-NYAN」と共同制作した「猫専用の交通安全動画」が公開された。猫がより興味を示すよう、楽曲は猫の可聴領域を使用して猫が興味を持つよう工夫したという。

猫ブームの中、猫の交通事故が増えている!

2018年のInstagramでの日本におけるハッシュタグの第1位が「#猫/#ねこ」となるなど、近年猫の人気が高まっている。
その一方で、環境省が2018年に発表した「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」によると、2017年度の負傷した猫の収容数は11,884頭にのぼり、負傷した犬の収容数(816頭)を大きく上回っている(交通事故以外が原因の負傷も含む)(※1)。

今回公開された「猫専用交通安全動画」は、「イエローハット 全国交通にゃん全運動」キャンペーンとして、“事故に遭いやすい猫でさえも安全に暮らせるクルマ社会”の実現を後押ししすることを目的としている。

「イエローハット 全国交通にゃん全運動」キャンペーンサイト
http://www.yellowhat.jp/campaign/201902/catday_cp.html

※1:犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(2017年度)

完全猫目線!「猫専用交通安全動画」

猫専用交通安全動画 猫専用交通安全動画

猫専用交通安全動画 猫専用交通安全動画

字幕版

字幕無し版で猫の気持ちで見よう!

動画ストーリー

誰もが見たことのある交通安全ビデオのフォーマットで、教官猫が生徒たちに“なぜ猫は交通事故に遭いやすいのか”を解説していきます。
生まれ持った狩猟本能によって、獲物を追いかけているうちに車道に飛び出してしまう。
通勤ラッシュで自動車の交通量が増える薄明薄暮の時間帯に活発になる習性を持っている。
また、大きな音や光に敏感な故に、自動車のクラクションやハイビームに驚いて立ち往生してしまうケースも多い。
猫の生徒たちにそうした危険を伝えながらも、飼い主やドライバーである私たち人間に向けて交通安全を訴えかける内容になっています。

効果あり!「猫カフェMOCHA」で猫10匹に試写会を実施!

全国に12店舗展開する「猫カフェMOCHA」で猫10匹に試写会を実施したところ、ほとんどの猫がジ~っと集中して見つめており、3匹くらいがモニターに近づいて一緒に体を動かすような反応をしていました。
カフェ定員さまからは「遠目からでも結構(映像を)見ていたし、猫たち、みんな気にしていましたね!」というコメントをいただきました。

「猫カフェMOCHA」で猫10匹に試写会

猫がより興味を示すため、超音波や猫のサウンド素材などを楽曲に使用!

「猫専用の交通安全動画」の楽曲は猫の可聴領域(60Hz~100kHz)を活用し、獲物であるネズミがコミュニケーションしているような人間の可聴領域外のサイン波効果音を入れ込んだ。
また、飼い猫でテスト検証の結果、鳥の鳴き声やネズミの鳴き声、子猫の鳴き声などに反応することが分かったので、Aメロにカラスの鳴き声、Bメロに鳥のさえずり、終盤にネズミの鳴き声などを入れ込み、さらに猫の鳴き声は、様々な感情のものを数十パターン使用(子猫、甘えた声、悲しい声、テンション高い声、威嚇など)している。
特にサビの部分には一番反応の良かった生まれたての猫の鳴き声を使用。
猫の注意を引き、飽きさせない楽曲やボーカルを駆使している。

猫専用交通安全動画

全国のイエローハット各店舗で先着30名様に交通安全ステッカーをプレゼント

当交通安全にご賛同頂いた方に人とクルマが安心して暮らせる社会を願って作られたマスコットキャラクター「ハットにゃん」がデザインされた猫の交通安全ステッカーをイエローハット各店舗で先着30名様にプレゼント。店頭スタッフまで。

※店頭で商品をご購入頂き、当運動にご賛同頂いた方が対象。
※ステッカーはホログラム仕様となっており、実際のデザインと異なる場合あり。

■配布日 : 2019年2月22日(金)~ ※無くなり次第終了
■特設ページ:http://www.yellowhat.jp/campaign/201902/catday_cp.html

さらに、2月22日(金)~2月25日(月)の4日間、店頭でのお買物時に「SDカード」をご提示頂くと「ハットにゃん プラカップ」をプレゼント。

ハットにゃん プラカップ
ハットにゃん プラカップ