地方活性化の新しい取り組み。アンテナ型2.5次元舞台『四十七大戦』

47都道府県のゆる神様たちが次の「首都」を争う都道府県擬人化バトルを描いたマンガ『四十七大戦』。
「WEBマンガ総選挙2018」で見事1位に輝いたことを受けて、舞台化が決定。その第1弾として、鳥取編が2019年10月下旬頃より公演されることが発表された。音楽は『カメラを止めるな!』の永井カイル。
2月3日、都内で行われた記者発表会には、鳥取県平井知事と、同県ゆるキャラのトリピーも応援に駆けつけ、舞台を見た人が鳥取に訪れたくなるような取り組みをしていきたいと抱負を語った。

首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-
後列:石井マーク(声優)/菊地燎(声優)/永井カイル(音楽)/NAO-G(音楽制作)/下浦貴敬(ffice ENDLESS) /川口比呂樹(C&R製作) 前列:小野早稀(声優)/小前孝夫(大山乳業)/鳥取県平井知事/内田幸男(エミネット)/吉田沙和香(アース・スター エンターテインメント)/トリピー

『四十七大戦』とは

47都道府県のゆる神様たちが次の「首都」を争う都道府県擬人化バトルを描いたマンガ『四十七大戦』。WebマンガNo.1をみんなで決める「WEBマンガ総選挙2018」では、総投票数705,716票より133,608票を獲得して見事1位を受賞した作品。
2月3日に都内で開催された同作の公式ファンイベント「『四十七大戦』首都圏会議」のチケットは発売開始後、早期に完売してしまうほどの人気ぶりを見せている。

アンテナ型2.5次元舞台「首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-」

「首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-」は、2019年10月下旬~11月上旬に東京および鳥取の2ヵ所で公演される。
キャストは、3月にオーディションを実施し、マンガ『四十七大戦』第1話~第5話に登場する各キャラクターの県出身の役者を選出する予定。
また、舞台制作はカプコンの人気ゲーム『戦国BASARA』の舞台化を手掛け今年10周年を迎えるOffice ENDLESS、音楽制作は昨年空前の大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!」の劇中曲を手掛けたZIPANG ENTART所属の永井カイル氏と、強力な布陣でマンガ『四十七大戦』を舞台化していく。
各地の県民性や特産品などを反映した各都道府県の「ゆる神さま」たちの首都の座をめぐる戦いは、いかにして舞台で表現されるのか…。
C&R社は、舞台芸術の持つチカラで、マンガ『四十七大戦』やそこに登場する各キャラクター、そして各地域の魅力を存分に発信しながら、舞台化に取り組んでいくという。

キャストはそれぞれの出身県役者から選出。一般オーディションも。

C&R社舞台芸術事業部 プロデューサー・川口比呂樹(製作)
『四十七大戦』ということで他の演劇との差別化するために、キャストはそれぞれの出身県役者から選出します。
郷土愛を持った役者が演じるということで、その地域の方言・訛りをしゃべれるような役者さんを。
また、キャラクターによっては一般オーディションも開催予定です。
9月にまず東京公演を行い、そこで演劇と共に鳥取の魅力をアピール。そして、翌月の鳥取公演には地方から人が集まってくることを目指す、アンテナ型2.5次元舞台として取り組みます。

舞台化は、豚・イカ?

– 鳥取県が主役であるマンガ『四十七大戦』の舞台化について

平井伸治 鳥取県知事
ほんとに感謝の極みです。
正直申し上げて、スタバは無いけど砂場があると申し上げてきましたが、スタベちゃん(原作コミックに登場する、大企業スターベックスのゆる神)というキャラクターが出てくるマンガということで訳が分からないですよね。
そして今度舞台化するということで、これまたびっくらコンでございます。
考えてみたら、私ども鳥取県は他にもいろんな名物がございまして、例えば、“大山ルビー豚”のような豚もあればですね、日本海のイカも名物でございます。
そういう意味で私達、“豚・イカ(舞台化)”でございますから、舞台化は鳥取県としても大歓迎でございます(笑)トリピーも喜んでます!

首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-
平井伸治 鳥取県知事

“アンテナ型2.5次元舞台”とは

– 東京公演に続き、鳥取県で2.5次元舞台を上演することについて

平井伸治 鳥取県知事
私たち鳥取県という日本で一番小さな県が実は全国を制覇できるんじゃないか、小さくても頑張れるんじゃないか。そんな勇気を与えていただきました。地域をあげて歓迎を申し上げたいと思いますし、この舞台化に向けまして、新宿の劇場に来られた方に、カニやあるいは鳥取の旅をプレゼントしたいと思います。
また、鳥取に来られるお客様にも素敵な思い出作りができるように私たちも一生懸命協力をしてまいりたいと思います。

– どのように鳥取をアピールしていきたいですか?

平井伸治 鳥取県知事
今日もファンイベントがありましたが、女性を中心とした熱狂的なファンの皆さんがいらっしゃいます。
そういう方々はいわば、都道府県のお国自慢のようなものを楽しまれる感性を持った方々と思います。
ですから、鳥取県を楽しんでいただけるようなものを会場に用意したいですし、鳥取県・島根県の山陰両県内を巡り歩いていただけるようなそういう仕掛けを考えていきたいと思います。
原作コミックの最初では、鳥取さんと島根さんがバトルし、松葉ガニや出雲大社が武器として登場しますが、その後のドラマの展開ではこの両者が対になっていきます。
そういう意味でも、山陰両県を巡り歩いていただけるようなそんなきっかけ作りにでもなればと思います。

トリピー!!

– トリピーはコミックの本編にも登場してますが、今回の舞台化についてはいかがでしょうか?

首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-
トリピー

原作者・一二三先生のコメント

– 今回の舞台化について原作コミック著者の一二三さんはどのようにおっしゃってますか?

代読:アース・スター エンターテインメント広報・吉田沙和香
「たくさんの方の応援のおかげでここまで来れたことはありがたい気持ちでいっぱいです。
舞台の長所は上演地域との繋がりを反映できることなので、それぞれの地域に寄り添った、その地域で見るからこその面白さを是非劇場で発見していただければ嬉しいです。今後ともどうぞ応援よろしくお願い致します。」

原作者の愛を感じた

平井伸治 鳥取県知事
この原作マンガを拝読して、私たちは一二三先生の愛情を感じました。
一二三先生の眼差しの向こうには日本のそれぞれの地域が小さいとか、あるいは人口が少ないとか、そういうことだけじゃなくて、特産品やあるいはそれぞれの県民性などの魅力がいっぱいだから、お互いに競い合って、良い日本を作ってくださいというメッセージを感じました。
だからこそ、これは私たち鳥取県としても応援したいと思います。

首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-
平井伸治 鳥取県知事/トリピー
音楽担当・永井カイル氏(映画『カメラを止めるな!』で日本アカデミー賞 最優秀音楽賞ノミネート)

首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-

公演期間:2019年10月下旬~11月上旬
場所:
東京会場:SHINJUKU FACE(東京・新宿)
鳥取会場:鳥取県立生涯学習センター 県民ふれあい会館(鳥取市)
キャスト:未定(各キャラクターの県出身の役者を選出予定)
*3月に行うオーディションにより決定
音楽制作:ZIPANG ENTART代表取締役・MC STARRING a.k.a. NAO-G
音楽:ZIPANG ENTART所属 永井カイル
登場キャラクター:
・鳥取さん(主人公)
・島根さん
・スタベちゃん
・山口さん
・岡山さん
・広島さん
ストーリー:山陰山陽編(第1話~5話)
・鳥取さんVS島根さん
・鳥取さん&島根さんVS山口さん
・鳥取さん&山口さんVS岡山さん
・鳥取さん&島根さんVS広島さん
劇中曲:永井カイル(ZIPANG ENTART所属)
公式サイト:http://officeendless.com/sp/47taisen/

首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-
©舞台「四十七大戦」製作委員会 原作「四十七大戦」(作:一二三/アース・スター エンターテイメント刊)

『四十七大戦』ファンイベント

同日、『四十七大戦』のファンイベントも行われた。

マンガ『四十七大戦』コミックアース・スターにて連載中

(第1話、最新話など、無料配信中)
https://www.comic-earthstar.jp/detail/taisen/

©Hifumi 2016
©Hifumi 2016
©Hifumi 2016
©Hifumi 2016

[写真・記事:Jun Sakurakoji]