“子ども食堂”が必要とされる現代社会を子どもの視点から描いた物語。

こどもしょくどう

3月23日全国ロードショーの映画『こどもしょくどう』の予告編が、俵万智作詞の主題歌とともに解禁となった。
本作は、豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いたもの。

今や全国3,000か所以上まで広がったと言われる子ども食堂をテーマに、『火垂るの墓』の日向寺太郎監督と、『百円の恋』の足立紳の脚本で、社会は子どもの純粋な想いから変わるかもしれないという希望を描いた、子ども食堂が誕生するまでの物語。

ダブル主演の藤本哉汰、鈴木梨央らの瑞々しい姿、定食屋を営むユウトの両親を演じる吉岡秀隆と常盤貴子の温かい眼差しが心を打ちつ。

このたび解禁された予告編は、藤本哉汰演じるユウトが、鈴木梨央演じる車中生活を送るミチルと出会い、傍観者に過ぎなかった自分の中に芽生えた葛藤や、親たちの戸惑いが描かれ、大人に一石を投じるべく、子どもたちが自ら行動を起こす健気な姿が描かれている。

そして、予告編に流れる主題歌「こどもしょくどう」は、俵万智が作詞した印象的な“食べることは、命”というフレーズが、主題歌を歌う古川凛と田中千空の元気いっぱいの歌声とともに、まっすぐ観客の心に届く仕上がりとなっている。
俵さんは、「作詞にあたっては、私自身は作詞のプロではありませんので、率直にこの映画から受けた感情を大事にしたいなと思いました。食べるという命に直結する行為で、大人から子供、社会が繋がっていく姿が素晴らしいと感じました。なのでそこに焦点を絞りつつ、自分自身の感想・感動、この映画からもらったものを自分なりに言葉でお返しする、そんな気持ちで歌詞を書きました。(俵万智さん談)」と作詞について語っている。

映画『こどもしょくどう』

予告編動画

“食べることは、命”俵万智作詞の主題歌にも注目!

ストーリー

小学5年生のユウトは、食堂を営む両親と妹と穏やかな日々を送っていた。
ある日、父親と車中生活をしている姉妹と出会ったユウトは、両親に、二人にもごはんを作ってあげてと頼んだ。
数日後、姉妹の父親が失踪してしまう。
ユウトは幼馴染のタカシと共に、姉妹と意外な行動に出始める・・・。

出演:藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空/降谷建志、石田ひかり/常盤貴子、吉岡秀隆
監督:日向寺太郎 脚本:足立紳、山口智之
撮影:鈴木達夫 照明:三上日出志 美術:丸山裕司 録音:橋本泰夫  編集:川島章正
音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)
主題歌:「こどもしょくどう」作詞/俵万智 作曲/谷川公子 編曲・演奏/Castle in the Air
製作:パル企画/コピーライツファクトリー/バップ 配給:パル企画 (C)2018「こどもしょくどう」製作委員会
オフィシャルサイト:https://kodomoshokudo.pal-ep.com

3/23(土)~岩波ホール2週間先行上映ほか全国順次ロードショー

こどもしょくどう