2019年1月19日公開映画『かぞくわり』の場面写真が解禁となった。
本作は、奈良県発の映画で、奈良県で映画を作り続けている映画監督・塩崎祥平が、「死者の書」(折口信夫著)、そしてそれを原作として作られた川本喜八郎監督の人形アニメーション映画『死者の書』のふたつをヒントに作り上げられた。
日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡なある家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する注目映画だ。

映画『かぞくわり』

主演は元宝塚歌劇団宙組のトップ娘役を務め、『駆込み女と駆出し男』、『チア☆ダン』等話題作に出演している陽月華。今回は満を持して映画初主演。
さらに『アウトレイジ』シリーズ、『サバイバルファミリー』の小日向文世、『花戦さ』、『聖の青春』の竹下景子の名優達が夫婦役で出演している。
監督は、奈良県で地元に根ざした映画製作を精力的に行なっており、前作『茜色の約束』で関西䛾動員 2万人以上というヒットをとばした新鋭・塩崎祥平。今作が6年ぶりの新作映画となる。

今回解禁となった場面写真は、神秘的な場所で佇む主人公・香奈(陽月)、闇夜の中、もの憂げにハンドルを握る健一郎(小日向)、着飾っていながらも鬼気迫る表情で暁美(佃井)を見つめる松子(竹下)など。

映画『かぞくわり』

映画『かぞくわり』
さらに国宝の當麻寺、大神神社など、映画至上初の撮影が許された貴重な場面写真も同時解禁。
1400年以上の歴史を誇る国宝當麻寺で、これまで映画では撮影されていなかった本堂内部、そしてそこに奉られている曼荼羅絵の撮影を行っている。

場面写真ギャラリー

sub02-s.jpg
sub03-s.jpg
sub04-s.jpg
sub05-s.jpg
sub06-s.jpg
sub07-s.jpg
sub08-s.jpg
sub09-s.jpg
sub10-s.jpg
sub11-s.jpg
sub12-s.jpg
sub13-s.jpg
sub14-s.jpg

映画『かぞくわり』

物語

堂下香奈、38歳。画家になる夢を挫折し、両親の元で無気力な生活を送っていた。
ある日、妹の暁美と娘の樹月が家に住み着き、香奈を軽蔑したことで堂下家の生活が一変する。
家に居づらくなった香奈は神秘的な男性と出会い、ふたたび絵を描くようになった。
絵に没頭するようになり、香奈が内に秘めていた魂が解き放たれる時、家族、そして奈良の街に危機が降り掛かる−−−。

キャスト・スタッフ

陽月 華
石井 由多加 佃井 皆美 木下 彩音 松村 武 今出 舞 星能 豊 小日向 えり 関口 まなと 高見 こころ 雷門 福三 国木田 かっぱ
竹下 景子 小日向 文世
監督・脚本:塩崎祥平
音楽:Slavek Kowalewski 主題歌:花*花「額縁」(Ten Point Label)
撮影:早野嘉伸 照明:杉山文朗 美術:橋本泰至 録音:出口藍子 サウンドデザイン:石井ますみ 編集:目見田健 VFX:東海林毅
音響効果:中村佳央
助監督:高田眞幸
ヘアメイク:笨田ゆかり 近藤美香(竹下景子)
衣装:斎藤安津菜
音楽協力:大倉源次郎
スチール:かしわだにたかし
プロデューサー:弓手研平
キャスティングプロデューサー:近藤芳憲
ラインプロデューサー:馬場麻紀
LLP プロデューサー:田中敏彦 佐藤聞雄
特別協賛:株式会社みぞえ画廊
協賛:セントラル画材株式会社 ホルベイン株式会社
企画製作:かぞくわり LLP
配給:日本出版販売
宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
制作:PKP
【2018 年/日本/アメリカンビスタ/5.1ch/129 分】
©2018 かぞくわり LLP
公式サイト:http://kazokuwari-llp.com

1月19日(土)有楽町スバル座・TOHO シネマズ橿原ほか全国順次公開!