来場者には特製描き下ろしポストカードをプレゼント(東京会場)。大ヒット映画の原作の魅力を存分に味わおう!

昨年度、由緒ある映画賞「キネマ旬報ベスト・テン」の「日本映画 第1位」に輝き、「日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞」を受賞、いまだロングラン上映中のアニメーション映画「この世界の片隅に」。その原作者である、漫画家・こうの史代が描いた『この世界の片隅に』(双葉社)の原画展が大阪と東京で開催される。
 

◆大阪会場
『こうの史代 作品展~デビュー作から「この世界の片隅に」 そして話題の作品たち~』

期間:2017年4月26日(水)~5月9日(火)
時間:10:00~19:00(最終日は15:00閉場)
会場:近鉄百貨店上本町店9階催会場(大阪市天王寺区上本町6-1-55)
料金:大人500円、学生300円
URL:http://www.d-kintetsu.co.jp/store/uehonmachi/

大阪会場では、こうの史代ならではの柔らかく美しいカラーイラストや情感溢れるタッチで描かれたマンガ原稿など原画200点以上展示。『この世界の片隅に』はもちろん、デビュー作『街角花だより』や、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した『夕凪の街 桜の国』、復興に向けて歩む東日本をニワトリの視点で描く『日の鳥』など、話題の作品がずらりと展示。

◆東京会場
『こうの史代「この世界の片隅に」原画展』

※入場特典として描き下ろしポストカードをお渡し
期間:2017年5月13日(土)~5月30日(火)
時間:11:00~21:00(最終入場20:30)
※最終日のみ18:00まで(最終入場17:30)
会場:タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI(東京都渋谷区神南1-22-14)
料金:(税込)800円(未就学児は無料)
URL:http://www.futabasha.co.jp/introduction/konosekai/

東京会場では、こうの史代ならではの柔らかく美しいカラーイラストや情感溢れるタッチで描かれたマンガ原稿など原画130点以上に加え、作品制作への取り組みが伺える取材ノートや手作り年表、使用した画材道具など貴重資料が展示される大ボリュームの展示会。さらに、展示だけでなく、記念グッズや原画を忠実に再現した直筆サイン入りアートグラフ(高画質デジタル複製画)の販売も実施される。

【展示内容(東京)】
・原画展示
・作品資料展示
・記念グッズ販売
・直筆サイン入りアートグラフの販売※数量限定

【記念グッズ販売(東京)】
販売グッズ一覧(予定)※いずれも税込価格
○図録 1,500円
○大きな缶バッチ500円
○缶バッチセット850円
○クリアファイルセット(2枚入り)2種 各800円
○ポストカードセット(4枚入り)750円
○トートバック2,600円
○Tシャツ2種 各4,000円
○直筆サイン入りアートグラフ4種 30,000〜40,000円※送料別途
○版上サイン入りアートグラフ4種 12,000円※送料別途

■『この世界の片隅に』について
こうの史代「この世界の片隅に」は、戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマで、主人公・すずが広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑いながらも、一日一日を確かに健気に生きていく様を真摯に描いた感動の物語。
昨年11月に公開された本作のアニメ映画は大ヒットを記録し、日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞受賞、さらに、監督片渕須直氏の芸術選奨・映画部門・文部科学大臣賞受賞と高い評価を集めている。
原作である本作も2009年に「第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」受賞など評価の高い作品。
  
※『この世界の片隅に』©こうの史代/双葉社