ポルトの恋人たち
中野裕太/柄本 佑/舩橋淳監督

11月10日、ポルトガル・日本合作映画『ポルトの恋人たち~時の記憶』の初日舞台挨拶が行われた。
主演は柄本佑(妻・安藤サクラ、父・柄本明、母・角替和枝)。元々ポルトガルが好きだったという柄本佑は、日本とポルトガルでは時間の流れた方が違うと、撮影時を振り返った。
本作は、18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、3人のキャストがそれぞれ一人二役に挑んだ異色のラブミステリー。(動画&フォト)

ポルトの恋人たち〜時の記憶

過去と現在をつなぐ物語。これはデジャヴュ、それとも……。

物語

物語の舞台は、リスボン大震災後のポルトガルと東京オリンピック後の日本。
乗り越えられない境遇―境界線(ルビ:ボーダー)によって引き裂かれ、その挙げ句に恋人を殺害された女が、その恨みを晴らすために選んだ手段は、想像もつかないものだった・・。
18世紀と21世紀。登場人物の立場は時代によって微妙に入れ替わりながらもほとんど同じプロットが反復され、デジャブのように交差し、やがて愛憎の不条理に引き裂かれた人間の業をあぶり出してゆく。

ポルトの恋人たち〜時の記憶
出演:柄本佑、アナ・モレイラ、アントニオ・ドゥランエス、中野裕太
製作:Bando á Parte, Cineric, Inc., Office Kitano
プロデューサー:ロドリゴ・アレイアス、エリック・ニアリ、市山尚三
脚本:村越繁
撮影:古屋幸一
編集:大重裕二
音楽:ヤニック・ドゥズィンスキ
監督・脚本・編集:舩橋淳
配給:パラダイス・カフェ フィルムズ
配給協力:朝日新聞社
協力:ポルトガル大使館
PG-12
公式サイト:porto-koibitotachi.com
【2018/日本=ポルトガル=アメリカ/139分/シネスコ/5.1ch】
(C)2017『ポルトの恋人たち』製作委員会

ポルトガルと日本の時間の流れ方の違い

本作はポルトガルでもロケが行われ、ポルトガル人キャストのアナ・モレイラは、「日本とポルトガルとの仕事の進め方の違いにショックというか驚きを覚えた。」と撮影時のことを振り返っている。
日本の場合、1日に7シーンとか詰め込んで撮影するのが通常だそうだが、ポルトガルでは、撮影の準備にカフェしながら1時間とか、ゆったりと作業するので、結果的に日本のペースの半分くらいになるという。

柄本佑も、中野裕太もポルトガルロケでは、スタッフが皆ポルトガルの方々だったせいもあり、それに馴染んでしまい、日本側スタッフを困らせたとも。
また、中野裕太は本作のためにポルトガル語を習得し、そのおかげもあって現地の女性からモテモテだったとも舩橋監督は明かした。

“大和スピリット!” 下駄を履いて再訪したポルトガル

新婚旅行でポルトガルに行ったほど、もともとポルトガル好きだった柄本佑。本作のオファーは、「ポルトガルに行ける!」ということで受けたそう。
ただ、撮影で現地入りする時、下駄を履いていったという。その際、フランクフルトのトランジットで、金属探知機はパスしたものの、「これはなんだ」と空港職員に言われ騒動になってしまったそう。それでも「大和スピリットだ」と堂々としていたら「変な日本人がいる!」と大笑いされたというエピソードも披露した。

ポルトの恋人たち
柄本 佑
ポルトの恋人たち
中野裕太
ポルトの恋人たち
舩橋淳監督
ポルトの恋人たち
アナ・モレイラ(11月3日)

ポルトの恋人たち

舞台挨拶動画

フォトギャラリー

DSC_8803.jpg
DSC_8799.jpg
GEN_4427.jpg
DSC_8704.jpg
柄本佑
DSC_8706.jpg
柄本佑
DSC_8727.jpg
柄本佑
DSC_8732.jpg
柄本佑
DSC_8740.jpg
中野裕太
DSC_8724.jpg
中野裕太
DSC_8730.jpg
中野裕太
DSC_8715.jpg
中野裕太
DSC_8712.jpg
舩橋淳監督
DSC_8710.jpg
DSC_8734.jpg
舩橋淳監督
GEN_4294.jpg
アナ・モレイラ
GEN_4334.jpg

[写真:Ichigen Kaneda,Jun Sakurakoji/動画・記事:Jun Sakurakoji]