猶本光
猶本 光 選手

来年、女子サッカーW杯フランス大会開催が控える中、なでしこジャパン(日本女子代表)メンバーに選出された猶本光(なおもと ひかる)選手。
このたび、日本女子サッカーリーグの浦和レッズレディースからドイツ女子ブンデスリーガ1部のSCフライブルクに移籍することになり、2018年7月15日、ドイツに向けて出発する猶本光選手を応援するための出発セレモニーが成田国際空港にて行われました。
猶本光選手は、ドイツ移籍、そしてなでしこジャパン活動に対する意気込みを語りました(動画&フォト)

猶本光選手インタビュー

猶本 光
今日はお集まりいただきありがとうございます。
このような素晴らしいセレモニーを出発前に開催していただいて、JALさんには大変お世話になっているので、ありがとうございます。
また新しいチャレンジになるので、どんなことも前向きにトライしていけたらいいなと思います。
応援よろしくお願いします。

猶本光

– いよいよ出発の日になりましたが、なにか今までと違う実感はありますか?

猶本 光
今までは実感がなかったんですけど、素晴らしいセレモニーもしていただいて、これから出発なのかと実感がわいてきました。

– 北川ひかる選手など、数多くのチームメイトだった選手とか仲の良い選手もエールを送ってましたが、彼女たちに返された言葉はありますか?

猶本 光
ムービーを作ってくれて、すごい感動したんですけど、みんなにはすごい感謝しかないですし、別のチームでプレーすることにはなりますけど、またお互い成長して会おうと約束してきました。

– 来年、ワールドカップのフランス大会、2020年東京オリンピックとつながっていきますが、猶本選手にとってどういう意味・効果を考えて今回の移籍に至ったのでしょうか?

猶本 光
ドイツに移籍することで、日頃からヨーロッパの選手たちとトレーニングと試合ができるっていうのは、国際試合を戦う上でもすごくメリットになると思っています。

お肉の買い方が不安!

– 今一番楽しみにしていることはなんですか?

猶本 光
やっぱり、新しい環境で、新しい感覚を持って練習するのがすごい楽しみです。

– 逆に不安に思っていることはありますか?

猶本 光
生活面、お肉の買い方が不安です(笑)

なでしこジャパンメンバーとしての意気込み

– 出発されるにあたって、あらためてここからどういう選手になりたい、日本の女子サッカー界でどういう存在になっていきたいっていう決意表明をお願いします。

猶本 光
やっぱりなでしこジャパンがふたたび世界一になるためには、日本の女子サッカー選手のひとりひとりが成長して、日本を強くするしかないと思うんですけど、その選手の一員になれるように、自分自身ドイツでしっかり成長していきたいなと思っています。

– なでしこジャパンの方も選出されましたが、活動についての意気込みをお聞かせください。

猶本 光
今回のアメリカ遠征は、強豪国と戦える良いチャンスなので、試合に出るチャンスを掴めるように、出場したら良いプレーができるようにしっかり準備したいと思います。

– 来年は女子ワールドカップがありますが、今回の男子ワールドカップの盛り上がりを見て感じることはありますか?

猶本 光
日本代表の活躍を見て、日頃サッカーを見ていない方でも応援していたと思うし、すごく勇気をもらったので、なでしこジャパンもそういうチームになれるようにできたらいいなと思います。

エムバペ選手は規格外!

– 今まさにワールドカップが行われていますが、猶本さんが感銘を受けた選手を、日本の選手と海外の選手と一人ずつあげてください。

猶本 光
日本の選手は、柴崎 岳選手です。ワールドカップで素晴らしいプレーを披露して、チームの中心としてゲームコントロールしていたと思うので、私も同じポジションなのですごく勉強になりました。
外国の選手は、フランス代表の10番エムバペ選手です。規格外というか、19歳なのにあれだけできてすごい選手だなとビックリしています。

– これから海外で過ごされるにあたって、日本からのサポートって大事になってくると思うんですが、例えばこういうJALのスポンサードを受けるというのはどのようなメリットをお感じになられますか?

猶本 光
飛行機移動は、自分のコンディションとかにも関わってくるので、すごくありがたいです。

猶本光

フォトギャラリー

動画

猶本光選手プロフィール
福岡県小郡市出身。小学校1年生の時に兄の影響を受けてサッカーを始め、福岡J・アンクラスの下部組織であるアンクラスFC Paso Doradとの2重登録という形で、13歳でトップチームに登録。
2010年のFIFA U-17女子ワールドカップでは全6試合に出場し、2得点を挙げるなど日本の準優勝に貢献。2012年に筑波大学体育専門学群への進学を機に、浦和レッズレディースに移籍。
2012 年にFIFA U-20 女子ワールドカップの3位に輝く。
サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)として、2014年にAFC女子アジアカップの優勝、アジア競技大会の準優勝、2018 年にAFC女子アジアカップの優勝に貢献。

[動画・写真・記事:Jun Sakurakoji]