「2019年10月」の記事一覧

「ジブリのヒロインっぽい」と松本穂香を評価。中川監督最新作『わたしは光をにぎっている』完成披露試写会

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
わたしは光をにぎっている

10月23日、スペースFS汐留(東京・新橋)にて、松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』の完成披露試写会舞台挨拶が行われ、松本穂香(22)、渡辺大知(29)、徳永えり(31)、光石研(58)、中川龍太郎監督(29)が登壇。「肝が座っている」と言われることがあるという松本穂香は、監督の演出に対しても自身の感性を主張したということを明かした。(フォトギャラリー)

「“ぬるぬるのシーン”で曲がかかり複雑でした(笑)」星野源ANNで松尾スズキと星野源が対談

映画・アニメ・演劇・音楽
映画108

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』の公開を記念して、10月22日深夜放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」に、監督・脚本・主演の松尾スズキがゲスト出演し、パーソナリティの星野源と対談。星野源が、劇中で主題歌「夜のボート」が流れたシーンを見た時の心境を明かした。

のん ラジオレギュラー番組担当発表!「ご当地タニタごはんコンテスト」アンバサダーとして。

ライフ 取材記事
のん

10月21日、二子玉川ライズにて開催中の「第2回ご当地タニタごはんコンテスト」のトークショーに、女優・のんがゲストとして登壇。その中で、のんが、2020年に開催予定の「第3回ご当地タニタごはんコンテスト」のアンバサダーに就任することが発表された。(動画&フォトギャラリー)

コメディエンヌとして新境地開拓の中山美穂に注目。笑える夫婦喧嘩シーン解禁。映画108

映画・アニメ・演劇・音楽
映画108

10月25日(金)公開、松尾スズキ監督・脚本・主演映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』で描かれている、夫・松尾スズキに浮気を疑われた妻・中山美穂が逆切れし、この秋最もバカバカしくて笑える夫婦喧嘩勃発シーンの動画&ビジュアルが同時解禁となった。

エプロン姿の“のん”にご飯をよそってもらったら?岩手県産米最高級品種「金色の風」新米トップセールス

ライフ 取材記事 地方創生
のん

10月19日、東京ミッドタウン日比谷1Fアトリウムにて、「いわての美味しいお米 新米トップセールス」イベントが行われ、トップセールスの名のごとく達増拓也岩手県知事、ゲストとして純情産地いわて宣伝本部長を務める、女優・のんが登壇した。(動画&フォトギャラリー)

【インタビュー】「なんか、もっと大人ってしっかりしてるもんだと思ってた。」キャスト・監督が語る『向こうの家』

インタビュー 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
向こうの家

西川達郎監督、望月歩 主演映画『向こうの家』。劇場で販売されている本作のパンフレットには、主演の望月歩をはじめ、キャスト、西川監督らの作品に対する思いを綴ったインタビューが掲載されているが、実は誌面スペースの都合上カットされている内容がある。そこで本稿では、パンフレットに掲載しきれなかった分を含めた「ノーカット完全版」でたっぷりとお届けする。『向こうの家』の魅力をさらに深く探りたい方はもちろん、これから観ようかと興味持っている方もぜひご覧いただきたい。

メインビジュアル&魂のラップバトル動画を解禁 「首都争奪バトル舞台『四十七大戦』-開戦!鳥取編-」

映画・アニメ・演劇・音楽
舞台『四十七大戦』メインビジュアル

10月24日(木)より東京公演がスタートする「首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編- (以下しじゅステ) 」のメインビジュアル、告知動画、来場者特典、東京公演スペシャルドリンク情報が一気に解禁となった。 本舞台は、都道府県擬人化バトルコミック『四十七大戦』の2.5次元舞台化したもので、地域の特色や名産品などのPRとも繋げた「アンテナ型2.5次元舞台」としている。

1,287日振りにピッチへ復活。白血病を乗り越え、サッカーJ2・早川史哉選手が自著を上梓

スポーツ 本・コミック・ゲーム・アート
早川史哉

急性白血病に打ち勝ち、1,287日振りにピッチへの復活を果たした、アルビレックス新潟DF 早川史哉選手が闘病生活、サッカー、そして仲間への思いなどを綴った自身初の著書を上梓。本人の意向により、書籍印税の一部は日本赤十字社、日本骨髄バンクへ寄付される。

松尾スズキ、ガウン姿で108人の女性に囲まれる

映画・アニメ・演劇・音楽
映画108

10月17日、東京・神楽座にて公開を直前に控えた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』トークイベントが開催され、主演・監督の松尾スズキをゲスト登壇。本イベントでは、タイトル「108」にちなみ108人の女に囲まれながら松尾監督は撮影中さながらにガウン姿で登場し、集まった女性たちの恋愛や人生の悩みについての人生相談を行った。

PFF2冠&釜山国際映画祭出品の幻の名作『ガンバレとかうるせぇ』劇場公開決定。場面写真&コメントも。

映画・アニメ・演劇・音楽
ガンバレとかうるせぇ

PFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞をW受賞し、釜山国際映画祭ニューカレンツ・コンペティション部門に正式出品された、佐藤快磨(たくま)監督の初の長編映画であり、堀春菜の初主演映画である、『ガンバレとかうるせぇ』(出演:堀春菜、細川岳)が遂に劇場公開されることが決まった。

「夏帆ちゃんが映画を好きで良かった」『ブルーアワーにぶっ飛ばす』公開記念舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
ブルーアワーにぶっ飛ばす

10月16日、テアトル新宿にて映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の公開記念舞台あいさつが行われた。本来、12日の公開初日に行われる予定だったが、台風19号の影響でこの日となった。舞台挨拶には、長編初となる箱田優子監督、主演の夏帆、黒田大輔が登壇。監督自身を投影した物語でありつつ、監督が「夏帆100%の映画」と称するほど、今の等身大の夏帆が描かれている。舞台挨拶の最後には、監督から夏帆への手紙朗読があり、夏帆が思わず嬉し泣きする一幕もあった。

『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』完成披露上映会舞台挨拶

映画・アニメ・演劇・音楽
その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-

10月15日、TOHOシネマズ日本橋にて、CINEMA FIGHTERS projectの第三弾『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』の完成披露上映会舞台挨拶が行われ、小林直己、今市隆二、佐野玲於、佐藤大樹、行定勲監督、洞内広樹監督、井上博貴監督らが登壇した。

MAN WITH A MISSION“初”となる“映画”決定。WEB限定の特報映像も到着

映画・アニメ・演劇・音楽
MAN WITH A MISSION

世界中から熱烈な支持を受け、注目され続けている“頭はオオカミ、身体は人間という異形の生命体5匹からなるロックバンド”、究極の生命体「MAN WITH A MISSION(MWAM)」(使命を持った男)。 MAN WITH A MISSION初の音楽ドキュメンタリー映画、『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』が、来年2020年に公開されることが決定した。あわせて、WEB用特報映像も到着。

LiLiCo、家に鞭が3本ある!?ことを激白。映画108トークイベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
映画108

10月11日、スペースFS汐留(東京・新橋)にて、映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』のトークイベント付き試写会が行われ、同作で、松尾スズキ演じる海馬五郎の元妻・エイドリアンを演じるLiLiCoと、同作がR18コメディということでコラボの名乗りを上げた㈱TENGAの広報・西野芙美氏が登壇。映画の裏話や夫婦のコミュニケーションのありかたなどについての爆笑トークを繰り広げた。

ページの先頭へ