羊とオオカミの恋と殺人
福原遥/杉野遥亮

11月29日、TOHOシネマズ日比谷にて、映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶が行われ、W主演の杉野遥亮、福原遥、そして、江野沢愛美、朝倉加葉子監督が登壇。タイトルの怖さとは裏腹に「信じられないでしょうが、これはラブコメです」というキャッチコピーの本作にちなんで、「信じられないでしょうが、実は私●●です!」コーナーを展開。杉野遥亮、福原遥らが、意外な一面を告白した。(動画&フォト)

羊とオオカミの恋と殺人
朝倉監督/福原遥/杉野遥亮/江野沢愛美

舞台挨拶レポート

羊とオオカミの恋と殺人

舞台挨拶全編は動画でもどうぞ!

ハードだった撮影環境

杉野遥亮(黒須越郎 役)
僕と遥ちゃんと一緒の部屋にいるシーンが多くて、それはセットで撮影していたんです。朝から晩まで、セットの中に作られた家の部屋にずっと籠もっているという状態。
なので途中から呼吸できていないような感覚に陥ってきて、休憩の時に外に出て、バァーって空気を吸うみたいなことはよくありましたね。
僕の部屋は特に、自殺志願者の部屋ということで美術さんが作ってくださったので、そこにずっといると気が滅入ったりはしましたね。

杉野遥亮
杉野遥亮

演技する上でこだわったことや心がけたこと

杉野遥亮
黒須が宮市さんと過ごしていく中で、黒須の成長が見て取れて、それが映画を観てくれた人になにかのきっかけになればという思いを持って表現を心がけました。
あと、最初に監督から、“この世界の隅っこのお話です”って言われたことは念頭にありつつやっていきました。

– 福原さん演じる宮市は可愛く見えて殺人鬼。そういう役の福原さんと共演するのは大変ではなかったですか?

杉野遥亮
遥ちゃんと共演するのは二度目で、それでもお互い人見知りはしましたけど、2回めなので信頼はありましたので安心してやっていけました。

– 二度目の共演ということで福原さんはいかがでしたか?

福原 遥(宮市莉央 役)
最初の共演の時は作品の話はあまりしなかったんですけど、今回は杉野くんとお芝居についてなど、いろいろ意見を交換できたことがすごく嬉しかったですし、支えてもらってるような安心感がありました。一緒にできて良かったです。

羊とオオカミの恋と殺人
福原 遥/杉野遥亮

殺人鬼役のオファーが来た時の気持ち

福原 遥
私自身、今までやったことがない役をやってみたいとはずっと思っていて、殺人鬼とかあり得ない、理解できないような役をやってみたいと思っていたので、今回お話をいただいた時はすごく嬉しかったです。同時に理解できない役ということで不安もありましたけど(笑)

福原 遥
福原 遥

殺陣に挑戦!

– お芝居の中には殺陣も出てきますが、どれくらい練習されましたか?

福原 遥
三ヶ月くらい練習してました。でも実際演じる時は難しかったです。監督からは「舞うように綺麗に殺してほしい」というお話と、そして、コンテンポラリーダンスのような、アクションというよりも踊っている感じでという演出がありました。
ですので、殺される側の方と息を合わせるのが難しかったです。

羊とオオカミの恋と殺人

メンズっぽい性格

– 江野沢さんは、役柄は普通のキャピキャピとした女子大生。普段のご自身の性格と比較してみて似ているところはありますか?

江野沢愛美(川崎春子 役)
似てないですね(笑)私はどちらかというと考え方がメンズっぽいって言われるので、あんなふうにキャピキャピした感じはあまりないと思うんです。
でも、物事をしっかりと伝えるところは、似ているかなと思います。

江野沢愛美
江野沢愛美

まさに殺人鬼の目!?

– 普段から仲良しの福原さんとの共演はいかがでしたか?

江野沢愛美
福原さんはふだんからこんな可愛らしい感じなんですけど、お芝居に入って宮市さんになった時に、目の鋭さが伝わってきて、まさに殺人鬼でした(笑)

羊とオオカミの恋と殺人

– 杉野さんも福原さんの目の鋭さは感じられてましたか?

杉野遥亮
遥ちゃんには絶対的な信頼を置いてました。ふと涙を流すシーンでも彼女の目を見て演技していれば正解だという安心感がありました。

怖そうで実はラブコメ

– 本作は血しぶきが出たり、ちょっと怖そうなんですけど、でもラブコメディと思っていいんですか?

朝倉加葉子監督
血しぶきが出る分だけ、むしろそれ以上にキュンとするところだったり、ホンワカするところがある映画です。
それが交互に訪れるのことで物語にハラハラ感が出るようになってます。
皆さん、いろんな見方をしていただける映画ですが、ラブストーリーだったりラブコメディという印象を持っていただければいいなと思って作りました。

羊とオオカミの恋と殺人
朝倉加葉子監督/福原遥

「信じられないでしょうが、実は私●●です!」トーク

杉野遥亮編

杉野遥亮
僕、こう見えてガサツなんですよ。俺、たぶん世間のイメージは清潔感がある男って思われているかなって、自分でこういうのもイヤなんですが(笑)
でもズボラなところがけっこうあって、お風呂から上がったら基本パンツもはかずにウロウロしたりとか、脱いだコートもかけずにそこらへんに置いちゃうとか・・・あ、ドン引きじゃないですか!(笑)

江野沢愛美
モデルだったのに服、そのまま?

杉野遥亮
それを言われると・・・でも洗濯はちゃんとしますよ!
部屋の掃除は月2回です。

杉野遥亮

福原遥編

福原 遥
私はこう見えて足が早いんです!
「走るのが苦手そう」ってよく言われるんですけどね。

杉野遥亮
なんなら、手と足が一緒にスキップしてそうだけど(笑)

福原 遥
できるよ!ちゃんと。
学生の時はリレーの選手でした。
マネージャーさんと次の現場までダッシュだって走ったら、「(福原さん)早くて~」って言われます。

杉野遥亮
それはマネージャーさんが遅すぎるだけじゃなくて?

江野沢愛美
信じられない(笑)

福原 遥
一度皆で競争したいですね。

朝倉加葉子監督
今作はその俊足を一瞬観られるシーンがありますよね。

福原 遥
そうなんです!

福原 遥

江野沢愛美編

江野沢愛美
私は実はめちゃめちゃ大食いです。
モデルさんって、草ばっかり食べてんじゃないってよく言われるんですけど、私はけっこう食べると思います。
ステーキ屋さんで450グラムくらい食べます。

杉野遥亮&福原 遥
すご~い!!

江野沢愛美
プラス、ご飯も大盛りにして。
二十歳くらいまではいくら食べてもほんとに太らなかったんですけど、でも最近は食べたら食べた分だけ顔に出たりとか、足に出たりとかするので、初めてジムに通うようになりました。
なので、食べた分だけジムに行くようにしてます。それでもご飯が大好きで、さっきもそこでパンを食べました。

– モデルさんが大食いっていうのは嬉しいお話かもしれないですね。

江野沢愛美
モデルって意外と体力を使うんですよ。着替えることがすごく多くて、何時間もの撮影の間に何十着と着替えるので、お腹が空くんです。
ステーキ450グラムは普通だと思ってました(笑)今、行きたいステーキ屋さんがあって、プロレスラーの方御用達の。東京にあるんですが、美味しいというお話なので行ってみたいなと思っています(*)。

*都内のプロレスラー御用達のステーキ屋といえば、例えば「ステーキハウス リベラ」

羊とオオカミの恋と殺人

朝倉監督編

朝倉加葉子監督
予告編でも既にご覧になっている方もいらっしゃると思いますが、この映画は殺人鬼が出てくるということで血しぶきだとか、ホラー映画要素もいくつかあります。
こういう映画を作っておきながら、私は実は18歳ころまで、ホラー映画とか怖いテレビとか、漫画とか、そういのは一切見れなかったんです。
でも気がついたらこういう血しぶきが出る映画を撮るようになってました。

福原 遥
なにがあったんですか?

杉野遥亮
なにかきっかけがあったんだろうね。

朝倉加葉子監督
映画が好きで、ホラー映画も観てみたいって欲が勝っちゃって、ホラー映画を映画好きとして観てみたくなっちゃったんです。そしたらすごく面白くて、それまで観てなかった分、すごいハマってしまって(*)。

*参考:【朝倉監督インタビュー】ホラー苦手な少女がホラー映画監督に。

羊とオオカミの恋と殺人

最後にメッセージ

福原 遥
この映画はけっこうスパイスが効いたラブコメになっています。
予告編もちょっと怖いなって言われたりするんですけど、内容は怖い部分だけでなく、可愛らしい部分だったり、黒須くんと宮市さんの真実の愛っていうのが細かく描かれているので、楽しんでいただけたらなと思います。
あと、黒須くんの印象的なセリフで「宮市さんのことがマルっと好きです」というのがあるんですけど、皆さんにもこの映画をマルっと好きになっていただけたら嬉しいなって思います。

杉野遥亮
この舞台挨拶の前、マネージャーさんから、ある監督がおっしゃった言葉として「表現することで過去を変えることはできないけど、未来を変えることはできる。(*)」というのを聞きました。
それってすごく素敵で、僕たちが演じて、こうして形として作品が残ることで誰かの記憶に刻まれるというこは、少なからず誰かの未来を変えているのかなって。
この映画のどこが良かったとかは、人それぞれだし、正解も不正解もないと思います。観た方一人一人の心に残ってくれればなと、それが僕たちの本望でもあるなと思っています。

*大林宣彦監督が舞台挨拶などでよく語るメッセージ。「映画は未来を作るジャーナリズム。」(2019年3月24日第33回高崎映画祭授賞式での発言)など、映画は過去を変えることはできないけれど、平和を願う思いを映画に込めることで、映画の力で次の世代へと平和を引き継ぎ続けることを自身のテーマにしている。特に若い世代への思いを強く。それは、黒澤明監督から引き継いだ使命であるとも語っている。

羊とオオカミの恋と殺人

フォトギャラリー

Z6G_1399.jpg
Z6G_1400.jpg
Z6G_1411.jpg
Z6G_1471.jpg
Z6G_1475.jpg
Z6G_1483.jpg
Z6G_1500.jpg
Z6G_1503.jpg
Z6G_1505.jpg
Z6G_1516.jpg
Z6G_1537.jpg
Z6G_1549.jpg
Z6G_1551.jpg
Z6G_1556.jpg
Z6G_1563.jpg
Z6G_1589.jpg
Z6G_1590.jpg
Z6G_1592.jpg
Z6G_0954.jpg
Z6G_0981.jpg
Z6G_0983.jpg
Z6G_1025.jpg
Z6G_1050.jpg
Z6G_1066.jpg
Z6G_1145.jpg
Z6G_1262.jpg
Z6G_1327.jpg
Z6G_1376.jpg
Z6G_1389.jpg
Z6G_1392.jpg
Z6G_0960.jpg
Z6G_1001.jpg
Z6G_1020.jpg
Z6G_1034.jpg
Z6G_1038.jpg
Z6G_1095.jpg
Z6G_1138.jpg
Z6G_1156.jpg
Z6G_1326.jpg
Z6G_1336.jpg
Z6G_1355.jpg
Z6G_1041.jpg
Z6G_1185.jpg
Z6G_1293.jpg
Z6G_1060.jpg
Z6G_0975.jpg
Z6G_0977.jpg
Z6G_1055.jpg
Z6G_1150.jpg
Z6G_1175.jpg
Z6G_1178.jpg
Z6G_1179.jpg
Z6G_1187.jpg
Z6G_1205.jpg
Z6G_1228.jpg
Z6G_1230.jpg
Z6G_1236.jpg
Z6G_1280.jpg

[写真:Ichigen Kaneda/動画・記事:Jun Sakurakoji]

映画『羊とオオカミの恋と殺人』

<INTRODUCTION>
本作は、自殺志願の男の子×殺人鬼の美少女の異色カップルが贈るスプラッター・ラブコメディ漫画「穴殺人」を映画化。自殺志願の男の子の黒須越郎役に『キセキ ーあの日のソビトー』『居眠り磐音』「スカム」等、ドラマや映画、CMで活躍中の杉野遥亮が映画初主演を務め、殺人鬼の美少女・宮市莉央役には、『4月の君、スピカ。』や「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で話題を呼んだ福原遥がW主演として強烈なキャラクターを見事に演じている。監督はスラッシャー・ホラー映画の『クソすばらしいこの世界』や『女の子よ死体と踊れ』を手掛けた期待の新鋭、朝倉加葉子が務めている。

<STORY>
大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野遥亮)は、 壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまう。穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原遥)の生活が丸見えで・・・。その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまう。目撃行為が見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに!アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに!?

監督:朝倉加葉子  脚本:髙橋泉
出演:杉野遥亮 福原遥 江野沢愛美 笠松将 清水尚弥 一ノ瀬ワタル/江口のりこ
配給:プレシディオ
©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社
公式HP:http://hitsujitookami.com/ 
Twitter:https://twitter.com/hitsujitookami
Instagram:https://www.instagram.com/hitsujitookami

『羊とオオカミの恋と殺人』大ヒット公開中!