ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めたオムニバス映画『RUN!-3films-』。
昨年2月に別府ブルーバード劇場にて上映され、瞬く間に大反響を呼び、11月2日より池袋シネマ・ロサにて公開初日を迎え、津田寛治、篠田諒、木ノ本嶺浩、松林慎司、土屋哲彦監督、畑井雄介監督などが登壇。満員の観客を前に作品への熱い思いを語った。

RUN!-3films-

三作全てに出演している津田寛治は「この映画のタイトル通りには走り抜けるという意味のRUNと、出演している役者たち自分を全部さらけ出す、乱れるという意味の乱という意味があると思っている。若い役者たちはカメラが回っていないときもずっと役に入り込んでいる。彼らに感化された現場でしたね」と撮影を振り返った。

また役作りについて聞かれると「追憶ダンス」の篠田諒は「毎日鏡に向かって自分に向かって罵声を浴びせていた」。
木ノ本嶺浩は「衣装を着てずっと家に引きこもって体育座りをしていた」と独特の方法を明かし、『ACTOR』の黒岩司は「当時の僕のドキュメンタリーになっている。津田さんや他の先輩たちに胸を貸していただいた」と感慨深く話し、『VANISH』の松林慎司は「正体不明の役ということで当初戸惑ったが、畑井監督に聞いたところ、とにかく『第9地区』を見てと言われたのでそうしました」と明かした。

最後には津田が「劇場でお客さんに見てもらえるということのありがたみを改めて感じた。映像制作をしている人、俳優を目指している人に観てもらい、感化されて素晴らしい日本映画をつくってもらえたら嬉しい」と改めて作品への思いを語った。
土屋監督は、「本当にたくさんの人に助けられて完成した作品。今日は一生忘れられない日になった」と感慨深く語り、畑井監督は「観客の皆さんの胸に残る作品になっていたら嬉しい。今回はパイロットフィルムだったので長編として完成させたい」と次回作についても匂わせた。

映画『RUN!-3films-』

何者にもなれなかった男たちの、3つの物語が今、疾走する!!

「追憶ダンス」
出演:篠田諒 木ノ本嶺浩 青木玄徳 山﨑ケイ(相席スタート) 黒岩司 古谷佳也 日下雅貴 津田寛治
監督:土屋哲彦 脚本:池谷雅夫

「VANISH」
出演:松林慎司 山口康智 志村美空 笹原尚季 谷沢龍馬 黒岩司 シャア・ハック 蟹江アサド 津田寛治
監督:畑井雄介

「ACTOR」
出演:黒岩司 須賀貴匡 菅野莉央 龍坐 佐野大樹 松林慎司 笠原紳司 川村亮介 佐野和真 髙橋洋 津田寛治
監督・脚本・編集:土屋哲彦

©2019TEAM RUN!
公式HP:https://runthemovie2019.wixsite.com/home

2019年11月2日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開!!