東京国際映画祭は、永年の国内外を含めた映画界への貢献が目覚ましい方々へ贈る “特別功労賞”を仲代達矢氏と大林宣彦監督に授与することを決定した。

“特別功労賞” 授与理由

仲代達矢
黒澤明監督作品の顔として世界中に知られ、数多くの日本を代表する監督の作品にも出演し、国内外の映画祭での受賞は数え切れなく、今も現役として舞台、映画で活躍を続け、正に日本を代表する俳優であるという思いからの授与となる。

(c)「帰郷」時代劇パートナーズ-s
仲代達矢 ©「帰郷」時代劇パートナーズ

大林宣彦監督
自主映画、CM、長編映画と長年に亘り、多彩で膨大な数の映画•映像作品を世に送り出し、今なお新たな試みにチャレンジするその存在は正に圧倒的である、という思いから授与が決定された。

大林宣彦監督
大林宣彦監督

また、本年の映画祭期間中に仲代達矢氏出演の映画『帰郷』は特別上映作品として上映される。本作はフランス・カンヌMIPCOMでアジアの作品として初めてワールドプレミアに選出された史上初の8K時代劇だ。
大林宣彦監督は本年度のJapan Now部門において、「映像の魔術師 大林宣彦」と題し、最新作の『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を含む5作品が上映される。

第32回東京国際映画祭 特別上映『帰郷』

仲代達矢、最後の渡世人
フランス・カンヌMIPCOMでアジアの作品として初めてワールドプレミアに選出された史上初の8K時代劇。
作家・藤沢周平が一人の老渡世人の姿を描いた傑作短編を、役者・仲代達矢をはじめ豪華キャストで映像化。

出演:仲代達矢、常盤貴子、北村一輝、緒形直人、谷田歩、佐藤二朗、田中美里、前田亜季、三田佳子、橋爪功、中村敦夫
監督・脚本:杉田成道
授与日時:11月4日(月)16:49~17:34予定
授与会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン7
『帰郷』上映終了後舞台挨拶(変更になる可能性あり)

帰郷
©「帰郷」時代劇パートナーズ

第32回東京国際映画祭 Japan Now部門『海辺の映画館―キネマの玉手箱』

映画は戦争を止められるのか?
今夜限りで閉館する最終オールナイト上映で3人の若者たちが映画の世界にタイムリープするファンタジー。20年振りに古里「尾道」で撮影を敢行。
圧倒的なメッセージで贈る大林宣彦監督最新作!

出演:厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田 玲(新人)、成海璃子、常盤貴子
監督:大林宣彦
授与日時:11月1日(金)19:49~20:34 予定
授与会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン2
『海辺の映画館―キネマの玉手箱』上映終了後、舞台挨拶

海辺の映画館ーキネマの玉手箱
©「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC 2020