佐藤健
佐藤健

熊本地震から約3年半の時を経て、ついに本日から一般公開を再開

10月5日、熊本地震により甚大な被害を受けた熊本城が、約3年半の月日を経て、一部エリア限定の一般公開を同日から行うをこと記念した式典が、熊本城二の丸広場にて開催され、大西一史熊本市長に加えて、映画『るろうに剣心』以来、熊本県と縁が深い俳優佐藤健がサプライズ登壇した。

10月5日に熊本城二の丸広場にて開催されたのは「熊本城大天守外観復旧記念特別公開第1弾」記念式典。
式典に相応しい晴天に恵まれた中、主催者である大西一史熊本市長の挨拶から式典は始まり、市長は「本日まで復旧の歩みを支えて下さった全ての皆様に敬意と御礼を申し上るとともに、今日の特別公開第一弾によって震災から約3年半にわたる熊本復興への歩みが着実に進んでいる事を、是非皆様にご体感してもらいたい。」とコメントした。

佐藤健

そして、映画の撮影を機に熊本の魅力に触れたことから、県内各地で出会った人々や伝統文化といった熊本県の魅力を紹介する「るろうにほん熊本へ」を出版し、その利益全額を熊本市に寄付をするなど、熊本との深いつながりがあり、現在O.Aされている新CMにもナレーションという形で出演している俳優の佐藤健も会場に駆けつけ、サプライズ出演。

佐藤健

佐藤健は、「今日熊本城に着いた時から、お会いする熊本の方々の表情がいつも以上に晴れやかで、皆様の温度が1度2度上がったように感じ、とてもうれしいです。」とコメント。また、「お城は歴史の象徴であり、震災で一部倒壊してしまった事もまた歴史の一部であり、それを約3年半という早さで復旧・復興してくれた方々が沢山いることもまた歴史であり、今日から熊本城は足を運ぶごとに変化した姿を僕たちにみせてくれる、そんな歴史を感じながら熊本城と共に生活できる事は我々にとって嬉しい事ですね。」と熊本城復旧への想いを語り、笑顔で会場を後にした。

佐藤健
大西一史熊本市長/佐藤健

CM「500年、城と生きる町へ/公園」篇

CMメイキング

佐藤健インタビュー

「熊本城大天守外観復旧記念特別公開第1弾」

熊本市では、2016年12月に策定した熊本城復旧基本方針に基づき、石垣・建造物等をはじめ熊本城全体の復旧手順や復旧過程の公開など、復旧に係る具体的な方針、施策及び取り組みを体系的に定め、熊本城の効率的・計画的復旧と戦略的な公開・活用を着実に進めていくため「熊本城復旧基本計画」を策定し、それを基に復旧を進めている。
そして、10月5日(土)より大天守外観復旧に伴い、復旧工事のない日曜・祝日限定で二の丸広場から天守閣前広場までの一部エリアを公開する(2019年12月31日まで。有料)。
また、2020年春には立入規制区域内に「特別見学通路」が完成し、特別公開第2弾として平日を含めた通年の公開に移行予定。さらには、2021年春に天守閣が完全復旧し、特別公開第3弾として天守閣内部の公開が予定されている。