相米慎二も魅了したエロティックなお祭り

秋田で本日開催、西馬音内盆踊り本編映像解禁

火口のふたり

火口のふたり

8月23日(金)公開の映画『火口のふたり』の本編映像が解禁となった。
本作は、直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とし、主演に柄本佑と瀧内公美を迎え、日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦の監督第3作目となる、男と女の不確実な愛を描いた<R18>衝撃作だ。

解禁となったシーンは、賢治(柄本佑)と直子(瀧内公美)が2人きりの最後の夜に、秋田で毎年8月16日~18日に開催される“西馬音内盆踊り”を訪れる場面。
西馬音内盆踊りは、踊り手が顔が隠れる頭巾を着用しており、頭巾を外すまで性別が男性か女性かわからず、何とも言えないエロティックさが漂うと評判の盆踊りだ。
かつて、映画監督の相米慎二もこの踊りに魅了され、三日間見続けた言われており、相米監督から評判を聞いた荒井晴彦も2006年に初鑑賞。別名 亡者踊りとも言われるこの踊りの、死とエロスが匂い立ってくる様子に魅了され、「男女の恋と西馬音内盆踊りを絡めた作品を撮りたいと思った。」と、初めて見て以来作品への取り込みを構想していたと明かし、また、本作の舞台を、原作の九州・福岡から秋田に変更したのは、この西馬音内盆踊りを作品に取り込むためだった語っている。
公開されたシーンでは、盆踊りを見ながら「今晩で終わりだな」と名残惜しそうに賢治がつぶやき、「約束守れる?」と、直子が笑みを浮かべた顔で返すやり取りが繰り広げられ、盆踊りの隊列を横切る賢治と直子にストップモーションがかかる、印象的な場面が披露される。
相米慎二・荒井晴彦を魅了し、荒井が舞台を変えてまでも作品に取り入れたかった、艶めかしい西馬音内盆踊りシーンに注目だ。

映画『火口のふたり』

【物語】
十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。
新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。
そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。
「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」
直子の婚約者が戻るまでの五日間。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は―。

出演:柄本 佑 瀧内公美
原作:白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
脚本・監督:荒井晴彦 音楽:下田逸郎
製作:瀬井哲也 小西啓介 梅川治男 エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎 森重 晃 プロデューサー:田辺隆史 行実 良
写真:野村佐紀子 絵:蜷川みほ タイトル:町口覚
配給:ファントム・フィルム  レイティング:R18+
公式HP:http://kakounofutari-movie.jp/

8/23(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開