いちごの唄
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎

恋と青春とロックを語り尽くす&峯田和伸と古舘佑太郎が主題歌「いちごの唄」ライブ演奏

映画『いちごの唄』の公開直前イベントが、6月28日にタワーレコード渋谷 CUTUP STUDIOで行われた。
主演の古舘佑太郎、石橋静河と、本作の原作・音楽・主題歌をつとめた峯田和伸(銀杏BOYZ)が登壇。本作のテーマである恋と青春と音楽について語ったほか、峯田和伸と、自身もロックバンド「2」を率いてミュージシャンとしても活躍中の古舘佑太郎が、主題歌「いちごの唄」をアコースティックで生演奏した。(フォトギャラリー)

銀杏BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語、『いちごの唄』

数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家 岡田惠和と、銀杏BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語、『いちごの唄』が7月5日(金)に公開される。銀杏BOYZの名曲たちをイメージソースに、一年に一度、たったひとりの親友の命日である七夕に会う約束をするふたりの青春と恋を描く。主演は古舘佑太郎と石橋静河。共演は宮本信子、和久井映見、光石研、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里など超豪華キャストが集結。銀杏BOYZの「漂流教室」「ぽあだむ」などの恋と友情を歌う名曲たちと、本作のための描き下ろし新曲「いちごの唄」が本編を彩り、誰もがいつか経験した最高の友情と、切ない恋の想い出が、豪華なキャスト・スタッフによってキラキラと輝く青春映画となっている。

イベント詳細レポート

いちごの唄
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎

1年に1度だけ会うという恋愛について

– 1年に一度だけ会う、コウタとあーちゃんの関係性はどう思われますか?

古舘佑太郎(笹沢コウタ 役)
なかなか無いと思います。でも、恋という話にもっていくと、僕は自分の人生で一目惚れは一度もしたことがなくて、僕の持論なんですけど、(恋愛は)時間をかけた方が楽しいと思っています。なので、1年に1回というのは現実世界ではなかなか無いとは思いますが、いいなとも思います。

いちごの唄
古舘佑太郎

石橋静河(天野千日(あーちゃん) 役)
切ないと思いました。あまりロマンティックには捉えられないです。

いちごの唄
石橋静河

石橋静河の前ではテンパる?

– 古舘さんは、お芝居以外でも石橋さんと会うとコウタモードにすぐ入ってしまうと伺いましたが、石橋さんとの共演はいかがでしたか?

古舘佑太郎
モードに入ってしまうというか、撮影中はずっとテンパってたので、石橋さんを見ている時の記憶は、ずっとテンパってた時の記憶なので、撮影が終わった今でも、石橋さんを見ると、ちょっとテンパってしまうというのがたぶん、コウタっぽくなっちゃってるのかなと思います。

石橋静河はいつも楽しそう

– 古舘さんから見て、石橋さんにあーちゃんぽさを感じたりすることがあるんですか?

古舘佑太郎
物語の中での女神っていうのももちろんあるんですけど、それ以外で、例えば撮影の時に僕が悩んだりした時でも、石橋さんとお芝居させてもらうと、自分の中でリズムを掴めたりとか、僕が何をやっても笑ってくださるので、やっぱり嬉しいですよね。
自身が無かったところを埋めてくれたので、僕の中では、あーちゃん=石橋さんってなってます。

峯田和伸(ラーメン屋 役)
たしかに、石橋さんはニコニコと楽しそうに接してくれるので、男としても嬉しくなりますよね。
石橋さんは明るい方ですよね。周りのスタッフも生き生きとしてくる雰囲気を持っていらっしゃいます。

いちごの唄
峯田和伸

– では、石橋さん。古舘さんとの共演はいかがでしたか?

石橋静河
台本を読んであーちゃんの気持ちをいろいろ考えていたので、撮影に入るまではしんどくて独りぼっちな感じがしてたんですけど、現場では、コウタ演じる古舘さんがほんとに面白い動きをされたりとか、自分というものを無くして、コウタにすべてを捧げている古舘さんを見て、ずっと笑っていました。とても楽しい現場でした。

大事な約束の経験

– 1年に1回の約束や、大事な約束なんかをされたことはありますか?

峯田和伸
僕は母の日のプレゼントです。山形から初めて上京してひとり暮らしをした年のクリスマスに、母から花が贈られてきたんです。食べるものの方がいいかなとかも思ったんですが(笑)、それから毎年、母の日には、お返ししています。

古舘佑太郎
僕は断食です(笑)最長、10日間やりきったことがあります。1年に1回断食をやれば、(ダイエット効果が)1年もつんです(笑)

石橋静河
2年くらい前に、ひとりでキューバに行ったんです。
2日間だけだったんですが、最終日にカフェにいたら、向こうにいたおじさんが、ア・カペラで大熱唱を始めたんです。すごい素晴らしかったので聴き入ってたら、「あなたは日本人ですか?」って話しかけてきて、「なんだ明日帰るのか」ってことで、ボブ・マーリーの「Everything ‘s Gonna Be Alright」を私の目の前で歌ってくれたんです。で、メールしてくれってメモを渡されたんですけど、字が汚くてアドレスが読み取れなくてメールを送れてないんです。

主題歌「いちごの唄」に込めた思い

– 本作書き下ろし主題歌、銀杏BOYZの「いちごの唄」。これを作られた時の想いを教えてください。

峯田和伸
最初にエンドロールが3分半という指定を受けました。その時間に合わせてフェイドアウトしていくという作り方もできるんですが、今回はそうではなくて、ぴったり3分半で終わる曲を作ろうと思いました。
あとは、古舘くんの走るシーンとか、そういう疾走感のある曲にできたらなと考えました。
僕は最初はギター一本で曲を作るんです。携帯電話で録音するんですけど、最初は2分半で終わってしまって。そこから1分のアウトロを追加して、3分半にしました。それをそのままスタジオに持っていって、バンドで演奏して録音しました。
映画の主題歌は、あまり映画に寄り添いすぎてしまうと、映画のためだけの主題歌になってしまう。そうではなく、ひとつの曲として存在できるようにしました。

いちごの唄
峯田和伸/石橋静河

青春時代を銀杏BOYZの曲で過ごした

– 古舘さんと石橋さんは銀杏BOYZの曲についていかがですか?

古舘佑太郎
僕は10代の時に銀杏BOYZの曲を聴いて衝撃を受けてるという青春時代を過ごしました。それから何年も経ってまさか自分が出演する映画で銀杏BOYZの曲が使われることになって、当時の自分が今のこのことを知ったらほんとにビックリすると思います。
今までは、銀杏BOYZの曲をずっと好きで聴いてきたんですけど、この映画の撮影前に聴くと、なんか研究のために聴いているみたいになって、何かをそこから得ようとしている感じがすごいイヤで、これは音楽の聴き方じゃないなって悩んでいたんです。
そしたら、峯田さんが、「銀杏BOYZをモチーフにした映画だけど、それに意識を囚われすぎてやっても、なんの意味も無いから、まったく気にしないでやってくれ。」というアドバイスをいただいて、それで自分の中でスッと抜けるものがありました。

石橋静河
さっきも言いましたが、撮影前にあーちゃんの気持ちを考えると、ガチゴチになっちゃってたんですけど、そういう時に銀杏BOYZの音楽が染み渡ってきました。

RCサクセション「スローバラード」に救われた

– 峯田さん自身が誰かの音楽に救われたというご経験はありますか?

峯田和伸
15年前の話です。レコーディングに行き詰まってしまって、一人抜け出して帰ったことがあったんです。
早く帰って寝たくてタクシーを拾ったんですが、その時ラジオから流れていた曲が、RCサクセションの「スローバラード」です。その時の環七の景色がすごくて。言葉にできないんですけど。タクシーの運転手さんにお願いしてボリュームを大きくしてもらって。で、家に帰ったら気持ちがすっきりして、明日またレコーディングを頑張ってみようかなっていう気持ちになれました。

アコースティックライブ by 峯田和伸&古舘佑太郎

トークのあと、峯田和伸と古舘佑太郎はアコースティックギターを持ち、二人でデュエットライブを行った。

いちごの唄

いちごの唄

SET LIST
M1.ラヴ・ソング(古舘佑太郎)
M2.いちごの唄(銀杏BOYZ)

石橋静河
贅沢なライブでした。惑星衝突感がありました。なんか夏が終わっちゃいました。

– まだ終わらないでくださいね(笑) 映画もこれから上映です!

フォトギャラリー

Z6G_4185e_021.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_4190e_022.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3741_004.jpg
古舘佑太郎
Z6G_3765_005.jpg
古舘佑太郎
Z6G_4086_018.jpg
古舘佑太郎
GEN_3399_001.jpg
石橋静河
GEN_3404_002.jpg
石橋静河
GEN_3449_003.jpg
石橋静河
Z6G_3885_012.jpg
石橋静河
Z6G_3778_006.jpg
峯田和伸
Z6G_3991_017.jpg
峯田和伸
Z6G_3810e_007.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3818e_008.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3825e_009.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3830e_010.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3855e_011.jpg
石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3904_013.jpg
峯田和伸/石橋静河
Z6G_3904e_014.jpg
峯田和伸/石橋静河
Z6G_3909e_015.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_3919e_016.jpg
峯田和伸/石橋静河/古舘佑太郎
Z6G_4111_019.jpg
古舘佑太郎/峯田和伸
Z6G_4140_020.jpg
古舘佑太郎/峯田和伸

映画『いちごの唄』

出演:古舘佑太郎 石橋静河 和久井映見 光石研 清原果耶 小林喜日 大西利空
しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山崎光 時田彩珠 泉澤祐希 恒松祐里 吉村界人 岸井ゆきの/峯田和伸 宮本信子
監督:菅原伸大郎
原作:岡田恵和・峯田和伸「いちごの唄」(朝日新聞出版) 脚本:岡田恵和
音楽:世武裕子・銀杏 BOYZ 主題歌「いちごの唄」(歌:銀杏 BOYZ)
製作:「いちごの唄」製作委員会
製作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「いちごの唄」製作委員会
公式サイト: ichigonouta.com
twitter: @ichigonouta
instagram: ichigonouta.movie

7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

[写真:Ichigen Kaneda/記事:Jun Sakurakoji]