島の雄大な自然と温かい人に触れ生活した3週間…

5月10日より公開となる映画『僕に、会いたかった』に出演のTAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎、そして錦織良成監督が物語の舞台・隠岐島を訪問。
映画館がない隠岐で上映会を行い、「撮影中から全面的に協力してくださった島の皆さんにいち早くお届けしたいと思っていた」(TAKAHIRO)と語る夢の凱旋となった。

隠岐の島 - 僕に、会いたかった
秋山真太郎/TAKAHIRO/松坂慶子/錦織良成監督

本作の出演について

TAKAHIRO(記憶喪失の漁師・徹 役)
いつか錦織監督とご一緒したいと思っていたのでとても光栄でした。
台詞が少なかったので、細かい所作に“池田徹”という男の人生を感じ取ってもらえるよう気を付けました。
本当に難しい役どころだったのですが、経験として何事にも代えがたいことをさせて頂いたからこそ表現者としてターニングポイントになった作品かなと思います。

松坂慶子(徹の母親 役)
(TAKAHIRO演じる徹は)素朴な、母親思いの心優しい息子ですね。TAKAHIROさんはとっても感受性豊かな方で、涙もろいんですよね。

TAKAHIRO
松坂さんが不思議なパワーをもっていらっしゃるんです。
みなさんご存じの通り大女優さんなので最初はとても緊張しながらご挨拶をさせていただいたのですが、全てを包み込むような優しさと笑顔で接してくださって。
まるで何年も育ててもらっているような感覚になれる。お芝居の上でもひっぱっていただきました。
短い期間ながら息子として過ごせたことを光栄に思います。
松坂さんの優しさに触れるたびに涙腺が緩むというか。泣くべきシーンじゃないのにどうしても涙が出てしまうので、リハーサルで泣くだけ泣いて涙を枯らして本番に向かう、そんな手法を取らせていただきました(笑)

TAKAHIROが漁師役という普段のイメージとは真逆の設定について

錦織良成監督
最初学校の教師というのを考えていたんですけど、漁師という役のほうが島の力強さを出せるんじゃないかと思いました。
それから島留学で来ている子供たちと記憶喪失の徹、悩んでいる・迷っているというところをリンクさせたら面白いのではと。
演じないで自然にそこにいるっていうのはとても難しいことなんですが、TAKAHIROさんと母親役の松坂さん…最初は美男美女で出来過ぎかなと思ったんですが、島に生まれた方が自然にそこにいるんですよね。
とってもいい島の親子を演じてもらったと思っています。

秋山真太郎(出演、プロデュース、共同脚本)
ヒューマンドラマを作りたかったので、TAKAHIROくんの役にどんどん負荷を与えていって、キャラクターが映画の中で輝けるものにしたいなという思いがずっとありました。

隠岐島での3週間に及ぶ撮影について

TAKAHIRO
島で生活をしながら溶け込む日々が、島の漁師を演じるにあたってはとても助かりましたし、なんでもないように見えるシーンが実はとても深いところにつながっていてヒントがちりばめられているんです。
僕は個人的に家の中でお母さんに作ってもらったごはんを食べるシーンが印象的ですが、不思議と松坂慶子さんにご飯を出されると何倍もおいしくなる!(笑)

錦織監督
消えもの(劇中で出される食事)って普通は役者さんは残しますよね。
TAKAHIROさんは完食してましたからね!

TAKAHIRO
ただのお米も松坂さんが出してくださると全部のお米が立っているんです(笑)

錦織監督
それはお釜の問題じゃないの?(笑)

TAKAHIRO
違うんです!普通のお味噌汁でも松坂慶子さんが出してくださると【黄金の味噌汁】になるんです!

松坂慶子
なんていい息子なんでしょう(笑) こんな風に和やかな撮影現場でしたね。

舞台となった隠岐島について

TAKAHIRO
もちろん景色だったり海の透明度だったり、穏やかな雰囲気もそうですけど、生活する島民の皆さんの温かさ、オープンマインドな雰囲気がリアルに表現できたかなと思うので、作品を通して感じていただけたらと思います。

松坂慶子
見えないものに惹かれるんですけども、奈良に行くと万葉集の1300年前の歌の同じ空気を今感じているんじゃないかなと思うことがあるんです。
そんな風に隠岐諸島にいると太古の見えないものを感じる、イマジネーションを掻き立ててくれる神秘の島で、ご縁の島で、何が起こるかわからない、いればいるほど魅力を感じる島ですね。

これから映画をご覧になる方へのメッセージ

TAKAHIRO
先入観なく、癒されるために映画を観に来ていただければと思います。
静かな映画です、人と人とのぬくもりを感じていただける映画になっています。

映画『僕に、会いたかった』

物語

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。
本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?
その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。
そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。

TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純 配給/LDH
PICTURES (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 bokuai.jp 2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96分

5月10日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

場面写真

僕に、会いたかった

僕に、会いたかった

僕に、会いたかった

僕に、会いたかった

僕に、会いたかった

関連記事

感情豊かな“俳優”TAKAHIRO。映画『僕に、会いたかった』完成披露上映会舞台挨拶

TAKAHIRO、松坂慶子らサプライズ登壇。映画『僕に、会いたかった』