こうの史代『ギガタウン』大英博物館展示決定

こうの史代氏の『ギガタウン 漫符図譜』が、ロンドンの大英博物館で2019年5月23日から8月26日まで開催される日本漫画の展覧会「Manga マンガ」にて、展示されることが決定した。また「このマンガがすごい!2019」ではオンナ編第7位にランクイン。こうの史代氏から届いた喜びのコメントもご紹介。

ロンドンの大英博物館で、来年5月23日~8月26日に、日本の漫画を幅広い視点から紹介する大規模な展覧会「Manga マンガ」が開催される。
江戸時代の浮世絵から最新の話題作まで、様々な切り口で日本の漫画と漫画文化が展示される予定となっている。

この展覧会に、朝日新聞出版刊のこうの史代氏『ギガタウン 漫符図譜』が、尾田栄一郎氏「ONE PIECE」、萩尾望都氏「ポーの一族」などとならんで、展示されることが発表になった。

大英博物館のサイト上の、本展覧会の紹介ページで、『ギガタウン』についても言及されている。

ギガタウン
©こうの史代/朝日新聞出版

「このマンガがすごい!2019」ではオンナ編第7位にランクイン!

さらにこの『ギガタウン』は発売以来、好調が続いており、本日12/11発売の「このマンガがすごい!2019」ではオンナ編第7位にランクインした。
また現在、京都国際マンガミュージアムでは本作をフィーチャーした展覧会<ギガタウン イン テラタウン―こうの史代の「漫符図譜」―>が、2019年4月2日まで開催中。
https://www.kyotomm.jp/lp/gigatown/

こうの史代氏からコメントと自画像到着!

こうの史代
大英博物館は、あこがれの作家さんたちと作品を並べていただくことになり、緊張しています。楽しみです!!
<このマンガがすごい!>ランキングは過去、オトコ編10位と11位にランクインさせていただいたことがありますが、その2作はいずれも「戦争」を題材にしていて、テーマ性で評価された面もあるように思っていました。
今回の『ギガタウン』は、鳥獣戯画というモチーフはあるものの、テーマはない、というかテーマは「マンガそのもの」なので、マンガの技術、腕前を認めていただけた気がしてとてもうれしく感じています。
少し自信になりました!
それと今回『ギガタウン』で初めてオンナ編にランクインというのもなんだかうれしく、今までと違った視点で評価していただけたなあと思います。
ありがとうございました!

こうの史代

『ギガタウン~漫符図譜~』
著者:こうの史代
発行:朝日新聞出版
定価:本体840円+税
https://www.amazon.co.jp/dp/B079ZMYV9H/

こうの史代(こうの・ふみよ)プロフィール
1968年広島市生まれ。95年『街角花だより』でデビュー。2004年発表の『夕凪の街 桜の国』でメディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞新生賞を受賞。07~09年発表の『この世界の片隅に』でメディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。12~13年発表の『ぼおるぺん古事記』で古事記出版大賞稗田阿礼賞を受賞。他の著作に『平凡倶楽部』『日の鳥』『荒神絵巻』など多数。12月13日には人気の高い表題作を含む過去の単行本収録作を集めた『かっぱのねね子 こうの史代小品集』を上梓する。