撮影当時15歳、新星・秋田汐梨が危険な二面性を演じきる。新場面写真解禁

映画・アニメ・演劇・音楽
秋田汐梨

9月27日(金)公開映画『惡の華』で、佐伯奈々子役を演じた秋田汐梨の新場面写真が解禁となった。 秋田汐梨は2003年京都生まれの16歳。本作撮影時は15歳と、メインキャスト4人の中で唯一現役の学生。ナチュラルに等身大の中学生・高校生を演じた。

【イベントレポート】眞島秀和“タオル一丁”の現場で不思議だったこととは…?

映画・アニメ・演劇・音楽
サウナーマン

8月20日、東京・新宿TSUTAYA BOOK APARTMENTにて、ドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない~」の放送と本編&オリジナルエピソードのTSUTAYAプレミアム配信を記念した女性限定トークイベントが開催。主人公・黒柳ヨシトモを演じる眞島秀和、脚本・監督を務める市井昌秀が登壇し、ドラマのエピソード「第1汗」を鑑賞しながらトークセッションを行った。

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の監督・脚本を手掛けた箱田優子が、芸大卒の画力を発揮し自らコミカライズ

映画・アニメ・演劇・音楽 本・コミック・ゲーム・アート
コミック「ブルーアワーにぶっ飛ばす」

夏帆、シム・ウンギョン出演、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 の監督、脚本を手掛けた箱田優子が自ら手掛けたコミカライズ 「ブルーアワーにぶっ飛ばす」を、10月11日(金)の映画公開に先駆け、9月6日(金)より全国順次発売する事が決定した。

『SING/シング』吹替のトレエン斎藤、USJのセレモニーでダンス初披露

映画・アニメ・演劇・音楽
USJ

8月21日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のステージ33(TM)にて、人気アトラクション「シング・オン・ツアー」を開催中の「イルミネーション・シアター」協賛記念セレモニーが開催され、ゲストとしてトレンディエンジェルが出演。「シング・オン・ツアー」のキャストと共に、映画『SING/シング』のエンディングソング「Faith」にあわせてダンスを初披露した。(フォトギャラリー)

「いろんな映画があっていい」オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』の完成披露試写会舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
ある船頭の話

8月21日、オダギリ ジョー長編初監督作品『ある船頭の話』の完成披露試写会舞台挨拶が、スペースFS汐留(東京都港区)で行われ、オダギリ ジョー監督、主演の柄本明、川島鈴遥(かわしまりりか)、村上虹郎が登壇した。(動画&フォトギャラリー)

ツール・ド・東北 フレンズの羽生結弦選手がイラストとして登場

ライフ 地方創生

8月26日(月)より、東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて、フィギュアスケーターの羽生結弦選手や、自転車競技を題材とした大人気アニメ「弱虫ペダル」のキャラクター15人が「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースに登場するスペシャルグラフィックが順次掲出される。

【ノーカット】案内人・稲垣吾郎「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」記者発表会

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
稲垣吾郎

8月20日、STUDIO DISNEY(東京・港区麻布)にて、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」の記者発表会が行われ、同コンサートの案内人を務める稲垣吾郎と、音楽監修・ピアノ演奏の島健が登壇し、自身のディズニー作品への思いや、コンサートの魅力などをPRした。また、稲垣吾郎はイベント後に取材陣の囲み取材にも応じた。(フォトギャラリー)

女優・酒井若菜、漫画家・桂正和、映画監督・今泉力哉ら激賞。映画『お嬢ちゃん』予告編&コメント到着

映画・アニメ・演劇・音楽
お嬢ちゃん

二ノ宮隆太郎監督、萩原みのり主演『お嬢ちゃん』(9月28日公開)の予告編が解禁、及び、酒井若菜(女優)、桂正和(漫画家)、今泉力哉(映画監督)、豊島圭介(映画監督)、金田康平(歌手/THEラブ人間)らの激賞コメントが到着した。

映画秘宝10月号で「映画芸術」荒井晴彦VS「映画秘宝」岩田和明 初の編集長対談が実現

映画・アニメ・演劇・音楽
映画秘宝×映画芸術対談

8月21日(水)発売の映画秘宝2019年10月号に、映画『火口のふたり』の脚本・監督並びに30年に渡り映画芸術の編集長を務める荒井晴彦が、初登場する事が決定。誌面では、映画秘宝編集長・岩田和明氏との編集長対談が実現した。

舞台キャスト初登壇!『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜』スペシャルナイト&キャストインタビュー

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜

8月15日、池袋・サンシャインシティにて、『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜』スペシャルナイトが行われ、2.5次元ミュージカルや舞台等でも活躍するメインキャストの、校條拳太朗、谷佳樹、友常勇気、古谷大和、相楽伊織が舞台衣装を着用し登壇。舞台本編の冒頭を史上最速で披露した。 イベント後は、取材陣のインタビューに応じた。(イベント動画&フォトギャラリー)

80年代と現代。女優の質の違いは?ロマンポルノ時代から最新作『火口のふたり』まで。

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
火口のふたり

直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画『火口のふたり』が8月23日(金)より全国公開されるのを記念して、かつて日活ロマンポルノ時代を築いた両雄、本作の荒井晴彦監督と、根岸吉太郎監督のスペシャルトークが実現。ロマンポルノ時代から『火口のふたり』に至るまで、表現の自由、女優のキャスティングなど、映画界の移り変わりなどを語り尽くした。8月16日、代官山蔦屋書店にて。

田中爽一郎主演。猫目はち監督作品・短編映画「花に問う」クラウドファンディング開始

映画・アニメ・演劇・音楽
花に問う

今泉力哉監督作品・映画『退屈な日々にさようならを』で役者デビューした猫目はちが、自身初短編監督作となる映画『花に問う』を栃木県鹿沼市にて撮影。主演は、MOOSIC LAB 2018作品「左様なら」に出演の田中爽一郎。2019年10月に完成予定のまだ上映の決まっていない本作を、どうにかして皆さまにみて欲しいという願いから、MotionGalleryにてにて8月3日よりクラウドファンディングを開始されている。期限は10月1日まで。目標金額は30万円。 クラウドファンディングの特典として、監督作品のDVDやサイン入り台本などが用意されている。 また、今後の展開として、映画祭に応募し上映を目指すという。

ページの先頭へ