光石研は一流なのか?ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」イベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
デザイナー 渋井直人の休日

テレビ東京系列・TSUTAYAプレミアムで絶賛放送/配信中の、渋谷直角・原作コミックを実写化したドラマ「デザイナー渋井直人の休日」。 おしゃれな日常を過ごすも、次々現れるヒロインたちに右往左往する中年デザイナー・渋井直人を演じる光石研さんと原作者の渋谷さんが登壇するトークイベントが、バレンタイン直前の2月13日、第3話でロケを行った渋谷・WIRED TOKYO 1999にて行われました。

濱口さんって“とったど~”の人?『よゐこ濱口優をよく知らない4人の若手放送作家たち』

映画・アニメ・演劇・音楽
よゐこ濱口優をよく知らない4人の若手放送作家たち

「僕、めちゃイケって世代じゃないんですよね」「濱口さんって“とったど~”の人ですよね?」と、濱口優を【よく知らない】ゆとり20代の放送作家4人が、それぞれ考えた「濱口優を使った企画」にチャレンジする実験的なライブが、行われる。 2月24日、新宿角座にて。

シド国内単独初囲み会見も。『SID ぴあ』発売記念イベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
SID

結成15周年を迎えたSID(シド)が、気鋭の写真家とのフォトセッションによる表紙&グラビア、メンバーそれぞれによる“チャレンジ企画”など、シドの新たな一面を凝縮した『SID ぴあ』を2月8日に発売。 その発売記念イベントとして、2月11日、プレミアムトークショー&お渡し会が、HMV&BOOKS SHIBUYAにて開催。同時に、シド国内単独初となるマスコミ囲み会見も行われた。(フォト)

鈴木梨央「子どもの貧困と虐待について考えるきっかけに」映画『こどもしょくどう』

ライフ 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『こどもしょくどう』

豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』(3/23公開)。 2月10日、都内で開催された、全国のこども食堂の運営者、スタッフ・ボランティア、支援者、行政関係者などが一堂に会する年に1度のイベント「こども食堂サミット」の一貫として同映画の特別試写会・舞台挨拶が行われた。 舞台挨拶には、日向寺太郎監督、主演の藤本哉汰、鈴木梨央が登壇。本作を通して、“子ども食堂”という活動を知ってもらって少しでも子どもの貧困問題を考えるきっかけになったらと語った。(動画&フォト)

【インタビュー】俳優・佐野史郎が小泉八雲の朗読で伝えたいこと。「古代歴史文化賞」記念シンポジウム

ライフ 取材記事
佐野史郎

2月9日、東京・銀座ブロッサムにて「古代歴史文化賞」記念シンポジウムが行われ、俳優・佐野史郎が、「神話の世界に導かれて」をテーマに、彼自身のライフワークとなっている小泉八雲作品の朗読を45分以上にわたり熱を込めて披露した。(動画&フォト)

松井玲奈 日南響子 唐田えりか 映画『21世紀の女の子』SPECIAL WEEK舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
21世紀の女の子

80年代後半~90年代生まれの新進映画監督、総勢15名が集結したオムニバス映画『21世紀の女の子』。 2019年2月8日、テアトル新宿にて、劇場公開記念SPECIAL WEEK舞台挨拶の第一日目が行われ、企画・プロデュースの山戸結希監督をはじめ、女優の唐田えりか、松井玲奈、日南響子らが登壇し舞台挨拶を行った。(動画&フォト)

菅田将暉・小松菜奈の続投が決定。ニコアンドの2019年ブランドアンバサダー

ライフ 本・コミック・ゲーム・アート

アパレルや雑貨、家具、飲食を展開する“style editorial brand”のniko and ...(ニコアンド)が、昨年に引き続き2019年のブランドアンバサダーとして、菅田将暉と小松菜奈の続投を決定した。 2019年のプロモーション第一弾として、二人が出演する、であうにあうMOVIE『あ、ハル』を3月8日(金)より公開。 それに先立ち、ティザーイラストとティザーページが2月8日(金)に公開された。 ティザーイラストは、本ムービーのディレクションを務めたアートディレクター・森本千絵がデザイン。

ページの先頭へ