河北麻友子、ボクササイズでストレス発散!

ライフ 取材記事
河北麻友子

銀座に、「きれい・かっこいい・かわいい」スタイルのラグジュアリージム「Luxool (ラグール)」が新たに完成。 2月13日からのオープンに先立って、スペシャルアンバサダーに就任した、女優・河北麻友子がPRイベントに登壇。 実際に模擬レッスンを体験。そしてバレンタインの過ごし方について語った(動画&フォト)

映画『21世紀の女の子』劇場公開記念「トーキョー カルチャート by ビームス」コラボ展開催

映画・アニメ・演劇・音楽

2月8日(土)より公開される映画『21世紀の女の子』は、ファッション誌「装苑」(文化出版局)が創刊82年の歴史上初となる映画衣裳の全面プロデュースを担当。衣裳ブランドは、作品の世界観を表現した若手から重鎮までの14ブランドを独自にセレクトされた。 そのひとつBEAMSとのコラボレーション展『「トーキョー カルチャート by ビームス」×「21世紀の女の子」のコラボレーション展』が2月8日より開催。映画オリジナルグッズなどが販売される。

【コメント到着】三谷幸喜の新作舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』。柿澤勇人×佐藤二朗×広瀬アリスで今秋9月上演決定

映画・アニメ・演劇・音楽
愛と哀しみのシャーロック・ホームズ

三谷幸喜の書き下ろし最新作となる舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』が今秋9月、世田谷パブリックシアターにて上演されることが決定した。 柿澤勇人、佐藤二朗、広瀬アリスがそれぞれ、ホームズ、ワトソン、依頼人ヴァイオレットを演じる。

真鍋大度が惚れ込んだ“耳で観る音響彫刻映画”とは?映画『THE GUILTY/ギルティ』先行上映トークイベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『THE GUILTY/ギルティ』

2019年2月1日、ユーロライブにて映画『THE GUILTY/ギルティ』の先行上映が行われ、上映後、ライゾマティクスリサーチ・真鍋大度と、映画評論家・森直人がトークイベントを行った。 本作は、「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながら、予測不可能な展開で観るものを圧倒させる。 試写会情報を得た段階から「これは観なければ!」と思い立ったという真鍋大度氏。「耳を澄まして観る、音響彫刻の映画」だと、本作のサウンドデザインを高く評価。また、自身が、最近取り組んでいる実験や作品についても語った。(動画&フォト)

女優のんが実践!温活についての対談記事掲載

ライフ
のん

医療メディア「Medical DOC」に、女優のんと川嶋先生との対談記事「のんと温活」が掲載され、彼女自身が実践した冷えの改善対策について対談した。 「Medical DOC」は、株式会社GENOVAが運営し、「身近でやさしい医療メディア」をコンセプトに医院検索だけでなく、病気や症状、検査内容などの医療情報を届けることを目的としている。

『スパイダーマン:スパイダーバース』アニー賞 最多7部門受賞の快挙!全ノミネート部門で受賞

映画・アニメ・演劇・音楽
スパイダーマン:スパイダーバース

全米公開初登場1位を獲得し、各国メディアから「スパイダーマン映画史上、最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた、新たなるスパイダーマンの誕生を描く『スパイダーマン:スパイダーバース』。 アメリカ現地時間2月2日(土)に発表されましたアニー賞において、ノミネートされていた7部門すべてで受賞を果たし、最多受賞となった。

「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない」映画『愛がなんだ』予告映像解禁

映画・アニメ・演劇・音楽
愛がなんだ

4月19日全国公開の映画『愛がなんだ』の予告映像&主題歌が解禁となった。 直木賞作家、角田光代の同名小説が原作で、みずみずしくも濃密な片思いが描かれる。 映画を監督するのは今泉力哉監督。そして、主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねる。

日本人史上4人目!9歳ドラマー“よよか”が、アメリカの大人気トーク番組「エレンの部屋」に出演!

映画・アニメ・演劇・音楽
よよか「エレンの部屋」

北海道在住9歳少女ドラマー“よよか”(ツインプラネット所属)が、コメディアン・女優のエレン・デジェネレスが司会を務めるアメリカの大人気トーク番組「エレンの部屋」に出演!。現地時間1月31日(金)15時から放送された。 よよかは、9歳ながら多くのプロミュージシャンも絶賛する超絶ドラム演奏を披露する女の子。特に海外で大きな注目を集めている。

四十七都道府県のゆる神が首都争奪戦!『四十七大戦』舞台製作記者発表

取材記事 地方創生 映画・アニメ・演劇・音楽
首都争奪バトル舞台(ステージ)『四十七大戦』-開戦!鳥取編-

47都道府県のゆる神様たちが次の「首都」を争う都道府県擬人化バトルを描いたマンガ『四十七大戦』。 「WEBマンガ総選挙2018」で見事1位に輝いたことを受けて、舞台化が決定。その第1弾として、鳥取編が2019年10月下旬頃より公演されることが発表された。音楽は『カメラを止めるな!』の永井カイル。 2月3日、都内で行われた記者発表会には、鳥取県平井知事と、同県ゆるキャラのトリピーも応援に駆けつけ、舞台を見た人が鳥取に訪れたくなるような取り組みをしていきたいと抱負を語った。

ページの先頭へ