かつて、山形県酒田市に、映画評論家・淀川長治氏が「世界一の映画館」と評した伝説の映画館、グリーン・ハウスがあった。 1976年の大火災・酒田大火で惜しくも消失してしまったが、「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」の企画でドキュメンタリー映画化が決定。そして、そのナレーションを、自身も生前最後となった名優・大杉漣が務めた。2018年1月5日より全国公開。初日舞台挨拶レポート。