「今泉力哉」タグの記事一覧

『愛がなんだ』大ヒットで、テアトル新宿では『この世界の片隅に』以来の高稼働達成

映画・アニメ・演劇・音楽
愛がなんだ

4月19日に公開された映画『愛がなんだ』が好調だ。初週の興行成績は、\51,650,000/動員 37,257人<4/19-4/25 集計>と この規模としては異例の好発進となり、メイン上映館となるテアトル新宿(キャパ218席)では、2016 年11月に公開された『この世界の片隅に』以来の高稼働となっている。

「まんぷく」姉妹の、岸井ゆきの&深川麻衣登壇 映画『愛がなんだ』完成披露舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『愛がなんだ』

2019年3月12日、テアトル新宿にて、映画『愛がなんだ』の完成披露上映会&舞台挨拶が行われ、岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇した。本作は、角田光代原作小説の映画化で、完全なる一方通行の“片思い”を描いた恋愛小説。NHK連続テレビ小説「まんぷく」では姉妹役だった岸井ゆきのと深川麻衣は、本作では親友という関係で共演している。(動画&フォトギャラリー)

「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない」映画『愛がなんだ』予告映像解禁

映画・アニメ・演劇・音楽
愛がなんだ

4月19日全国公開の映画『愛がなんだ』の予告映像&主題歌が解禁となった。 直木賞作家、角田光代の同名小説が原作で、みずみずしくも濃密な片思いが描かれる。 映画を監督するのは今泉力哉監督。そして、主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねる。

「迷いながら作る方が面白い作品に(今泉監督)」 注目女優・岸井ゆきの主演『愛がなんだ』記者会見&舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
愛がなんだ

NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演中の、今注目の女優・岸井ゆきの。東京国際映画祭にも4年連続参加する彼女の最新主演映画『愛がなんだ』の記者会見、舞台挨拶が、10月28日に続けて行われた。 本作は、直木賞作家・角田光代氏の恋愛小説を原作として映画化され、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門作品となっている。 また、オリジナル中心の今泉監督が原作もののメガホンを取ったことも見どころのひとつだ。 『愛がなんだ』の一般劇場公開は2019年春予定。(レッドカーペット動画あり)

「俳優を声優としてキャスティングする理由は?」松岡茉優、湯浅監督に直球質問。東京国際映画祭ラインナップ記者会見

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
第31回東京国際映画祭 ラインナップ記者会見

2018年9月25日、第31回東京国際映画祭のラインナップ記者会見が都内で行われ、映画祭アンバサダーに就任した女優・松岡茉優、コンペティション部門から阪本順治監督、今泉力哉監督、女優・岸井ゆきの。そしてアニメーション特集「アニメーション監督 湯浅政明の世界」から湯浅政明監督がゲスト登壇した。 会見最後に、記者との質疑応答が行われたが、登壇者の松岡茉優が、湯浅監督に「われわれ俳優をアニメーション映画にキャスティングする理由は?」と質問する場面もあって会場を沸かせた。(フォトギャラリー&記者会見動画)

元乃木坂46深川&かっこ良すぎNG三代目山下初共演舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
パンとバスと2度目のハツコイ - 東京国際映画祭ワールドプレミア上映舞台挨拶

深川麻衣(元乃木坂46)・山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が登場するイベントが、10月29日、東京・TOHOシネマズで行われた。 二人が共演する映画「パンとバスと2度目のハツコイ」の第30回東京国際映画祭ワールドプレミア上映の舞台挨拶としてで、監督の今泉力哉も登場した。 乃木坂46を卒業して1年あまりの深川麻衣は、「今、やりたいお仕事ができているので、これからも地に足を着けて仕事と向き合っていきたい」と意気込みを語り、また山下健二郎は、「今回は人を殴らない役です(笑)」と自身が出演している「HiGH & LOW」シリーズを思わせるコメントで観客の笑いを誘っていた。

ページの先頭へ