「この世界の片隅に」タグの記事一覧

すずさんの時代と現代とを繋ぐ‘のん’の演技力。第21回文化庁メディア芸術祭

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
のん&片渕監督トーク『この世界の片隅に』 第21回文化庁メディア芸術祭

6月23日、「第21回文化庁メディア芸術祭」で、アニメーション部門大賞を受賞した『この世界の片隅に』のトーク付上映がTOHOシネマズ六本木で行われ、主演声優をつとめたのんさんと、片渕須直監督が登壇した。 2016年の映画公開から600日近く経つ中、改めて本作について語り、主人公すずさんの号泣シーンの録音秘話について、のんさんの演技への取り組み方と共に明かされた。(動画&フォト)

アニメ「ピッグ –丘の上のダム・キーパー」グランプリ!アヌシー国際アニメーション映画祭2018

映画・アニメ・演劇・音楽

Huluオリジナル作品として、日本国内で2017年8月から配信されている「ピッグ-丘の上のダム・キーパー」(以下、「ダム・キーパー」)。 この度、6月16日(土)【=日本時間6月17日(日)】に開催されたフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭2018にて、本作がTV部門でグランプリであるクリスタル賞を受賞した。 アヌシー国際アニメーション映画祭は、毎年6月にフランスのアヌシーで開催されるアニメーションを専門に扱う国際映画祭で、過去には映画部門で宮崎駿監督の『紅の豚』や、高畑勲監督の『平成狸合戦ぽんぽこ』などが受賞し、昨年では片渕須直監督の『この世界の片隅に』が受賞した、日本にも縁の深い映画祭。 今回の受賞を受けて、エリック・オー監督と堤大介総監督からコメントが届いた。

【片渕監督インタビュー】文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞受賞「この世界の片隅に」

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 本・コミック・ゲーム・アート
第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会

「第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が2018年6月13日(水)~6月24日(日)の期間開催されることに先立って、報道関係者向け内覧会が行われました。 アニメーション部門大賞を受賞した「この世界の片隅に」の片渕須直監督に、受賞の思いと現在製作中という“長尺版”「この世界の片隅に」についてお話を伺いました。(動画&フォト)

好きな映画を題材に絵を描く『映画感想画コンテスト』結果発表。「この世界の片隅に」は3作品受賞

映画・アニメ・演劇・音楽

好きな映画を題材に、印象に残ったシーンや好きなシーンを絵に描いて応募するコンテスト『映画感想画コンテスト』(実行委員長:中四国TSUTAYA)の2017年度結果発表が行われ、最優秀賞含み、3作品に「この世界の片隅に」が含まれる結果となった。 本コンテストは中四国9県を対象に開催。本年度は過去最高の応募数693通。

【速報版】NETFLIXアニメ祭!スペシャルステージ@AnimeJapan 2018

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
AnimeJapan 2018

3月24日、東京ビッグサイトで開催中のAnimeJapan 2018に初出展したNetflixが、イベント【NETFLIX アニメ祭!スペシャルステージ】を開催し、現在配信中の注目アニメ4作品からゲスト7名の声優が登壇し、出演作品の垣根を超えたトークやプロモーション映像の上映、最新情報のお披露目などを行った。(動画&フォト)

「この世界の片隅に」漫画原画展クラウドファウンディング

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽

2016年11月公開から異例のロングラン中の映画「この世界の片隅に」。 その原作者こうの史代氏のコミック原画は、2017年、1年かけて全国各地で展示会が行われた。 1年経って、呉市立美術館に戻ってきた形になっているが、改めての原画展開催に向けて、クラウドファウンディング(以下、CF)募集中となっている。

今年最高の映画は?FILMARKS AWARDS投票受付開始

映画・アニメ・演劇・音楽
FILMARKS AWARDS 2017

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、2017年に劇場上映された映画を対象に、ユーザー投票によって今年最高の一本を決める「FILMARKS AWARDS 2017」を開催する。2016年の総合ランキング1位は『君の名は。』。以下、2位『シング・ストリート 未来へのうた』、3位『シン・ゴジラ』、4位『この世界の片隅に』。 投票受付期間は、12月15日~翌2018年の1月8日まで。

20回記念の「ねぶくろシネマ@銀座」は『この世界の片隅に』

映画・アニメ・演劇・音楽

首都圏を中心に、北海道の廃校から被災地 南三陸まで全国を飛び回り手がけた野外映画イベントは今年だけで15回。2017年の最後を締めくくるのは都心一等地「銀座」で、数々の映画賞を受賞した『この世界の片隅に』を無料で野外上映。冬の銀座で、寝袋に包まってゴロゴロと映画を見るという新しい体験。

「この世界の片隅に」公開連続1年イベント。ロングVer発表も。

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
「この世界の片隅に」劇場公開連続1周年記念舞台挨拶

2017年11月12日、テアトル新宿にて「この世界の片隅に」の連続上映1周年を記念する舞台挨拶が行われ、片渕須直監督、真木プロデューサー、そして声優をつとめた、のん、尾身美詞、岩井七世らが登壇しました。 この一年間を振り返ってのコメントがそれぞれ語られる中、片渕監督は、映画を観てくれたお客さん、映画を上映し続けてくれた映画館関係者に感謝の言葉を述べました。 また、サプライズ発表として、真木太郎プロデューサーより、ロングバージョン制作発表もあり、観客は拍手喝采。のんさんも「これから作るんですか?」と驚いていました。 2016年11月12日劇場公開当初、63館で上映が始まった本作。翌2017年2月には300館を超えピークに達するも、その後も途絶えることがなく全国各地で上映が続けられ、2017年9月15日にDVD/Blu-ray発売後の今日も劇場公開が続くという驚きのロングラン記録を続けています。

ページの先頭へ