「あまちゃん」タグの記事一覧

大人気 東海オンエア!第4回全国ふるさと甲子園グランプリは愛知県岡崎市!

取材記事 地方創生 映画・アニメ・演劇・音楽
第4回全国ふるさと甲子園

全国55地域の“ロケ地”と“グルメ”で「行きたいまちNo.1」を決定する『第4回全国ふるさと甲子園』が、8月25日、アキバ・スクエアで行われた。 常連の岩手県久慈市の他、昨年に続き参加した兵庫県神河町は里見浩太朗をゲストに。また、見事グランプリを獲った地元愛知県岡崎市で活躍する大人気ユーチューバー 東海オンエア の登壇は、多くの女性ファンを呼び込み、圧倒的な強さを見せつけた(ダイジェスト動画&フォトギャラリー)。

『半分、青い。』岐阜県恵那市も出場!「第4回全国ふるさと甲子園」出場全55地域が決定

地方創生 映画・アニメ・演劇・音楽
第3回全国ふるさと甲子園

2018年8月25日(土)、東京・秋葉原にて開催される“ロケ地”と“ご当地グルメ”をテーマに、“行きたいまちNo.1”を決定する「第4回全国ふるさと甲子園」の出場全55地域が決定した。 今年で4回目を迎える本イベントは、昨年のグランプリ 広島県尾道市、映画『君の名は。』で一躍有名になった岐阜県飛騨市、放送中の朝の連続テレビ小説『半分、青い。』岐阜県恵那市、など全国から 55地域が出場する。

辞書に載せるべき新語ランキング2017発表

ライフ 取材記事

2015年に始まって今年3年目となる三省堂「今年の新語2017」のベスト10の発表が、東京・神保町の一橋大学一橋講堂で行われ、特別ゲストとして水道橋博士が登壇した。 世にいくつかある新語・流行語ランキングの中で、本発表の特徴は一時的な流行語ではなく、“将来辞書に収録される可能性のある新語”と認められるほどに広く普及し、用例が確定している新語という観点で選ばれることにあり、辞書の編纂専門家が一般公募の中から選定した。

【総集編】完全復活した久慈秋まつり。台風襲来からの1年。

取材記事 地方創生
久慈秋まつり2017

2016年8月30日、岩手県大船渡市付近に上陸した台風10号の豪雨による河川の氾濫は、秋まつり準備中の久慈市にも大きな被害をもたらしました。 当時秋まつりが中止になった経緯と、2017年の秋まつり完全復活にむけての取り組みについて、今年当番組である中組 葛巻一幸(くずまきかずゆき)組頭にお話を伺いました。 そこから見えてきたのは、久慈のみなさんの頑張りと共に、久慈市だけでなく日本全国共通とも言える課題でした。 また、記事最後に完全復活した久慈秋まつり2017のフォトギャラリーと動画を掲載しています。 フォトギャラリーはお祭りに参加する人々の表情を中心に。 総集編動画は、迫力ある山車の展開のようすと共に人々の表情を中心に追っていて、3日間の撮影動画をギュッと13分に凝縮していますので、久慈秋まつり疑似体験としてどうぞ(最後にのんさんも登場します)。

【久慈秋まつり のん編】約束を果たせて嬉しい

ライフ 取材記事
のん - 久慈秋まつり2017

台風10号によりやむなく中止になった2016年の岩手県久慈秋まつり。1年の時を経て、2017年の9月、完全復活。 そして、1年前に「絶対に来ます!」と約束した女優・のんさんも約束通り、久慈市に帰ってきました。 9月17日の「お還り」でパレードに参加し、久慈市民の大歓迎に応えました。 そのようすと、パレード後ののんさんのインタビューと、久慈市民の方々へのんさんからのメッセージをお届けします(動画もあり)。

地方創生2大イベント。全国ふるさと甲子園&ふるさとチョイス

地方創生

日本の地方創生を勢いづけるイベントが東京で2つ行われる。 8月26日は、秋葉原のアキバ・スクエアで『全国ふるさと甲子園』。 9月2・3日は、東京ビッグサイトにて、『ふるさとチョイス ふるさと納税大感謝祭』。 『全国ふるさと甲子園』は、“ロケ地”と“ご当地グルメ”でふるさと対抗するもので来場者による投票により、「行きたいまちNo.1」と「世界に誇る逸品グルメ大賞(4部門)」を決定する。 一方、『ふるさとチョイス』は、日本最大のふるさと納税のイベントで、全国津々浦々から集まった約100のブースが出展され、来場者は、返礼品の試食や試飲ができるだけでなく、会場にて実際に応援したい自治体に寄附をすることが可能となっている。

ページの先頭へ