2月8日(土)より公開される映画『21世紀の女の子』は、ファッション誌「装苑」(文化出版局)が創刊82年の歴史上初となる映画衣裳の全面プロデュースを担当。衣裳ブランドは、作品の世界観を表現した若手から重鎮までの14ブランドを独自にセレクトされた。 そのひとつBEAMSとのコラボレーション展『「トーキョー カルチャート by ビームス」×「21世紀の女の子」のコラボレーション展』が2月8日より開催。映画オリジナルグッズなどが販売される。