「2019年6月」の記事一覧

銀杏BOYZ 峯田和伸「RCサクセションのスローバラードに救われた」映画『いちごの唄』公開直前イベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
いちごの唄

映画『いちごの唄』の公開直前イベントが、6月28日にタワーレコード渋谷 CUTUP STUDIOで行われた。 主演の古舘佑太郎、石橋静河と、本作の原作・音楽・主題歌をつとめた峯田和伸(銀杏BOYZ)が登壇。本作のテーマである恋と青春と音楽について語ったほか、峯田和伸と、自身もロックバンド「2」を率いてミュージシャンとしても活躍中の古舘佑太郎が、主題歌「いちごの唄」をアコースティックで生演奏した。(フォトギャラリー)

映画『凪待ち』 撮影地「石巻」から初日スタート。舞台挨拶・一般公開記者会見

映画・アニメ・演劇・音楽
凪待ち

香取慎吾主演、白石和彌監督による『凪待ち』が、ついに6月28日(金)に公開、主演の香取慎吾、白石監督登壇のもと、撮影地の「石巻」にて、初日舞台挨拶を実施。その上、イオンモール石巻という一般の方が見ることができる場所で初日一般公開記者会見を実施するという前代未聞の会見が行われた。

『シンカリオン』映画化決定 タイトル&ティザービジュアル&特報映像解禁

映画・アニメ・演劇・音楽
新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X

2018年よりTBS系全国28局ネットで放送されてきたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』。6月29日(土)の放送ではヒトの「協力」により、長かったキトラルザスとの闘いにも決着がつき、運転士たちもそれぞれの道を歩み始めるなど、大団円で終着駅へとたどり着いたシンカリオン。そんな感動の最終回を迎えたのもつかの間、この度2019年12月に映画化されることが決定した。

香取慎吾「初日舞台挨拶がまさかのクイズコーナーですみません」映画『凪待ち』

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
凪待ち

今まで誰も見たことがない香取慎吾の闇。とことんまでどん底に落ちる男を香取慎吾が渾身の演技で演じきった映画『凪待ち』が、撮影から約1年経った6月28日、全国公開初日を迎え、都内で舞台挨拶を行った。同作は、これまで完成披露試写会として舞台挨拶の全国巡りをしてきたが、初日舞台挨拶のまさかのクイズコーナーに「申し訳ありません」と香取慎吾がお詫びする形となり、重厚なストーリーとは裏腹の大爆笑の舞台挨拶となった。(フォトギャラリー)

STARBASEがアーティスト活動を総合プロデュース。STARBASE×ツインプラネット共催新人発掘オーディション

映画・アニメ・演劇・音楽
STARBASE

MACOや前回のオーディションで審査員特別賞を獲得したKAHOHなどが所属し、著名アーティストの楽曲プロデュースを手掛ける音楽レーベル株式会社STARBASEとツインプラネットが、新人アーティストを発掘するプロジェクト第2弾の『STAR ARTIST2019“by TWIN PLANET』オーディションを開催する。

寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、伊藤歩豪華キャスト連続ドラマ舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー

直木賞候補作となった人気作家湊かなえの短編集『ポイズンドーター・ホーリーマザー』が6話連続ドラマ化され、各話の主演には、寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、伊藤歩という原作のキャラクターの再現性を重視した実力派女優たちが揃う。 6月25日、都内にて完成披露試写会舞台挨拶が行われ、寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナが登壇した。(フォトギャラリー)

【特報映像&場面カット解禁】間宮祥太朗&桜井日奈子W主演『殺さない彼と死なない彼女』

映画・アニメ・演劇・音楽
殺さない彼と死なない彼女

「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が、間宮祥太朗・桜井日奈子のW主演で実写映画化、2019年11月15日に全国公開となる。このたび、特報映像・ティザービジュアル・場面写真が解禁となった。

齋藤飛鳥「自分の本当の気持に気づいた」乃木坂ドキュメンタリー映画第二弾 完成披露上映会

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂 46

6月25日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂 46』完成披露上映会が行われ、乃木坂46から、一期生の秋元真夏、齋藤飛鳥、高山一実、三期生の梅澤美波、与田祐希、そして、岩下力監督が登壇した。 「手が伸ばせば届くような“絵”で彩りたかった」と語る岩下監督に対して、「ポロっと本音で語って自分の本当の気持に気づいた」(齋藤飛鳥)、「この映画はうそがない」(秋元真夏)と振り返った。(舞台挨拶フォトギャラリー)

のん「私の青春そのもの」。ミニアルバム「ベビーフェイス」発売記念トークイベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
のん

のんが「私の青春そのもの」と語る「GO!GO!7188」。その元メンバー・ユウとノマアキコから楽曲提供を受けたアルバム「ベビーフェイス」が発売された。それを記念したトークイベントが、6月20日、タワーレコード渋谷店で行われ、先着およそ100名のファンが集まった。 のんは「一番良い形でリリースしたかった。それがミニアルバムというギュッとつめこんだ形だった」と振り返り、自身の中学生時代の黒歴史も明かしつつ、アルバムに込めた思いを語った。(イベント動画&フォトギャラリー)

主演・望月歩、「3年A組」共演の菅田将暉の情熱に感化!「いつか先生役を」

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
五億円のじんせい

6月19日、映画『五億円のじんせい』で初主演となる望月歩と文晟豪監督が、日本外国特派員協会にて記者会見を行った。望月歩は、かつて五億円の募金で命を救われた17歳の少年を演じる。劇中演じた闇バイトの添い寝リフレシーンは「母には見られたくない」と初々しさを見せつつ、最近共演したドラマ「3年A組」共演の菅田将暉の情熱に感化されたことも明かした。

名優・仲代達矢の塾生、井手麻渡 初主演映画『ある町の高い煙突』初日舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
ある町の高い煙突

映画『八甲田山』『劔岳 点の記』などで知られる昭和の文豪、新田次郎の未だ映画化されていない傑作小説を映画化した『ある町の高い煙突』の初日舞台挨拶が6月22日に有楽町スバル座で行われ、井手麻渡、渡辺大、小島梨里杏、城之内正明、松村克弥監督が登壇した。(フォトギャラリー)

女優・土山茜 3年ぶり舞台出演 『BABY ~産まれた時も、泣いてたクセに。~』

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
土山茜

6月19日、演劇媒体「Pxxce Maker'」旗揚げ公演となる『BABY ~産まれた時も、泣いてたクセに。~』の公開ゲネプロが劇場MOMO(東京・中野)にて行われた。主演は土山茜。3年ぶりの演劇舞台復帰となった土山は、舞台で感じ、それに響く自身の心の動きに新鮮さを感じているという。公演は6月23日 (日)まで。(ゲネプロフォト)

カルト映画代表作『片腕マシンガール』が新作として≪令和元年≫リブート

映画・アニメ・演劇・音楽
爆裂魔神少女 バーストマシンガール

たった一人の弟を殺された女子高生の壮絶な復讐劇を描いて、日本を飛び出してアメリカでも大ヒットを飛ばした伝説のカルト・ムービー『片腕マシンガール』(08・井口昇監督)が、まったく新しいストーリーと世界観で描くリブート作品『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』の今秋公開が決定した。同時にキャスト情報解禁&コメントも到着。

キックボクシング歴2年の広瀬すずが21本のロウソクの火を高速右ストレートで消す!【新CMインタビュー】

ライフ
広瀬すず

広瀬すずの「三ツ矢サイダー(アサヒ飲料株式会社)」 新TVCM 「やりきろうぜっ KICKBOXING」編が6月23日(日)より全国で放送される。さらに6月19日に21歳の誕生日を迎える彼女が、バースデーケーキの上に立てられた21本のロウソクの火を、右ストレートで消す挑戦を描いたWEBムービー「広瀬すず 誕生日チャレンジ」も公開。日ごろからキックボクシングで鍛えている広瀬すずの高速右ストレートに対し、ロウソクの火はすべて消えるのか・・!?(動画&フォトギャラリー)

ページの先頭へ