「2018年11月」の記事一覧

【インタビュー】吉澤嘉代子から働く方へメッセージ。“働く”ということへの想い。

ライフ 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
パーソル presents 勤労感謝Fes!

勤労感謝の日である2018年11月23日(金・祝)に、TOKYO FMにて「TOKYO FMホリデースペシャル パーソル presents 勤労感謝Fes!」(以下、「勤労感謝Fes!」)が開催。参加アーティストとして、吉澤嘉代子さんが登場。“働く”にまつわる経験談を語り、生LIVEを披露しました。 イベント後、NB Press Online(以下、NB)では、吉澤嘉代子さんに個別取材の機会をいただき、ご自身の職業に対する考えや、生まれ育った街のエピソード、『女優姉妹』の制作に関わる方々への想いの伝え方について、たっぷりと語っていただきました。

【イベントレポ】ラジオから、感謝とエールを!『パーソル presents 勤労感謝Fes!』

ライフ 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
パーソル presents 勤労感謝Fes!

『パーソル presents 勤労感謝Fes!』開催。働く人を応援するため、May J.、吉澤嘉代子、MOROHAが生LIVE!DJ KOOがスペシャルMIXを披露。 勤労感謝の日である2018年11月23日(金・祝)に、TOKYO FMにて「TOKYO FMホリデースペシャル パーソル presents 勤労感謝Fes!」(以下、「勤労感謝Fes!」)が開催。 参加アーティストとして、May J.、吉澤嘉代子、MOROHAが生LIVEを披露。 DJ KOOは“働く”をテーマにして制作したスペシャルMIXを披露。また、“働く”をテーマにしたスペシャルラジオドラマも放送。パーソナリティは「ドランクドラゴン」の塚地武雅が担当した。 本記事では、各アーティストが語った“働く”にまつわる経験談をお届け!(関連記事に吉澤嘉代子さんへの単独インタビュー)

【ライブレポ】小坂忠『ほうろう』再現ライブ。矢野顕子・高橋幸宏・荒井由実・尾崎亜美ら。

映画・アニメ・演劇・音楽
ほうろう

11月26日、武部聡志プロデュースによる一夜限りのコンサート「新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS」が東京国際フォーラム ホールAで開催された。 「SONGS & FRIENDS」は、武部聡志が選ぶ『100年後も聴き続けてほしいアルバム』、つまり“名盤・名作”を、その音楽の遺伝子を受け継ぐアーティストたちが再現するというプレミアムなコンサート。 今年3月に、第1段弾として荒井由実の『ひこうき雲』をフィーチャーし開催されたが、今回は第2弾となる。

本田望結、身長が伸びて女性らしく。トリバゴお姉さんナタリーと一緒にクリスマス・ワンダーランド2018 PRイベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド 2018

2016年の初演から3年目となる2018年も「ブロードウェイ クリスマスワンダーランド」が上演されることが決定。 それに先立っての11月27日、クリスマス・ミニライブが開催され、3年連続応援サポーターを務める本田望結と、昨年に引き続き、シンガーとして出演するナタリー・エモンズが登壇し、本公演への意気込みを語った。 この1年でより一層身長が伸びたという本田望結。3年前の自身の出演映像を観て「ちっちゃい!」と思わず自分で声をあげたほど。すっかり女性らしさが出てきた彼女は、今年も初日公演にてスケートショーを披露する。(会見動画&フォトギャラリー)

役者の迫真の演技をより体感できる「IMAX®レーザー」とは?109シネマズ川崎、名古屋で初導入

IT・科学 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
IMAX®レーザー

11月23日より、109シネマズ川崎、109シネマズ名古屋にて、『IMAX®レーザー』が導入スクリーンがグランドオープンとなった。 「鮮やかで明るい高解像度の映像」とのことだが、いったい何がどう高解像度なのか?既にある「IMAX®」とは何が違うのか? グランドオープンに先駆け、11月20日に、報道陣にIMAX®レーザーの公開が行われ、映画『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督がIMAX愛を語った他、IMAX社でチーフ・クオリティ・グルーを務めるデヴィッド・キーリー氏も登壇、IMAX®レーザーの解説を行った。

奈良の伝説×家族の歴史を紐解く映画『かぞくわり』波乱を予感させる場面写真解禁

地方創生 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『かぞくわり』

2019年1月19日公開映画『かぞくわり』の場面写真が解禁となった。 本作は、奈良県発の映画で、奈良県で映画を作り続けている映画監督・塩崎祥平が、「死者の書」(折口信夫著)、そしてそれを原作として作られた川本喜八郎監督の人形アニメーション映画『死者の書』のふたつをヒントに作り上げられた。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡なある家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する注目映画だ。

岡田将生の迫真の演技が怖かった(時任三郎)。鉄拳パラパラ漫画原作 映画『家族のはなし』初日舞台挨拶

取材記事 地方創生 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『家族のはなし』初日舞台挨拶

2018年11月23日、映画『家族のはなし』の初日舞台挨拶が、イオンシネマ板橋で行われ、原作の鉄拳、そしてキャストの岡田将生、成海璃子、金子大地、財前直見、時任三郎らが登壇した。 今作は、鉄拳が2013年に信濃毎日新聞との企画として発表したパラパラ漫画が原作で、第17回アジア太平洋広告祭でフィルム部門・プレス部門のW受賞をしている。 リンゴ作り一筋。葛藤し成長していく息子を不器用ながらもじっと見守る主人公拓也の父親・小林徹を時任三郎が演じ、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役には財前直見、また拓也に時には厳しく時には優しく隣で助言をする地元の同級生・明日香役に成海璃子と豪華共演者がそろい、主演の岡田将生とともに、家族の物語を彩る。(動画&フォトギャラリー)

宇宙食ゲームに挑戦!私立恵比寿中学、6人体制・初の主演ドラマ『君は放課後、宙を飛ぶ』イベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
私立恵比寿中学『君は放課後、宙を飛ぶ』 Blu-ray&DVD発売記念イベント

私立恵比寿中学、6人体制・初の主演ドラマ『君は放課後、宙を飛ぶ』のBlu-ray&DVD発売記念イベント&ライブが、タワーレコード渋谷店・CUTUP STUDIOで行われ、ドラマの主題歌になっている「響」を含むミニライブや、ドラマのストーリーにちなんで、宇宙食のブラインドテストに挑戦、珍回答を連発して会場を大いに盛り上げた。(イベント動画&フォトギャラリー)

先端のアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボ。「PARCOのKYOTO展」

取材記事 本・コミック・ゲーム・アート
PARCOのKYOTO展

11月22日(木)~12月3日(月)、パルコミュージアムにて、「PARCOのKYOTO展」が開催される。 本展覧会は、様々な分野で活躍するアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボレーションする、アートと伝統が交差する唯一無二の展覧会。「京都 SOUVENIR STORE」が併設され、京都の定番かわいいモノや最新のこだわり京モノなどがラインナップされる。

【製作発表記者会見】稲垣吾郎&二階堂ふみW主演 手塚治虫の禁断の問題作『ばるぼら』初映画化

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 本・コミック・ゲーム・アート
映画『ばるぼら』製作発表記者会見

11月20日、「手塚治虫生誕90周年記念会」式典が東京・帝国ホテルで開催され、多くの出版関係者、漫画家、ゆかりのある芸能人が招待されていた。 その最後に、手塚治虫の禁断のアダルト&カルト漫画として世界にコアファンを持つ『ばるぼら』を国際共同製作で初映画化の製作発表記者会見が行われた。 登壇したのは、手塚治虫の実子である手塚眞監督、そして主演の、稲垣吾郎・二階堂ふみ。 「壊れゆく時にしか出せないような色気と尊さを感じられる作品」と語る稲垣吾郎。 世界同時初解禁の予告映像とともに、記者会見のすべてをお届けする。(フォトギャラリー)

ページの先頭へ