「取材記事」の記事一覧

歌舞伎をカジュアルなディナーショーとして体験!

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
KABUKI Dinner Show

2017年9月4日、KABUKI Dinner Showがグランドオープンする。 歌舞伎の世界をディナーショーという形式で身近に感じられるエンターテイメントとして再構成したもので、歌舞伎初心者や、海外からの訪日旅行者に歌舞伎を中心とした日本文化を体験してもらう新たな試みだ。(動画ニュースあり)

舞台「昆虫戦士コンチュウジャー2」公開ゲネプロ&記者発表

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
昆虫戦士コンチュウジャー2〜激突!恐怖の戦士、ネオコンチュウジャー!〜

8月12日より、舞台「昆虫戦士コンチュウジャー2~激突!恐怖の戦士、ネオコンチュウジャー!」の公演が始まった。 好評を博した1作目の続編にあたるもので、笑いあり歌ありの新感覚ヒーローコメディとなっている。 公演に先かげて、公開ゲネプロと記者会見が行われた。 登壇した、海老澤健次が「2(ツー)は、1作目を観ていないお客様にも楽しめる内容になってます」と語ると、すかさず「それはツウなお客様ってことかな?」とモト冬樹がアドリブつっこみ、キャストたちからうまい!と絶賛されていた。(動画ニュースあり)

コスプレファースト!?篠原信一@きのこの山の日イベント

ライフ 取材記事
篠原信一 - きのこの山の日

「きのこの山」を発売する株式会社明治は、8月11日を「きのこの山の日」と、祝日・山の日に便乗して命名。 2017年の今年は、東京都とコラボしたイベントを東京タワーと東京都庁で実施することになった。 8月10日、そのプレスイベントが行われ、柔道家・篠原信一氏が、きのこチルドレンと共に、きのこの山のコスプレで登場。 東京オリンピックでは、柔道解説者よりも、コスプレの仕事を優先すると語り、会場の笑いを誘った。 また、小池百合子東京都知事からもPRビデオメッセージが紹介された。(動画ニュースあり)

大盛況!世界初上演「メタルギア in コンサート」

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 本・コミック・ゲーム

2017年8月2日、東京国際フォーラム・ホールAにて、「メタルギア in コンサート」が上演された。 「メタルギア」シリーズの楽曲をオーストラリア出身の作曲・編曲家ニコラス・バックがオーケストラアレンジ。本コンサートでは指揮者も務める。 80名以上のフルオーケストラによる生演奏と、舞台上に設置された大スクリーンに映し出される「メタルギア」シリーズからの映像が完全にシンクロするコンサートに、集まった「メタルギア」ファンは、感動に感極まり、感嘆の声をあげていた。

アンジャッシュ渡部、新婚生活語る-リゾ婚caféプレス発表会

ライフ 取材記事
リゾ婚 café2017 オープニングプレス発表会

2017年7月31日、渋谷シティラウンジ(渋谷ロフト2階)にて、リゾ婚 café2017 オープニングプレス発表会が開催され、アンジャッシュ渡部建が“リゾ婚PR大使”として登壇。 佐々木希さんとの新婚生活について記者に聞かれると、「毎日幸せです!」と新婚生活の充実をアピールした。(動画ニュースあり)

恐竜くん、ペナルティ・ヒデも興奮!DINO-A-LIVE 超恐竜体験

ライフ 取材記事
DINO-A-LIVE 超恐竜体験

2017年7月29日(土)、J:COMとディスカバリー・ジャパン共催で、ベルサール新宿セントラルパークにて、スペシャルイベント「DINO-A-LIVE超恐竜体験」が開催されました。 イベントでは、歩く恐竜を間近で見られる体験型恐竜ライブ「DINO-A-LIVE超恐竜体験」や、「恐竜くん」トークショーが行われ、集まった小学生の子どもたちは大熱狂していました。(記事最後にイベント動画)

ロックレジェンド達を撮影し続けた写真家ボブ・グルーエン写真展

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
ボブ・グルーエン写真展

ボブ・グルーエンって誰?って人は多いと思うが、エルビス・プレスリーを初め、ビートルズやローリング・ストーンズなど、世界のロックレジェンドとも言えるロックスター達をその黎明期から撮影してきた写真家で、誰もが一度は目にしたことがある写真を撮影している人物なのである。 そのボブ・グルーエンの写真展が、7月20より池袋パルコにて開催されている。

美しい主演プリンシパル登壇。舞劇『朱鷺』-toki-制作発表会見

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
舞劇『朱鷺』-toki-制作発表会見

2017年8月より、東京・名古屋・大阪で、2年ぶりの再演が決まった上海歌舞団による舞劇『朱鷺』-toki-の制作発表記者会見が行われ、オフィシャルサポーターとして草刈民代さん、主演プリンシパルの朱潔静(ジュ・ジェジン)、王佳俊(ワン・ジヤジュン)も登壇し、作品の魅力について語った。 (2017年7月19日 東京・虎ノ門 中国文化センター)

ページの先頭へ