「取材記事」の記事一覧

女の子の“つくりたい”“発信したい”!映画作りの原点を「21世紀の女の子」の監督語る。

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
21世紀の女の子

2月21日、SHIBUYA TSUTAYA 7F WIRED TOKYO にて、15人の女性監督によるオムニバス映画『21世紀の女の子』から、枝優花監督(「恋愛乾燥剤」)、首藤凛監督(「I wanna be your cat」)が登壇するトークイベントが行われた。 本イベントは、「女の子の“つくりたい”“発信したい”を全力で応援する」をテーマに、映画『21世紀の女の子』× SHIBUYA TSUTAYAによるコラボレーションとして開催。 ゆっきゅんが聞き手となり、監督らの学生時代の映画づくりの思い出が披露された。

市川海老蔵「勸玄は團十郎を襲名したかった」。魚河岸と歌舞伎のつながりと豊洲の未来。

ライフ 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
市川海老蔵

2月16日、豊洲市場で毎週土曜日に開催中の「豊洲市場 Oishii 土曜マルシェ」の特別企画イベントが行われ、十一代目市川海老蔵氏をが登壇。歌舞伎と魚河岸のつながりや、十三代目市川團十郎白猿の襲名の気持ち、そして息子勸玄君の新之助襲名の裏話などを語った。

多様性を肯定する、ドキュメンタリーと劇映画が混在したモノクロ映画『シスターフッド』

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『シスターフッド』

『シスターフッド』の完成披露上映会が2月7日、東京のアップリンク渋谷で開催。 当日、舞台挨拶が行われ、キャストの兎丸愛美、BOMI、遠藤新菜、秋月三佳、岩瀬亮、監督の西原孝至が登壇した。 『シスターフッド』は、ドキュメンタリーとフィクションが混在した映画。全編モノクロ作品。 東京に暮らす若者たちの姿を通して、生きづらさを抱える人に、悩みながら、自分らしく生きていいんだと、背中を押す作品。

野音リベンジ達成!!のん with スーパーヒーローズ“CHABO”

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
のん with スーパーヒーローズ 野音リベンジ!!!

昨年9月30日に日比谷野音で予定していたライブ『のん with SUPERHEROES』が台風で中止になり、当然ながらとても悔しがっていたのん。それは当時中止直後に出されたのんのコメントからも痛いほど伝わってきていた。 そして、年が変わっての2月14日のバレンタインの日、『のん with スーパーヒーローズ 野音リベンジ!!!』として、のんとCHABOこと仲井戸麗市バンドが共演するチャンスが再来!クラブチッタで繰り広げられたステージは、“のん”という新しいスーパーヒーローにロックの魂が伝承されたライブだった。(フォトギャラリー)

「一息ついてね」のん×ON THE CORNERコラボディナー「NON THE CORNER」OPEN記念イベント

ライフ 取材記事 本・コミック・ゲーム・アート
NON THE CORNER

のんと渋谷の人気ダイナー「ON THE CORNER」によるコラボレーションダイナー「NON THE CORNER」が2019年2月15日から28日までの期間限定でオープン。 オープン初日、一般のお客様をお迎えする直前に、関係者レセプション、そしてその後、ファンクラブ(NON KNOCK)会員(限定51名)レセプションが行われ、のん が挨拶を行いました。 期間中にはNON THE CORNER店舗にて、オリジナルフードが注文できるほか、スージー甘金とのオリジナルコラボグッズも数量限定で販売されます。(インタビュー・動画・フォト)

光石研は一流なのか?ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」イベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
デザイナー 渋井直人の休日

テレビ東京系列・TSUTAYAプレミアムで絶賛放送/配信中の、渋谷直角・原作コミックを実写化したドラマ「デザイナー渋井直人の休日」。 おしゃれな日常を過ごすも、次々現れるヒロインたちに右往左往する中年デザイナー・渋井直人を演じる光石研さんと原作者の渋谷さんが登壇するトークイベントが、バレンタイン直前の2月13日、第3話でロケを行った渋谷・WIRED TOKYO 1999にて行われました。

シド国内単独初囲み会見も。『SID ぴあ』発売記念イベント

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
SID

結成15周年を迎えたSID(シド)が、気鋭の写真家とのフォトセッションによる表紙&グラビア、メンバーそれぞれによる“チャレンジ企画”など、シドの新たな一面を凝縮した『SID ぴあ』を2月8日に発売。 その発売記念イベントとして、2月11日、プレミアムトークショー&お渡し会が、HMV&BOOKS SHIBUYAにて開催。同時に、シド国内単独初となるマスコミ囲み会見も行われた。(フォト)

鈴木梨央「子どもの貧困と虐待について考えるきっかけに」映画『こどもしょくどう』

ライフ 取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
映画『こどもしょくどう』

豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』(3/23公開)。 2月10日、都内で開催された、全国のこども食堂の運営者、スタッフ・ボランティア、支援者、行政関係者などが一堂に会する年に1度のイベント「こども食堂サミット」の一貫として同映画の特別試写会・舞台挨拶が行われた。 舞台挨拶には、日向寺太郎監督、主演の藤本哉汰、鈴木梨央が登壇。本作を通して、“子ども食堂”という活動を知ってもらって少しでも子どもの貧困問題を考えるきっかけになったらと語った。(動画&フォト)

ページの先頭へ