「東京国際映画祭」の記事一覧

レッドカーペット(2)第30回東京国際映画祭 動画編

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
第30回東京国際映画祭

前回記事に続き、今回は第30回東京国際映画祭レッドカーペットを動画でお届けします。 橋本環奈・本田翼・宮﨑あおい・満島ひかり・蒼井優・安藤サクラ・広瀬アリス・松岡茉優・染谷将太・阿部寛・松坂慶子・飯島直子・THE YELLOW MONKEY・深川麻衣・山下健二郎・黒川芽以・井浦新・秋野暢子・小西真奈美・大林宣彦監督・常盤貴子・山崎紘菜・矢作穂香らの登壇を動画で紹介します。

満島ひかり 怖いくらいに自分をさらけ出した

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
海辺の生と死 - 東京国際映画祭

満島ひかりが「私には奄美大島の血が流れていて、怖いくらいに自分をさらけ出して演じられた」と語った映画『海辺の生と死』(2017)。 奄美大島が舞台であるこの映画に出演することで、“私にとって演ずることはどういうことか?”を満島ひかり自身が深く濃く語ったトークショーの内容を写真とともにたっぷりとお届けする。 第30回東京国際映画祭記念特別企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」として。

大林宣彦 魂の集大成『花筐/HANAGATAMI』舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
花筐/HANAGATAMI - 東京国際映画祭

大林宣彦監督が余命宣告を受けながらもクランクインし、ついに完成した映画『花筐/HANAGATAMI』。 実は脚本は、デビュー作『HOUSE/ハウス』(77)より以前に書き上げており、40年の時を経て映画化されることになった。 「映画化するのは終生の夢であった」と語っている大林宣彦監督の真意とは? 出演の常盤貴子、窪塚俊介らが登壇した舞台挨拶のもようをお伝えする。

宮﨑あおい「演じていて最後まで気持ちがよくわからなかった」

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
怒り - 東京国際映画祭

11月1日、TOHOシネマズ六本木にて、宮﨑あおいが、李相日(イ・サンイル)監督と共に登壇し、2016年に公開された『怒り』についてのQ&Aイベントを行った。 これは、東京国際映画祭の第30回記念特別企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」によるもの。 宮﨑あおいは同作で演じた“愛子”役が自分とは違いすぎて最後までよくわからなかったと答えた。 そんなトークの内容を写真とともにたっぷりとお届けする。 (この日は『ユリイカ』のQ&Aイベントもあり。別途配信予定)

広瀬アリス ブッ飛んだ演技に挑戦『巫女っちゃけん。』舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
巫女っちゃけん。

広瀬アリス主演の神社エンタテイメントムービー『巫女っちゃけん。』が、第30回東京国際映画祭にてワールド・プレミア上映され、広瀬アリスが舞台挨拶に立った。 グ スーヨン監督と、主題歌を歌うアレクサンドラ・スタンも駆け付け、ア・カペラで力強い歌声を披露した。10月29日、TOHOシネマズ六本木にて。

少女・蒼井優&鈴木杏が演じた『花とアリス』

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
鈴木杏&蒼井優 - 花とアリス

10月30日、TOHOシネマズ六本木にて、蒼井優と鈴木杏が、岩井俊二監督と共に登壇し、2004年に公開された『花とアリス』撮影当時のことを振り返るQAイベントを行った。 これは、東京国際映画祭の第30回記念特別企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」によるもの。 当時、18歳と16歳の少女だった蒼井優と鈴木杏は撮影現場ではどんなようすだったのか? イベント最後、仲良くハグし合い、13年後の今でも仲の良さを見せてくれた鈴木杏と蒼井優。 そんなトークの内容を写真とともにお届けする。

松岡茉優「日本の映画がもっともっと元気になりますように」

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
勝手にふるえてろ - 東京国際映画祭

10月30日、映画「勝手にふるえてろ」の記者会見が、東京・六本木で行われ、映画初主演となる松岡茉優、共演の石橋杏奈、渡辺大知(黒猫チェルシー)、北村匠海、大九監督が登壇しました。 本作は、第30回東京国際映画祭「コンペティション」部門出品作品で、記者会見も英語同時通訳でしたが、松岡茉優さんは自分が語るコメントがちゃんと英訳されるかどうかを気づかう側面も見せたり、記者会見に先立っての一般のお客さん向け舞台挨拶でもサービス精神にあふれていて、とても優しい雰囲気が印象的でした。

元乃木坂46深川&かっこ良すぎNG三代目山下初共演舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
パンとバスと2度目のハツコイ - 東京国際映画祭ワールドプレミア上映舞台挨拶

深川麻衣(元乃木坂46)・山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が登場するイベントが、10月29日、東京・TOHOシネマズで行われた。 二人が共演する映画「パンとバスと2度目のハツコイ」の第30回東京国際映画祭ワールドプレミア上映の舞台挨拶としてで、監督の今泉力哉も登場した。 乃木坂46を卒業して1年あまりの深川麻衣は、「今、やりたいお仕事ができているので、これからも地に足を着けて仕事と向き合っていきたい」と意気込みを語り、また山下健二郎は、「今回は人を殴らない役です(笑)」と自身が出演している「HiGH & LOW」シリーズを思わせるコメントで観客の笑いを誘っていた。

斎藤工(2) 誰も気づいていない「君の名は。」の秘密

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
斎藤工 - 新海誠オールナイト in 東京国際映画祭

10月28日、東京国際映画祭が行われているTOHOシネマズ六本木にて、斎藤工が登壇する2部構成のトークショーが行われた。 本記事では、第2部「新海誠オールナイト」上映に先立ってのもようを紹介(第1部はページ末リンク)。 斎藤工、「君の名は。」美術監督の渡邉丞(わたなべたすく)らが登壇し、新海誠作品の映像美の魅力について語った。 また、同作にはまだ誰も気付いてないと思われる秘密が、とあるシーンの映像に隠されていると、渡邉丞がそのヒントを明かした。

斎藤工(1) 映画を知らない子ども達に映画を。

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽 東京国際映画祭
斎藤工 - 東京国際映画祭

10月28日、東京国際映画祭が行われているTOHOシネマズ六本木にて、斎藤工が登壇する2部構成のトークショーが行われた。 本記事では、第1部、斎藤工が声優を務めるクレイアニメ「映画の妖精フィルとムー」のワールド・プレミア上映とそのトークショーについて紹介(第2部はページ末リンク)。 本作は、途上国の映画を見たことがない子どもたちに映画を届ける活動をしているWorld Theater Projectに斎藤工が共感してクラウドファンディングにて制作されたもの。

ページの先頭へ