2018年5月28日(月)から13駅で公開、対象駅は順次追加される予定

東京メトロ - Googleストリートビュー
銀座線上野駅のストリートビュー

東京メトロの13駅で2018年5月28日(月)から駅構内のGoogleストリートビューが公開された。
これにより、東京メトロの駅構内の様子を事前に見ることができ、利用の際の参考にできる。
今後、撮影完了した駅からGoogleストリートビューが順次、追加公開される予定。

また、東京メトロアプリでは、鉄道会社公式アプリとしては初めてGoogleストリートビュー機能を利用したコンテンツの実証実験を2018年6月中旬から4駅で順次公開し、9月末まで試行することも予定されている。

駅構内Googleストリートビュー概要

1. 公開開始日
2018年5月28日(月)

2. 公開駅(2018年5月28日現在 計13駅)
赤坂駅、赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線)、浅草駅、上野駅(銀座線・日比谷線)、外苑前駅、麹町駅、
新橋駅、辰巳駅、溜池山王駅(銀座線・南北線)、東京駅、虎ノ門駅、西新宿駅、六本木駅(五十音順)

3.公開範囲
コンコース、ホーム

4.利用方法
Googleマップのサービス内で、駅名を検索していただくことでも利用できる。
また、ストリートビューギャラリー「日本の空港・駅」でも閲覧可能。
Googleストリートビューギャラリー
https://www.google.com/streetview/

5.今後の予定
今後、撮影が完了した駅から順次、追加公開される予定。

東京メトロアプリでの実証実験

東京メトロアプリの「メトロラボ」内にGoogleストリートビュー機能を利用したコンテンツの実証実験を2018年6月中旬に上野駅を皮切りに浅草駅、東京駅、六本木駅の計4駅を順次公開し、9月末まで試行する予定。

東京メトロアプリサイト
http://www.tokyometro-app.jp/