映画『見栄を張る』
吐山ゆん / 倉沢涼央 / 久保陽香 / 藤村明世 監督

3月24日、映画『見栄を張る』の初日舞台挨拶が渋谷・ユーロスペースで行われた。
本作は2016年に撮影され、2018年の今日、ようやく劇場公開となった。主演の久保陽香は「登壇前のオーッでスイッチが入っちゃって」と舞台挨拶冒頭から感激の涙を流し、本作への思いを語った。久保陽香は、現在公開中の映画『神さまの轍-Checkpoint of the life-』にも出演している。(動画&フォト)

ストーリー

28歳・売れない女優。新たに挑む仕事は「泣き屋」!?

周囲には“女優”として見栄を張りながらも、鳴かず飛ばずな毎日を過ごす絵梨子。ある日、疎遠だった姉の訃報を受け帰郷した絵梨子は、姉が葬儀で参列者の涙を誘う「泣き屋」の仕事をしていたことを知る。その仕事の真の役割を知らぬまま、絵梨子は女優ならば簡単にできると思い、「泣き屋」を始めてみるのだが…。

関連記事:28歳、売れない女優。そろそろ本気出す。映画『見栄を張る』3月24日公開

舞台挨拶

藤村明世 監督
本作は2年前に撮影しまして、それから劇場公開までなかなか道のりが遠く、今日、劇場公開の初日を迎えられて、その特別の日をこれだけ多くの皆様と共有できてとても嬉しいです。ほんとにキャストの皆さんのおかげでありがとうございます。

映画『見栄を張る』
藤村明世 監督

久保陽香(絵梨子 役)
(藤村監督コメント中に既に涙ぐむ)
ごめんなさい(泣)
今日はありがとうございます。ほんとに二年越しの劇場公開ということで。さっきみんなで手を合わせてオーッってやったんですけど、そこで一気にスイッチが入っちゃって、感極まってしまったんですけど。
悶々としていた2年前にこの作品に出会って、私自身この作品に背中を押されて、前を向くことができてとても大切な作品です。
なのでこうやってたくさんの人に観ていただけることはとても光栄です。今日は楽しんで帰っていただけると嬉しいです。

映画『見栄を張る』
久保陽香
映画『見栄を張る』
久保陽香

倉沢涼央(絵梨子の彼氏役)
僕は絵梨子のヒモ男役で、もしコイツ、ほんとクソだなと思ったら是非ネットに書いていただければ、それが僕の喜びになりますのでよろしくお願いします。

映画『見栄を張る』
倉沢涼央

吐山ゆん(絵梨子のライバルの泣き屋 ハルカ 役)
私は「破れタイツ」という映像制作ユニットの活動をしているんですけど、女優活動もしてまして今回この作品に出演させていただきました。
私の役は、劇中の絵梨子とバチバチ火花を飛ばして、ケンカをするシーンがあります。
私の普段の雰囲気と劇中の雰囲気がぜんぜん違うみたいで、ファンの方からどこで出演してるんですか?って言われます(笑)

映画『見栄を張る』
吐山ゆん

– 撮影中に苦労したことは?

久保陽香(絵梨子 役)
えっと、ブチギレそうになったことは何回かあります(笑)
涙のシーンの注文で、涙ためるパターン・涙ポロポロパターン・涙ツーッって流すパターンの3パターンをお願いしますってサラっと監督が言ってきて、「なんてカンタンに言ってくるんやろ」と思って。
コンニャローって思ったけど、でも応えたい気持ちがあり、一生懸命演じました。

映画『見栄を張る』

映画『見栄を張る』

– 最後にメッセージを

藤村明世 監督
みなさんの感想、それが肯定的なものでも批判的なものでも、私たちがこれから頑張るぞっていう糧になります。
素直なご意見をSNS等で聞かせていただければと思います。エゴサーチもしていますので(笑)
この作品は私たちのとても大切な映画になっています。
観た後、持って帰っていただいて、日常の中で思い出していただける映画だったらいいなと思っています。
ありがとうございます。

映画『見栄を張る』

映画『見栄を張る』
監督・脚本:藤村明世
出演:久保陽香、岡田篤哉、似鳥美貴、辰寿広美、真弓
倉沢涼央(旧:齋藤雅弘)、時光陸、小栁圭子(特別出演)
【日本/カラー/DCP/93分】 (C) Akiyo Fujimura
公式サイト:http://miewoharu.com/

動画ニュース

[写真:Ichigen Kaneda / 動画・記事:Jun.S]