SAKUARA AQUARIUM by NAKED

2月23日放送『ミュージックステーションダンス×映像マジックSP』 (テレビ朝日系)で、和楽器バンドのステージ演出“本物の桜×ヴァーチャルの桜が咲き乱れる!いけばなライブパフォーマンス”を手掛けた株式会社ネイキッド。
今、同社が演出を担当した「SAKUARA AQUARIUM by NAKED」がマクセル アクアパーク品川で開催されている。桜の演出と連動したドルフィンパフォーマンスなど見どころ満載だ。4月15日(日)まで。

海の生き物たちと、「和」を堪能する新しい花見体験

昨年年間動員数が170万人以上を記録した人気の都市型水族館、「マクセル アクアパーク品川」で、昨年も大人気だった春イベント「SAKURA AQUARIUM by NAKED」を今年も開催中。
今春は作品中の桜に、伝統的な日本の “組子” をテーマにしたデザインを使用するなど、古き良き日本文化×デジタルアートの融合を演出。
夜のドルフィンパフォーマンスでは、2,000名規模のスタジアム型の会場で、プロジェクションマッピングによる無数の桜とそれに連動する和楽器の音色に包まれながら、イルカたちの躍動を楽しむことができる最先端のお花見エンターテインメントが繰り広げられる。
さらに、本イベントをイメージした「サクラダイ」や「錦鯉」の展示、触れると桜の花が咲いて浮かび上がるインタラクション、生花など、天井や壁、床を様々な桜のアートで彩り、「マクセル アクアパーク品川」ならではの、お花見体験を楽しむことができるようになっている。

主なみどころ

「桜語り –さくらがたり- 」(ナイトパフォーマンス)

和の楽器によって繰り広げられるオリジナル楽曲に合わせて、360度が桜に包まれたスタジアム型の客席での、桜の演出と連動したドルフィンパフォーマンス。
和や幾何学模様をテーマにしたモチーフを織り交ぜた映像演出により、日本の文化を体感できる。
開演時間 7:00 P.M./8:30 P.M.(各回約15分間)

SAKUARA AQUARIUM by NAKED
「桜語り –さくらがたり- 」(ナイトパフォーマンス)

「零れ桜 –こぼれざくら- 」

プロジェクションマッピングで壁面に溢れるように咲く桜の間を通り抜ける、花道のような空間。
両脇には、枯山水をイメージした、桜の生花や砂の作品と交互に魚たちが泳ぐ水槽を展示。
その中を覗くと、水槽ごとに昼から夜へと時間帯によって移り変わっていく桜景を楽しめる。
床面にも桜が舞い、奥のエリアへと誘う。

SAKUARA AQUARIUM by NAKED
「零れ桜 –こぼれざくら- 」

「花灯 –はなあかり- 」

幻想的な夜桜に包まれた演出のカフェバー。
和傘のそばの水槽テーブルでは和の雰囲気を感じながら海の生き物たちを見ることができる。
バーカウンターでは期間限定のドリンクもあり、受け取る際には、カウンター上に映像で桜の花が映し出され咲いて浮かび上がる仕掛けもある。

SAKUARA AQUARIUM by NAKED
「花灯 –はなあかり- 」

SAKUARA AQUARIUM by NAKED
場所:マクセル アクアパーク品川
会期:2018年3月3日(土)〜4月15日(日)
10:00 A.M.~10:00 P.M.(最終入場時間 9:00 P.M.)
入場料:おとな(高校生以上) 2,200円  小・中学生 1,200円  幼児(4才以上) 700円
公式サイト:http://www.aqua-park.jp/special/sakuraaquarium2018/
主催:マクセル アクアパーク品川
企画・演出・制作:NAKED Inc.(D: 邑瀬晃浩/Designer:石川知子/SD:堤聖志/TD:遠藤ゆきな、小野航平)

 

なお、株式会社ネイキッドが手がける桜のイベントで現在開催中のものはもうひとつある。
「VR ZONE SHINJUKU」だ。施設内 センターコアエリアのパブリックスペースに、本施設ならではの「近未来のお花見」を体験できる空間が演出されている。