映画『かぞくへ』
下垣まみ、梅田誠弘、春本監督、松浦慎一郎、森本のぶ、おのさなえ

先日もお伝えした映画『かぞくへ』の熱気が収まらない。上映期間延長発表後の3月9日(金)も、渋谷ユーロスペースでの上映は満員御礼となり、上映後も会場のロビーでは、監督・キャストとの撮影やサインを希望する方々であふれかえっていた。
この日の舞台挨拶のもようと、春本監督から届いた応援してくれるファンへの感謝ビデオメッセージをお届け!

トーク「かぞくへオールスター大集合!」

映画『かぞくへ』

上映後の舞台挨拶冒頭、キャストの自己紹介の中で、主役の旭を演じた松浦さんは、
「“華がない。訛りがひどい。役者に向いていない。”と言われたこともありますが、主役を演じ、今、この舞台に立っているのは、春本監督やキャスト、スタッフ、観客の皆様のおかげです。」と感謝の意を述べた。

監督によるキャストとのエピソード紹介

春本監督は、各キャストとのエピソードを語った。

映画『かぞくへ』
春本監督、瀧マキ(佳織の母 役)

1. 松浦慎一郎(主役:杉浦旭 役)とのエピソード
松浦から、この映画と同様の被害を親友に遭わせてしまったと聞かされたのが2014年の夏のことでした。
まさか、そんな境遇の話をタイムリーに持っているのかと感じました。
その割には、松浦は朗らかさと爽やかさを兼ね備えた青年でした。
そんな、内面に闇を抱えている人をいまここで描かずにどうするんだってことで、この映画づくりが始まりました。

2. 森本のぶ(喜多 役)とのエピソード
のぶさんとドラマの現場でご一緒させていただいて、ぜひ、協力していただけないかと相談して、オフィスMORIMOTOの俳優部に勢ぞろいでご参加いただきました。
素晴らしい役者さんがそろっていて、オフィスMORIMOTOのチカラがなければ、この映画は完成しなかったんじゃないかという感じでした。
オフィスMORIMOTOに所属する田山由起さんは、ウェディングプランナーの役で、めちゃくちゃ早口でセリフをしゃべってくれているんですが、あれは、ボクが、「キュッとしてください。キュッとしてください。」と無理難題を言ったにも関わらず、キュッと噛まずにセリフをまとめてくれました。

映画『かぞくへ』
梅田誠弘(洋人 役)、森本のぶ(喜多 役)、おのさなえ(ボクシングジムの受付 役)

3. 監督と松浦さんを引き合わせたおのさんに関するエピソード
おのさんは、松浦さんとボクを引き合わせてくれた恩人でした。
おのさんがいなかったら、松浦さんと出逢えていなかった。
「独特な作風のある映画監督の話をしたいが、話し相手がいないので紹介してほしい。」とのことで、松浦さんにボクを紹介してくれたのが、おのさんでした。
その監督の作品は、すごいえげつない映画なんですけど、それを大好きでボクと話したい男の子がいるといわれて、結局、松浦さんからお茶に誘われました(笑)
しかも、ボクにぴったりな本をみつけました!と、会う前に言われて、会ってもいない人にぴったりな本をどうやって見つけてくるのか教えてくださいみたいな感じでした。

4. 下垣まみ(佳織の妹・佳奈 役)さんとのエピソード
下垣まみさんは、ボクの大学の先輩の映画で主演をされていて、現場で知り合いまして、すごく素朴な演技をする方だなと思って、ひと声かけたら、ふたつ返事で快諾していただけました。

映画『かぞくへ』
瀧マキ(佳織の母 役)、下垣まみ(佳織の妹 役)、松浦慎一郎(旭 役)

監督による感謝のことば
今回、ユーロスペースでの一週間の上映期間延長が決定しました!
みなさんが感想をさまざまな方法でつたえてくれたおかげです。
人があつまり、人と人とがつながって、連鎖が連鎖をよんで、次から次へと盛り上がったというか、縁というか、漢字の”家族”ではなく、ひらがなの“かぞく”のパワーを感じざるをえない不思議な縁でつくられている映画なので、みなさんもぜひ、ボクらの“かぞく”になっていただけられたらなと思います!

舞台挨拶は大きな拍手に包まれた後、監督・キャストと観客のみなさんとの写真撮影となった。

 映画『かぞくへ』     

舞台挨拶後も、会場のロビーでは、監督・キャストとの撮影やサインを希望する方々であふれかえっていた。
映画『かぞくへ』は、渋谷ユーロスペースでは、3月16日(金)まで。また、3月10日(土)からは横浜・シネマリンでの上映スタート。
そのほか、愛知・名古屋シネマテーク、大阪・シネヌーヴォ、京都・出町座、神戸・元町映画館、栃木・宇都宮ヒカリ座、群馬・シネマテークたかさきで順次上映予定。

映画『かぞくへ』

春本監督から感謝のビデオメッセージ

『かぞくへ』
【CAST】
松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、三溝浩二、おのさなえ、下垣まみ、瀧マキ、森本のぶ
【STAFF】
監督・脚本・編集:春本雄二郎、撮影:野口健司、照明:中西克之
録音・整音:小黒健太郎
制作:福田智穂
助監督:浅見佳史
音楽:高木聡
プロデューサー:深谷好隆・春本雄二郎・南陽
海外セールス:植山英美(ARTicleFilms)
配給:『かぞくへ』製作委員会
配給協力:コトプロダクション
劇場営業:髭野純
【DCP/シネスコ/ステレオ/カラー/2016/日本/117分】
【公式サイト】http://kazokue-movie.com/
(C)『かぞくへ』製作委員会

【海外映画祭】
第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門 公式出品
第23回フランスヴズール国際アジア映画祭 審査員賞&NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)&ギメ東洋美術館審査員スペシャルメンション
第14回ソウル国際アガペー映画祭 Re-Awakening of The Asia Agape Films部門 公式招待
第17回ドイツニッポンコネクション2017 ニッポン・ヴィジョンズ部門 審査員スペシャル・メンション授与
オランダ カメラジャパンフェスティバル2017 公式招待

[写真・記事:Ichigen Kaneda / 構成:Jun.S]