5月20日(土)、六本木の東京ミッドタウン ホール&カンファレンスで、働く女性に向けた総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017」が開幕。
第四回目の今回、ビジネス部門受賞は、写真家・映画監督の蜷川実花(にながわみか)さん、スペシャリスト部門受賞は、女優の木村佳乃(きむらよしの)さん。
そのお二人を招いての授賞式とトークショーが同日に行われた。


二人とも、子育てしながらのワークウーマン。授賞式に来る前は子供の運動会に出かけていた蜷川実花さんは「いつも働く女性みなさんの励みになるようにと思いながら、写真を撮ったり、映画を作ったりしています。こんな素敵な賞をいただいて、ご褒美がもらえたようでうれしい」とコメント。
木村佳乃さんは、「結婚して子育てを始めると、(独身時代と比べて)時間の使い方がまったく変わりました。夜、セリフを覚えようと思っても子供を寝かしつけてるうちに自分も寝てしまったり。でも現場に向かう数十分の間で集中的にセリフを覚えることができるようになったり、新たなパワーが身についてきた。」と、育児と女優の両立の大変さと充実を語っていた。
さらに、記者から「木村さんは(イッテQなどの活躍がありますが)これから女優とバラエティとどちらに重点を置いていかれますか?」という質問に、蜷川実花さんが「それは女優に決まってるでしょ!(笑)」というツッコミがある中、木村さんは「いったいどこに向かっているのか?と自分で思うこともありますが、与えられた仕事は全部全力投球です!」と笑顔で力強く答えていた。

なお、これまで「ベストマザー賞」などの授賞式で手にした盾は全て事務所に置かれていると木村さん。「私の事務所は(こういうのは)必ず持っていってしまうんです。ある日事務所に行ったら飾られてるのに気付くという(笑)。でも事務所の方に支えていただいて、私一人でいただいた賞じゃないですから(笑)」
でもこの日の副賞のダイヤモンドが60個以上使われた推定100万円超のセイコーの時計については、「これはこのまま外さないで持って帰ります!」と訴えていた。

[動画]WOMAN EXPO TOKYO 2017の様子と授賞式、木村佳乃&蜷川実花トークショー、囲み取材など。
(吉田沙保里、栄和人、池上彰、増田ユリヤ)

■WOMAN EXPO TOKYOとは?
「WOMAN EXPO TOKYO」の開催は、今回で4回目。「キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる! 自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのために」をテーマに、働く女性のために役立つ情報や体験を、講演・展示するイベントで、2014年にスタート。過去3回は、2日間の開催で約1万人が来場し、好評を得ている。
2日間の会期中、ワーキングウーマンを代表するさまざまな著名人を招いての講演会や、女性を応援する企業の展示会も開催されている。
今回の初日は、レスリング選手兼女子日本代表コーチの吉田沙保里さん、池上彰さんと増田ユリヤ(ジャーナリスト)さんによる特別トークセッション、モデル・女優の知花くららさんによる国連WFP活動報告などがなされた。
2日目の5月21日は、女優の吉瀬美智子さん、アーティストのNOKKOさんらの講演が予定されている。
なお、本イベントの歴代受賞者は、女優の真矢ミキさん、米倉涼子さん、キャスターの国谷裕子さんら。