のん - 久慈秋まつり2017

台風10号によりやむなく中止になった2016年の岩手県久慈秋まつり。1年の時を経て、2017年の9月、完全復活。
そして、1年前に「絶対に来ます!」と約束した女優・のんさんも約束通り、久慈市に帰ってきました。
9月17日の「お還り」でパレードに参加し、久慈市民の大歓迎に応えました。
そのようすと、パレード後ののんさんのインタビューと、久慈市民の方々へのんさんからのメッセージをお届けします(ページ下に動画もあり)。

岩手県久慈市は、2013年NHK朝ドラ「あまちゃん」の舞台となった町。
今でもあまちゃんファンが久慈市まで観光で訪れ、リアル海女さんたちの素潜り実演などを観ることもできます。
そんな久慈市では、六百有余年の歴史を持つ三社大祭に由来する「秋まつり」が毎年9月に4日間開催され、市外・県外から多くの見物客が訪れます。

台風10号の影響で秋まつりは中止に

2016年の秋まつりは、ゲストとしてのんさんを迎える予定でしたが、直前の8月30日の台風10号による大洪水で、久慈市内の多くの建物や住宅が冠水被災に。やむなく秋まつりは中止になりました。
そんな中、のんさんは久慈市民の皆さんを励ましに訪れ、「来年の秋まつりにも来て下さい」という市民の声に、「絶対に来ます!」と約束したのでした。

2017年。完全復活した久慈秋まつり

そして、のんさんは1年前の約束通り、台風被害から完全復活した久慈秋まつりに訪れたのです。
9月17日14時から始まった長内橋スタートの「お還り」というパレードで、市役所組の神輿の後に続き、人力車に乗って大通りを1時間30分かけてパレードしました。
沿道にはあふれんばかりの人々で、あちこちから「のんちゃーん!お帰りー!」という掛け声がかかり、のんさんはずっと手を振ってそれに応えていました。(動画もあり)

のん - 久慈秋まつり2017

のん - 久慈秋まつり2017

のん - 久慈秋まつり2017

のんさんのスピーチ

パレードの途中、銀座放送席と、座敷席前の2箇所で、のんさんは人力車から降り、マイクを持って、お客さんにあいさつをしました。

のん
昨年、秋まつりにお伺いする予定だったんですが、台風10号で中止になってしまったのですが、今年の秋まつりに誘っていただいたので、私も「絶対に行きます!」って言ったことが、今日、約束を守れてすごく嬉しいです。
(拍手)
ありがとうございます。
すごくお神輿もかっこよくて、山車もパワフルで、すごく楽しいです。
久慈のことが大好きです!よろしくお願いします!

のん - 久慈秋まつり2017

のん - 久慈秋まつり2017

パレード後のインタビュー

パレード終了後、のんさんがインタビューに応じてくれました。
久慈市のみなさんへ、のんさんからのメッセージもあります。
そして、1年前の「あの歌」を再び歌ってくれました。(動画もあり)

のんインタビュー - 久慈秋まつり2017

記者
4年ぶりの秋まつりに参加しての今のお気持ちをお聞かせ下さい。

のん
すごく嬉しいですね。昨年は台風10号で中止になってしまって。
そして秋まつりの日にお伺いさせていただいたんですけども、その時に「来年の秋まつりにも来て下さい」ってお誘い頂いて、「絶対に来ます!」って約束させて頂いたので、約束を実行できてすごく嬉しく思っています。
やっぱり久しぶりにダイナミックな山車を見るとすごく興奮しますね。めちゃくちゃカッコよかったです。

記者
久慈市は台風で大きな被害を受けました。
その時からおよそ一年。のんさんから見て久慈の町、どのように変化したと思われますか?

のんインタビュー - 久慈秋まつり2017

のん
私がお伺いした時はモカとか千草とかも再オープンし始めていたりして、皆さんの力強さを感じさせていただいたんですけど、今日はお祭りの日だということで、ほんとに町が活気づいていて、提灯が街頭にぶら下がっていたりとかして、カラフルに彩られていたので、すごくお祭りの熱気を感じました。

記者
今日はたくさんの方が沿道にいまして、元気づけられたと思いますけど、のんさんにとって改めて久慈の町はどんな存在でしょうか?

のん
やっぱりすごく特別な町ですね。自分の中で第ニの故郷みたいに思えるところなので。
今日来ても「わーっ、久慈だー!」みたいな感じじゃないです。馴染んでる感じですね。
久しぶりに来たんですけどやっぱり、ヨシ!久慈だ!みたいな。
納得!みたいな。故郷みたいな感じです。

記者
のんさんが久慈の町を思い出す時はどのような時でしょうか?

のん
思い出すというか、けっこう岩手のお仕事をさせていただくことが多いので、久慈のこともすごい応援の気持ちで溢れている感じですね。
あとやっぱり海とか見ると、久慈のことを思い出します。

記者
もし久慈秋まつりで、ひとつ夢がかなうとしたら何がやりたいでしょうか?

のんインタビュー - 久慈秋まつり2017

のん
山車の上で太鼓を叩いてた方々がいらっしゃったじゃないですか。
あそこに混じって一緒に太鼓を叩きたいです。ドンドンドンって。

記者
今日、お祭り最終日となりますけど、今後はどのように久慈市と関わっていきたいなと思われますか?

のん
そうですね。すごく第二の故郷のように思っている久慈なので、何か機会があれば是非またお伺いしたいなと思っています。

記者
今日、沿道の方々からいろんな声をかけられたと思うんですけど、どんな声が聞こえてきましたか?

のん
みなさん、「のんちゃーん」って呼んでくださるのがすごく嬉しいですね。
あ、浸透しているな!と思って。のんが。ウフフ。
のんって呼んで頂けるのがすごく嬉しいです。
やっぱり「応援してるよ」ってみなさん言ってくださるので、すごい嬉しかったですね。
あと、みなさん一緒に雨ざらしになっているのに、「風邪ひかないでね!」とかおっしゃってくださって。
「お互い気をつけましょ!」みたいな感じでしたけど、それもすごく嬉しかったです。

記者
商店街にあった大きいタペストリーをご覧になりましたか?いかがでしたか?

のん
あの、絵が書いてある、呉服屋えんどうさんの?はい!
すごい嬉しかったですね。
呉服屋さんに以前お伺いした時にいっぱいおみやげを持たせてくださって、今日のタペストリーもすごい嬉しかったです。

記者
昨年、お帰りセレモニーで久慈に来られた時に、渡辺えりさんの前で歌を披露されましたが、覚えていらっしゃいますか?

のんインタビュー - 久慈秋まつり2017

のん
ウフフ。はい。

記者
よろしければ歌っていただいていいですか?

のん
あの道に落ちてる石ころが変だ~♪ ってやつですよね?

記者
そうです。ありがとうございます。
最近音楽活動を始められていると思うんですけど、その歌を完成させる予定とかありますか?

のん
石ころの歌ですか。あの時には完成していたりして、で、曲作りとか始めていたので、それで音楽やりたいと思って、KAIWA(RE)CORDが発足されたのです。
これからどんどんがんばりますので、お楽しみに!って感じです。ウフフ。

記者
最後に、久慈市の皆さんにエールをよろしくお願いします。

のん
みなさん、こんにちは、のんです。
今年の秋まつり、成功できて、すごく私も嬉しく思っています。
今日、秋まつりにおじゃまさせて頂いて、パレードという形で人力車に乗ってみなさんのお顔を拝見できてとても嬉しく、興奮しました。
これからも久慈と一緒にたくさんパワフルにいきたいと思いますので、是非みなさん、のんも久慈のことを応援していますが、みなさんものんのことを応援してください!
どうぞよろしくお願いします。

のんインタビュー - 久慈秋まつり2017

[写真:Ichigen Kaneda / 記事・動画:Jun.S / 音声:Takayuki.K / 構成:Miho.K]

[4K]久慈秋まつり 2017 のん パレード&スピーチ


[4K]久慈秋まつり 2017 のん インタビュー編